妻を亡くして4ヶ月の主夫。否認⇒(今ココ)絶望⇒‥「妻が残した財産があります」


スポンサードリンク

(回答者に交代)

坂井眞:
よろしくお願いします。

相談者:
あ、よろしくお願いします。

坂井眞:
これはもうホントに・・何か、あ、こういう方法をすれば、急に・・気が軽くなるなんていう事は・・わたしに言わせると「あるわけない」ですよ。

相談者:
確かに・・

坂井眞:
だって・・

相談者:
特効薬なんかないんですよね?

坂井眞:
うん、だって・・それだけの存在の人がいなくなるわけだから。

相談者:
はい

坂井眞:
・・起きてしまった事を受け入れるっていうのかな?

相談者:
あーはい

坂井眞:
・・ていう、ふうな考え方、を・・するしかないんじゃないかな?と、あの、ま、体験的には思うんですね。

相談者:
分かりました。

坂井眞:
んでえ・・そうすると・・あ無気力な瞬間もあるけど、それ当たり前なんですよ。

相談者:
はい

坂井眞:
だって、だから考えてるわけで。

相談者:
ええ

坂井眞:
急に元気になったら変じゃないですか?

相談者:
そうですよね(苦笑)

坂井眞:
うん(苦笑)

相談者:
はい

坂井眞:
なるわけないですよ、そういう事起きたら。

相談者:
はい

坂井眞:
で、無気力になってもそりゃ当然だという風に・・思えるかどうか?

相談者:
ええ、あー

坂井眞:
逆に言うとあの・・息子の前で頑張らなきゃと、それはそれで大切だし、
最初あなたがおっしゃった、

相談者:
はい

坂井眞:
こういうあの、息子さんに対してね?
「14歳って、ま、デリケートな年だから」

相談者:
はい

坂井眞:
え、「簡単な事」お・・「は言えないな」と、ま、「簡単に励ましたりとか」あ・・

相談者:
ええ

坂井眞:
「却って出来ないよ」ってこれは、も、ホントに、あのお・・なんか繊細の事をおっしゃっているので、その通りだと思うんですけれども、

相談者:
はい

坂井眞:
でそれはそれで、必要な事ですよ。

相談者:
ええ

坂井眞:
14歳のお子さん、まだ・・

相談者:
ええー

坂井眞:
ね?、あのお・・大人になってるわけじゃないので。

相談者:
はい

坂井眞:
大人だってこれだけダメージ受けるんだから。

相談者:
はい

坂井眞:
だけど逆にあの、14歳の男の子って、それなりの、お、色んな事考えてらっしゃるわけで、

相談者:
ええ

坂井眞:
あの・・あなたとおんなじように、

相談者:
はい

坂井眞:
それほど・・あのお、ショックを受けてるようには見えないように、やっぱりしてるんだと思うんですよ。

相談者:
そうですね。はい

坂井眞:
大切なお母さん亡くされてるわけだから。

相談者:
ええ、ええ

坂井眞:
でお互い、そう頑張ってるわけで、

相談者:
ええ

坂井眞:
あなたも別に、えー・・いかにも悲しそうにする必要はもちろん無いんだけれども、

相談者:
はい

坂井眞:
だけど・・ホントはダメージ受けてるのに、無理に、あの、空元気見せる必要もないし、

相談者:
あー、はい

坂井眞:
あの、そう弱いところをお子さんに見せるのだって意味があるような気がするんです。

相談者:
あー、はい

坂井眞:
負担にな、なるようなあの・・もたれかかっちゃいけないけど、

相談者:
ええ、ええ

坂井眞:
で、向こうだって分かってるじゃないですか?お父さんの大事なね?

相談者:
はい、はい

坂井眞:
あの・・両親の、仲の良さ見てれば。

相談者:
はい

坂井眞:
そりゃお父さんショックだろうなと思ってますよ。

相談者:
ああー

坂井眞:
あなたが、お子さんショックだろうなと思うように。

相談者:
そうですね・・

坂井眞:
うん・・

相談者:
はい

坂井眞:
でそういうところ、が、お互い見せれるようになると、段々楽になるのかなと思いますし、

相談者:
あー、はい

坂井眞:
ま、なんかあの、わたしは大した事は言えないけれども、

相談者:
いえいえ

坂井眞:
あの、ご自分でおっしゃるように、

相談者:
ええ

坂井眞:
なんかこうすれば急に元気になるっていうのはあるわけないし、

相談者:
はい

坂井眞:
そんな話じゃないですよね?

相談者:
・・ああ

坂井眞:
だったらもう、こういう落ち込む時もあるし、

相談者:
ふん、ふん

坂井眞:
で、こやって、あのさっきおっしゃったようにこ、電話掛けられる時もあるし。

相談者:
はい

坂井眞:
え、そ、そういうのを受け入れて付き合ってくしかないんじゃないかなと思うんですけどね?

相談者:
あー

坂井眞:
で、それ、共有できるのは、息子さんとあなただけだから。

相談者:
はい

坂井眞:
あのお・・無理にベラベラ話す事ないけど。

相談者:
ええ

坂井眞:
何もその、お父さんの辛いとこを全部隠す必要もないんじゃないじゃないかなと・・

相談者:
あ・・そうですね。

坂井眞:
そんな風に思いますけどね。

相談者:
ま、ぼ、わたしもあの・・僕自身もちょっとこう・・なんでしょう?、もう少し素直に・・ま、今までおんなじお父さんじゃなくなっちゃったんだけどな、みたいのをこう・・ちょろっと見せても、いいかなと思いました。

坂井眞:
だって当たり前ですもんね、そんなの。

相談者:
はい。そうですよね?・・

坂井眞:
うん

相談者:
はい

スポンサードリンク

(再びパーソナリティ)

加藤諦三:
今あのお・・坂井先生がね?、おっしゃられたように当たり前の事って・・その対象喪失っていう、ことはね?

相談者:
はい

加藤諦三:
愛する人を、失う・・ばっかりではなく、人間は生き甲斐を失う事だってあるわけですよ。

相談者:
はい

加藤諦三:
例えば定年になって仕事を失・・ってこういうのも対象喪失かもしれません。

相談者:
はい

加藤諦三:
ま・・ペットなんかもそうですよね。

相談者:
ええ、ええ、ええ

加藤諦三:
・・飼っていた犬・・が亡くなって、もう立ち上がれないっていう人もいるわけです。

相談者:
はい

加藤諦三:
だからいろんーな対象喪失っていうのがあるわけですよ。

相談者:
ええ

加藤諦三:
で、対象喪失を生む時には、その対象喪失の過程を最後まできちんと、生き抜く・・きちんと、経験する事が大切なんです。

相談者:
はい

加藤諦三:
だから最初に言ったように、否認するっていう事もあるし。

相談者:
ええ

加藤諦三:
・・一番悪いのは、逃げちゃう事なんですね?

相談者:
あー

加藤諦三:
逃げちゃうっていうのは、どういう事かっていうと、

相談者:
はい

加藤諦三:
・・お酒に逃げる。

相談者:
ふん、ふん

加藤諦三:
ギャンブルに逃げる。

相談者:
はい

加藤諦三:
・・他(た)の人に逃げる。

相談者:
・・

加藤諦三:
そうするとこれが依存症なんです。

相談者:
はあー

加藤諦三:
アルコール依存症とか、ギャンブル依存症とか、人間関係依存症とか色んな依存症がありますけれども、

相談者:
はい

加藤諦三:
・・この対象喪失の過程で逃げると依存症という・・凄い恐ろしい事が待ってる。

相談者:
ん、はい

加藤諦三:
だけれども、

相談者:
ええ

加藤諦三:
この・・対象喪失の過程をきちんと向き合って行く、ことで、

相談者:
ええ

加藤諦三:
人間の精神ては深くなってくんですよ。

相談者:
はい

加藤諦三:
色んな悲しみを経験するから・・

相談者:
はい

加藤諦三:
・・人間の、成長もあるし、

相談者:
ええ

加藤諦三:
・・深みもあるし、よく「若い奴は分かってない」ってな事を・・言うのはどういうと、ことかっていうと、やっぱりその対象喪失の・・経験が、比較的少ないんですよ。

相談者:
あー

加藤諦三:
だけど年を取って来ると、今言ったように愛する人を失うばっかりじゃなくて、

相談者:
ええ

加藤諦三:
いろんーな・・失う物があるわけです。

相談者:
ええ、ええ

加藤諦三:
自分の能力を失うのだってそうですよ。

相談者:
あ、そうですね。

加藤諦三:
年を取って来ると・・この間まで出来るようになった事が・・今日出来なくなってるって事あるわけですよ。

相談者:
はあ、分かります。

加藤諦三:
・・これも対象喪失なんです。

相談者:
うん

加藤諦三:
失ってんです。

相談者:
はい

加藤諦三:
「え?、こんな事出来なくなっちゃった」って・・だから人間はね?

相談者:
はい

加藤諦三:
生きてる以上、対象喪失っていうのは必ずあるんです。

相談者:
あー、はい

加藤諦三:
で、これは当然、た、悲しむ事なんですけれども、

相談者:
ええ

加藤諦三:
ここで大切なのは・・否定しない事なんです。

相談者:
はい

加藤諦三:
最後まで・・正面から向き合って行く事なんです。

相談者:
はい

加藤諦三:
・・

相談者:
なるほど。

加藤諦三:
うん。それとあと、今、悲しいけれどもね?

相談者:
ええ

加藤諦三:
悲しむ事は不幸な事ではないんです。

相談者:
はい

加藤諦三:
・・ここを間違えないで下さい。

相談者:
分かりました。

加藤諦三:
悲しむ事は不幸ではないんです。

相談者:
はい

加藤諦三:
・・よろしいでしょうか?

相談者:
ええ、どうもありがとうございます。

加藤諦三:
はいどうも失礼します。

相談者:
はい、失礼いたします。

加藤諦三:
対象喪失の過程。否認、絶望、そして希望、そのすべての過程を経験する事。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。