中年バツどうしのカップル。ボクは指輪あげたのに貰ったのは台所スポンジ


スポンサードリンク

(回答者に交代)

三石由起子:
はい。こんにちは

相談者:
あ、こんにちは、お世話になります。

三石由起子:
はい。あのね?(笑)
・・これはねえ、あのお、やっぱり男とお、女っていうー、事と、45と42っていう事と・・色んな事考えたら・・やっぱりあなたが大人になるしかないのね。

相談者:
はい

三石由起子:
うん。お互いにバツイチでね?

相談者:
はい

三石由起子:
2度目の結婚をしようっていう事であって、

相談者:
はい

三石由起子:
しかもあなた、45歳という、ちょうどいい、あのお・・なんか男盛りっていう年じゃないですか。

相談者:
・・はい

三石由起子:
あのね、恋愛ってね、

相談者:
はい

三石由起子:
今そういう年で恋愛をしてるわけだから、あなたね?
やっぱりね、面白がるみたいな余裕がないと駄目よ。

相談者:
あー、なるほど。

三石由起子:
うん。あのね・・変な事してるな―と思ってもお・・それを面白がるっていう事がね?

相談者:
はい

三石由起子:
やっぱり物凄く大事だと思うのね。

相談者:
はい

三石由起子:
うん。例えばね、わたしの知ってる人お、で、こう、家(うち)の中をね?、カーテンとか、あの、ま、インテリアとかね?

相談者:
はい

三石由起子:
全然自分の趣味じゃないように奥さんがしたんだって。

相談者:
はい

三石由起子:
そいでえ、その人ね、でもお・・わたしカッコいいなと思ったのはあ、

相談者:
はい

三石由起子:
だ「変な事してるなあと思って、面白くて」って言ったのね。

相談者:
はい

三石由起子:
「おーいい男だな」て思いません?、聞いてても思うでしょ。

相談者:
はい

三石由起子:
うーん、「こんーな変な事するんだ、面白いなあって思った」って言うのね。

相談者:
はい

三石由起子:
そういう人にって、やっぱり女の人って心開くんだよね。
で、素直になるんだよね。

相談者:
はい

三石由起子:
それとね、わたしあの、前聞いた事あるんだけど・・人間てえ・・右脳と左脳があるでしょう?

相談者:
はい

三石由起子:
そのね、右脳と左脳に、ん、を、橋渡ししてるね?

相談者:
はい

三石由起子:
脳梁っていう橋があるらしいんだけど、

相談者:
はい

三石由起子:
その橋がね、女の人って物凄く広いんだって。

相談者:
はい

三石由起子:
だからさ・・こう、バラを見た時に、いついつの記念日を思い出すみたいなね?

相談者:
はい

三石由起子:
記憶力が凄いらしいのね。

相談者:
はい

三石由起子:
だからそれを、男の人が、ついて行こうとしたら、それできないしね。

相談者:
はい

三石由起子:
で、その、あなたにとっては、トンチンカンな答えをしてるように見えるかもしれないけど、

相談者:
はい

三石由起子:
ひょっとして全然ズレてないかもしれないのね、彼女の話法。
俺は今、この話をしてるんだっていう時にね?
あなたから見ると、なんでそんな違う話をするんだ?と思うかもしれないんだけど、

相談者:
はい

三石由起子:
彼女はその広い脳梁を使ってですね、
あなたにとってはもう違う話に見えるかもしれないけど、同じ事を話してるかもしれないの。

相談者:
はい

三石由起子:
うん。そしたらね、彼女にとってはなんで分かってくれないんだろ?って事に、なるわけよ。

相談者:
はい

三石由起子:
うん。それってね、どっちが悪いっていう話じゃなくてさ、
上手くやろうと思ったら・・手は1つしかなくて、

相談者:
はい

三石由起子:
あなたがやっぱり男気を見せるしかないのよ。

相談者:
はい

三石由起子:
つまりね、「あ、この女可愛いなー」って思う事と、
「この女面白いな」って思う事と、
「へぇー、こんな変な発想するんだ」、「俺にはない発想だな」って面白がる?
全部ひっくるめて面白がるっていうのがわたしは恋愛だと思うのね。

相談者:
はい

三石由起子:
それDVDとスポンジだってさ、あの彼女、多分んー・・一緒に生活するっていう事を前提として考えているんだとすればさ、

相談者:
はい

三石由起子:
男によってはね?、もう肝っ玉の大きな男だったらさ(含み笑い)・・
「スポンジか!」って感激すると思うよ。

相談者:
・・あ、なるほど(苦笑)

三石由起子:
うーん・・おれは指輪をやったわけでしょ?

相談者:
はい

三石由起子:
それ日常品を買って来たっていう事は、俺の生活の中に入って来た、ことでしょ。

相談者:
はい

三石由起子:
こんなのあなた嫌いな女がそんなもん・・買って、来るわけないじゃん。

相談者:
・・はい

三石由起子:
ね?あなたを嫌いな女が、あなたの家(うち)の食器を洗う物を・・買うわけないんだからさ。

相談者:
はい

三石由起子:
見方を変えればね、凄い感激する男だっているんですよ。

相談者:
・・

三石由起子:
ね?

相談者:
はい(ため息交じりで苦笑)

三石由起子:
うん、だからね、あなたね、もっと大人にならないと駄目だわ(苦笑)
ていうか、恋愛って真面目にする事じゃないし・・

相談者:
はい

三石由起子:
あのお、きっちりね、こう・・工程のあるものじゃないのね。

相談者:
はい

三石由起子:
色んな事をぐじゅぐじゅにしてさ、いい加減にしてえ・・ま、包んだり隠したりして、忘れたりして前に進むものなのよね。

相談者:
はい

三石由起子:
で、ある程度前に進まないと・・恋愛って、あの、結実しないんだよね。

相談者:
はい

三石由起子:
つまり、お、美味しいところ食べそびれちゃうの。
凸凹(でこぼこ)ぐじゅぐじゅしてる方がはるかに面白かったりするわけですよ。

相談者:
はい

三石由起子:
うん。
それをね・・わたしはその、あなたが、3歳年上だっていう事もあるし、

相談者:
はい

三石由起子:
男だっていう事もあるし、

相談者:
はい

三石由起子:
男は大人であるべきですよ。

相談者:
・・はい

三石由起子:
うん、この恋愛においてはね、あな、あなたがねやっぱりね、「こんな変な事してるんだ、可愛いなぁ」とか。

相談者:
はい

三石由起子:
「こんな発想するんだ」、「俺には考えられないな」とか。

相談者:
うん

三石由起子:
それをね、一度でもあなたは言葉にして彼女に言ってやった事があるか?っていう事なのよ。

相談者:
・・はい

三石由起子:
俺には、例えばさ、「なんでそんな、考え方をするんだ」じゃなくてさ、

相談者:
はい

三石由起子:
「いや俺にはそういう発想はできなかったなぁ」とかね?

相談者:
はい

三石由起子:
「お前、面白い事考えるねぇ」とかね。

相談者:
はい

三石由起子:
「あ、俺はとてもぉ」・・「スポンジ1個っていう事は、あの思いつきもしなかった、凄いね」とかね。

相談者:
はい

三石由起子:
うん。やっぱりね・・女の人って・・褒められないと柔らかくならないよ。

相談者:
はい

三石由起子:
うーん、あのお・・嘘でも褒めてればね・・段々柔らかくなって行くのよ。

相談者:
はい

三石由起子:
うーん。やっぱりね、男の格じゃない?
だからさ・・

相談者:
はい

三石由起子:
笑い顔を・・そのあなたがね?

相談者:
はい

三石由起子:
付き合ってる、女の子を・・いかに、こうニコニコさせるか?

相談者:
はい

三石由起子:
ていう事が大事なのであってね、

相談者:
はい

三石由起子:
議論をする事が大事じゃないしね、

相談者:
はい

三石由起子:
まして、その、じ、議論の理屈のな・・理屈をね?

相談者:
はい

三石由起子:
自分の・・方法の方に引っ張り込むっていうのはね、

相談者:
はい

三石由起子:
ちっともいい事じゃないと思うよ。

相談者:
・・

三石由起子:
だから、

相談者:
はい

三石由起子:
あの、なんか・・これからなんかあったらさ・・

相談者:
はい

三石由起子:
その反省したり、議論する前に、
「じゃ映画でも行こっか」とかあ・・

相談者:
・・なるほど、はい

三石由起子:
う、それはあなたがやんないと駄目なんだよ?

相談者:
はい

三石由起子:
それは彼女ができる事じゃないの。

相談者:
・・はい

三石由起子:
うん。頑張ってよ。

相談者:
はい・・

三石由起子:
はい

相談者:
ありがとうございます。

三石由起子:
はーい

スポンサードリンク

(再びパーソナリティ)


中年バツどうしのカップル。ボクは指輪あげたのに貰ったのは台所スポンジ」への3件のフィードバック

  1. 結婚する前アレ?って思ったことが結婚後気にならなくなるってありえないと思うんですけどね〜
    だいたいもっと気になってイライラするもんですよね〜
    45歳の俺は金かけてるのにとか思っちゃうレベルの男性が、大人になれるわけないし。ご縁がないということじゃないでしょうか?

  2. まともな判断で仕事している
    一人前の社会人ではないんでしょうな
    男女関係どうこう以前に・・病気だろ?こいつ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。