加藤諦三との攻防。「今日の相談は何ですか?」を言わせない女68歳の支離滅裂


スポンサードリンク

(回答者に交代)

中川潤:
こんにちは、中川です。

相談者:
あ・・よろしくお願い致します。

中川潤:
今日のお話、お電話いただいた・・直接のきっかけが、最後のところで出て来たような・・気がしてね?

相談者:
はい

中川潤:
つまり、そのお、お父さまの面倒を看・・看なきゃいけないがために・・とっても生き甲斐が・・

相談者:
あの、看なきゃいけない・・うん

中川潤:
あ、看ようと思って、ごめんなさいね。

相談者:
そう

中川潤:
看ようと思って、

相談者:
うん

中川潤:
とっても生き甲斐持ってやって来た仕事を、おー、そこでお辞めになったと。

相談者:
はい

中川潤:
辞める選択をしたと。んで・・

相談者:
・・ま、60だったのでね、

中川潤:
はいはい

相談者:
も、潮時かなーというのもあった・・し。

中川潤:
うーん、それもあってね。はい

相談者:
うん

中川潤:
ほで・・あのお、お父さまのお、面倒が、あー、結局妹さんがあ・・看るようになったっていうお話だったんですかね?さっきの・・

相談者:
うーん

中川潤:
んで・・

相談者:
うん、妹が、妹が一生懸命看てくれてるので、

中川潤:
はいはい、それはそれでね?

相談者:
長女のわたしも・・

中川潤:
うん

相談者:
放っとけないなあ、わたしが看なきゃホントはいけない、長女なのに家を出ちゃったから、

中川潤:
うんうん

相談者:
申し訳ないなという気持ちで、ずーっと生きて来たので。

中川潤:
うん、うん

相談者:
自分の、人生の最後に?

中川潤:
うん、うん

相談者:
父とずっと過ごせればいいと思いまして、

中川潤:
うん、うん

相談者:
うん、部屋もちょっと改造して、

中川潤:
うん、うん

相談者:
でえ・・父を、一緒にと思って、

中川潤:
うん、うん

相談者:
あの、呼んだんですけれども。

中川潤:
うん

相談者:
帰っちゃったんですよ。

中川潤:
ええ、ま、帰られたわけですよね。

相談者:
うん

中川潤:
で、今はご夫婦2人、の状態に戻ったわけですよね?

相談者:
はい・・はい

中川潤:
うん、それでね?、今の仕事が・・前ほど生き甲斐を見い出せるような仕事ではないと・・

相談者:
はい、そうです。

中川潤:
いう事なわけなんでしょ?

相談者:
はい

中川潤:
ほいで、先程おっしゃられた、それ続けるべきか?どうか?っていうー、のが、ま、ちょっと・・ご質問のような、あの口ぶり、だったんだけども、

相談者:
そうなんです。それが一番の今、あの・・

中川潤:
はい

相談者:
ポイントなんです。

中川潤:
これがね?

相談者:
はい

中川潤:
もっと、若い人が、そのお・・今やってる仕事がどうこうっていうレベルでのお話だったらね?

相談者:
はい

中川潤:
わたし、こんな事言わないんだけども、
前の仕事をね?

相談者:
うん

中川潤:
それなりに生き甲斐持って60までやって来られて、

相談者:
ええ

中川潤:
で、今、お年が68じゃないですか?

相談者:
はい

中川潤:
ね?、正直言うと、わたし同い年だよ・・あなたと。

相談者:
先生とですか?

中川潤:
はいな

相談者:
あ、はい

中川潤:
ね?、うん

相談者:
はい

中川潤:
で、68い・・は・・年は年だわな。んね?

相談者:
はいー

中川潤:
でね?

相談者:
年です。

中川潤:
ええ、ええ、率直に言ってね?

相談者:
うん

中川潤:
今、何も無理して頑張る事はないじゃーん。

相談者:
そうなんですけどね。

中川潤:
そうですよお。だって、それなりにもう一遍チャレンジしよう、頑張ってみようと。

相談者:
はい

中川潤:
前の晩、思、思うんだけども・・翌日になったらあ・・ね?、塞ぎ込んじゃうような。

相談者:
はい

中川潤:
そういう仕事だったら、さっさと辞めなさいよ。

相談者:
あ、そうですね。

中川潤:
うーん。で、それよかあ・・山の上になり、なんなりね?

相談者:
うん

中川潤:
うーん。あの・・

相談者:
あのお、あと、和服着るのが好きで、

中川潤:
はいな。そ・・

相談者:
生け花をやってるんです。

中川潤:
そうですよお。だから、そういう、好きな事がね?

相談者:
はい

中川潤:
いっぱいお有りになるんだったら・・

相談者:
はい

中川潤:
そこへねえ?、情熱を向けなさい。ある意味ご主人見習いなさいな。

相談者:
はい

中川潤:
あなたの好きな事。

相談者:
はい

中川潤:
も、好きな事やっていいんだって。この年になったら。

相談者:
うーん

中川潤:
うん

相談者:
うん

中川潤:
別に・・どうしても金が必要だとかそういうわけじゃないじゃない?

相談者:
ええ、そうですね。

中川潤:
だったらさっさと辞めなさい、そんなもん。

相談者:
うん

中川潤:
うん

相談者:
ただね?

中川潤:
はい

相談者:
先生ね?

中川潤:
はい

相談者:
わたし、うちは・・主人が全部握ってまして、

中川潤:
はい

相談者:
大きく、経済的には。だから将来の事が心配なので、

中川潤:
はい

相談者:
あの、あたし少しでも貯めちゃおうかしら?とかいう気になっちゃうんですよ。

中川潤:
はい、はい

相談者:
・・少しでも貯めて、

中川潤:
はい

相談者:
・・主人に、認めて・・もらいたいっていうか、
「お前は」・・「全然心配しないで俺に任せとけ」と。

中川潤:
はい

相談者:
で「お前は好きな事やればいいんだ」と。

中川潤:
あー

相談者:
「仕事辞めるんなら、辞める」。

中川潤:
あー、いいご主人じゃん。

相談者:
・・そうなんですけれど、ね。

中川潤:
うん

相談者:
うーん

中川潤:
それが何でいかんの?

相談者:
ホントに、ただあのお・・自分で、

中川潤:
うん

相談者:
自分の生き甲斐が・・見つからなくって。

中川潤:
・・「生き甲斐が見つからない」ってどういう事?

相談者:
うーーん、何って言うのか・・やっぱりまだ仕事したかったんでしょうね。

中川潤:
・・うんでも、その仕事は辞めたんだから。

相談者:
そうですね。もう、前の仕事です。8年前です。

中川潤:
はい、はい、はい

相談者:
うん

中川潤:
でも仕事だけが生き甲斐じゃないでしょうによ。

相談者:
そうですね。

中川潤:
おーん

相談者:
それを見つけなきゃいけないと思ってます。

中川潤:
・・ていうかあなた自身持ってるじゃない・・

相談者:
今・・生け花が今一番の・・あの、自分の気持ちを慰めてくれる・・

中川潤:
はい。
・・で、山登りだってあなたの1つの生き甲斐だったんじゃないの?

相談者:
そうです、山登り、そうです。

中川潤:
ええ

相談者:
だから・・

中川潤:
まだ足腰は・・しっかりしてんでしょ?

相談者:
全然!しっかり、ヨガもやってますし。

中川潤:
はあ

相談者:
・・はい。全然痛いところないですし・・

中川潤:
はい

相談者:
病気1つないです。

中川潤:
うん

相談者:
うーん

中川潤:
だったら、山登りだとか・・

相談者:
ええ

中川潤:
ほで、料理もお好きだし。

相談者:
ええ

中川潤:
生け花もお好きだし。

相談者:
はい

中川潤:
そういう事に十分時間をお使いになるっていうのは・・それはいかんのですか?

相談者:
いや、い・・今・・

中川潤:
それじゃ足りないんですか?

相談者:
今思ってる事は・・

中川潤:
はい

相談者:
・・主人が、どのくらい貯めてんのか?っていうのも何にもわたし・・聞いた事もないし、

中川潤:
はい

相談者:
あの人のお財布を覗いた事もないんですよ。結婚してずーっと。

中川潤:
あの、ご主人は使い放題使ってる人なの?

相談者:
そうです。

中川潤:
はあ、はあ、は。
あ、そこが不安だっていう事ですか?

相談者:
そうです。

中川潤:
・・「どんだけあんの?」って聞いちゃったらいいじゃん。

相談者:
あ、そっか。

中川潤:
うん

相談者:
それが怖くて聞けないんです。

中川潤:
いや、怖、怖・・聞いてえ、のホ、ホントにすっからかんになったらそっから怖くなりゃいいんで。

相談者:
うん・・そうですね。

中川潤:
な、なんで怖いの?

相談者:
・・なんかその主人が、

中川潤:
うん

相談者:
「俺について来い!」と、も「無駄な事は言うな!」っていうタイプなんですよ。

中川潤:
うん、だけど心配なものは心配だから、聞きゃいいじゃん。

相談者:
あ、そうです。あ、そうですね。

中川潤:
そりゃそうでしょうによ。

相談者:
うーん、そうですね。

中川潤:
要はそこが心配なのね?

相談者:
うん、そう。だから・・

中川潤:
うん

相談者:
少しでも、

中川潤:
うん

相談者:
資格もあるし。

中川潤:
うん

相談者:
あのお・・あれだったらちょっとお勤めしようかなーと・・

中川潤:
あのね、そんな無理するよりもね?

相談者:
うん

中川潤:
あなたの心配の種がそこなんだから、

相談者:
うん

中川潤:
ぶっちゃけて聞きなさいって。

相談者:
分かりました。

中川潤:
はいな

相談者:
ありがとうございました。

中川潤:
加藤先生にちょっと代わりますね。

相談者:
はい

スポンサードリンク

(再びパーソナリティ)

加藤諦三:
あのお・・あなた自分の言ってる事、支離滅裂だと思います?

相談者:
・・んん(苦笑)・・支離滅裂だと思います・・

加藤諦三:
「好きな事はいっぱいある」、「ヨガやってる」、「何1つ痛みがない」、「鬱状態です」。
・・要するにあなたは信じる物が何にもないんでしょ?

相談者:
あー、そうかもしれませんね・・加藤先生ですよねえ?

加藤諦三:
そうです。

相談者:
うん

加藤諦三:
あなた信じる物が何にもないんだよ。

相談者:
はい

加藤諦三:
だからあ・・

相談者:
はい

加藤諦三:
騒いでないといられないんだよね?今、気持ちが。

相談者:
・・はい

加藤諦三:
・・で・・何でこんなに不安だと思う?

相談者:
何が不安なのか?自分でも分かんないぐらい不安になっちゃう時があるんで・・

加藤諦三:
で、不安ですよね?

相談者:
うーん

加藤諦三:
何か、自分という存在に不安なんですよ、今。

相談者:
そうですね、おっしゃる通りだと思います。

加藤諦三:
だけど、あなた絶・・対、自分が悪いと、自分を否定しちゃダメですよ?

相談者:
はい。いつも自分を否定しちゃうんですよ。

加藤諦三:
ええ、それは・・あなたがいけないんじゃないの。
あなたが成長の過程で、周りの人間があなたを否定したんですよ。

相談者:
うん

加藤諦三:
ありのままのあなたを・・

相談者:
はい

加藤諦三:
周りの人間が否定したの。

相談者:
はい

加藤諦三:
だから、あなたは、ありのままの自分で生きて来られなかったの。

相談者:
はい

加藤諦三:
悪いのは・・あなたじゃないですよ?

相談者:
はい。
・・ありがとうございます。

加藤諦三:
よろしいですか?

相談者:
はい

加藤諦三:
はい、どうも失礼します。

相談者:
ホントにどうもありがとうございます、長い時間。

加藤諦三:
自分自身である事の権利を信じれば、救われます。

スポンサードリンク



「加藤諦三との攻防。「今日の相談は何ですか?」を言わせない女68歳の支離滅裂」への5件のフィードバック

  1. 68で病気をしたこともない。
    痛いとこもない。
    親の介護は妹がしている。
    山登り 着物 生け花好きな事どんだけでもやっていい。
    ただただうらやましい。

  2. あれこれしてても達成感がないんでしょうね。ご主人と同じ趣味なら良かったのに、ご主人は別々に好きなように過ごしている。
    夫婦二人で達成した何かが足りない。
    子供がいないのも大きな要因だ思いますけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。