小6「気持ちいいらしいね?やろうよ」祖母のリアクションに三石由起子が吼えた!


スポンサードリンク

(回答者に交代)

三石由起子:
はい

相談者:
よろ・・はい

三石由起子:
こんにちは

相談者:
こんにちはあ

三石由起子:
えーと、お話伺ってね?

相談者:
はい

三石由起子:
えーとお、計算したらあなた58歳ですか?

相談者:
はい

三石由起子:
そうですね?

相談者:
はい

三石由起子:
あのねえ?

相談者:
はい

三石由起子:
・・男の子にこういう事を言われた時、

相談者:
はい

三石由起子:
祖母・・祖母ですよね?要するに。

相談者:
はい、はい

三石由起子:
何をしなきゃいけないかっていうのはね?

相談者:
はい

三石由起子:
決まってるんです。

相談者:
・・はい

三石由起子:
あ、不愉う、快がらなきゃダメなの。

相談者;
あーあー

三石由起子:
あのね?

相談者;
はい

三石由起子:
「ママに言ったら怒られる」・・っていうのは甘いんですよ。

相談者:
はい

三石由起子:
それからね?

相談者:
はい

三石由起子:
「ママに言わないでよ」ってえ・・

相談者;
はい

三石由起子:
言った時に、

相談者:
はい

三石由起子:
笑ったらもう共犯です。

相談者;
あー

三石由起子:
こんなだらしない事がない。

相談者:
はい

三石由起子:
わたしはあの今、話を聞いていて、

相談者:
はい

三石由起子:
非常に不愉快だったんだけど、

相談者;
はい

三石由起子:
何が不愉快って、あなたのだらしなさですよ。

相談者:
はい

三石由起子:
これはね?

相談者:
はい

三石由起子:
祖母としてもダメだしねえ?

相談者:
はい

三石由起子:
女としてダメです。

相談者:
はい

三石由起子:
もう女じゃないって居直るだったらそれで、し、いいけれども。

相談者:
はい

三石由起子:
58歳の、

相談者:
はい

三石由起子:
女性が、

相談者:
はい

三石由起子:
孫とはいえ・・

相談者:
はい

三石由起子:
こういうー、単語をね?

相談者:
はい

三石由起子:
耳に入れられた時は、

相談者:
はい

三石由起子:
やっぱり、もう、不愉快だっていう事をね?

相談者:
はい

三石由起子:
烈火のように怒んなきゃダメだ。

相談者:
あーそうですか。

三石由起子:
うーん

相談者:
はい、分かりました。

三石由起子:
その自分の耳い、を汚したっていう事ですよ。

相談者:
はい、はい

三石由起子:
うん

相談者:
はい

三石由起子:
何、「何を言っておるか」っていう事をね?

相談者:
はい

三石由起子:
火が点いたように怒んなきゃダメなの。

相談者:
はい

三石由起子:
こ、笑ってるなんてとんでもない事ですよ?

相談者:
はい、分かりました。

三石由起子:
これ、だらしないしね?

相談者:
はい

三石由起子:
舐められてんです。

相談者:
・・うーん

三石由起子:
お婆ちゃま大好きっていう事はね?

相談者:
はい

三石由起子:
大好きには敬意がなきゃダメよお。

相談者:
うんうんうん

三石由起子:
ね?

相談者:
はい

三石由起子:
友だちじゃないの。

相談者:
はい

三石由起子:
家族っていうものは。

相談者:
はい

三石由起子:
これはねえ?

相談者:
はい

三石由起子:
ホントもう一度・・怒り直さなきゃダメだ。

相談者:
あー、はい

三石由起子:
怒り直さなきゃってあなたの方からね?

相談者:
はい

三石由起子:
また話題をお・・

相談者:
はい

三石由起子:
引っ掻き回す事もないんで、

相談者:
はい

三石由起子:
少しでも今度ねえ?

相談者:
言う時に?

三石由起子:
言う、うん、言いかけたらだよ。

相談者:
はい・・はい

三石由起子:
言いかけたら物ブン投げてもいい、

相談者:
はい

三石由起子:
もう・・何か言ったらこれを投げようくらいの柔らかい物をね?

相談者:
はい

三石由起子:
用意してね、懐(ふところ)に抱えて持ってるくらいでいいです。

相談者:
はい

三石由起子:
あなたがだらしない。

相談者:
はい

三石由起子:
これはね?あの・・

相談者:
はい

三石由起子:
息子が心配だって話じゃありません。

相談者:
はい

三石由起子:
あなたが心配ですよ、わたしは。

相談者:
ああー

三石由起子:
こんな事ではね?・・

相談者:
はい

三石由起子:
大事な孫をダメにする。

相談者:
はい

三石由起子:
そうだよ。お婆ちゃまが出来る躾(しつけ)なんてね?

相談者:
はい

三石由起子:
そんなにあるもんじゃないですよ。

相談者:
そうですね。

三石由起子:
あなたがダメにしてますよ。

相談者:
はい

三石由起子:
ダメな子になりますよ、こんな事許されてたら。

相談者:
はい

三石由起子:
うん。それとお・・

相談者:
はい

三石由起子:
見せたあ・・子どもの親が分かってるんだったら・・

相談者:
はい

三石由起子:
「お知らせしておきます」っていう事を・・

相談者:
はい

三石由起子:
一方的に言う。

相談者:
・・あ

三石由起子:
あのね、グズグズ長く言うんじゃなくて、

相談者:
はい、はい

三石由起子:
電話を掛けて、

相談者:
はい

三石由起子:
「どうもあの、孫が合宿の時に」・・「こんな物を見せられたらしい」と。

相談者:
はい

三石由起子:
「お知らせしておきます」と。

相談者:
はい

三石由起子:
それでもう、受話器切って、

相談者:
はい

三石由起子:
あとで何を言って来ようがね?

相談者:
はい

三石由起子:
「実はそうじゃなかった」、「あーじゃなかった」って、絶対言いますからね?こういうのっていうのは。

相談者:
はい、はい

三石由起子:
「実は誰ちゃんが」とか、「実は」・・「どーのこーの」っていう事。

相談者:
はい

三石由起子:
それ以降は聞いちゃダメですよ。

相談者:
はい

三石由起子:
ただ「お知らせしておきます」、「お耳に入れておきます」っていうのはね?

相談者:
はい

三石由起子:
1回言った方がいいです。

相談者:
あ、そうですか。

三石由起子:
ええ

相談者:
はい、分かりました。

三石由起子:
そう。あのねえ、

相談者:
はい

三石由起子:
これね、もう1回言いますよ?

相談者:
はい

三石由起子:
これ孫のお、話じゃないです、あなた。

相談者:
はい

三石由起子:
あなたの話よ。

相談者:
あーあ

三石由起子:
あなたがだらしないって話ですよ。

相談者:
はい

三石由起子:
わたしは怒ってますからね、今。

相談者:
はい、ありがとうございます。

スポンサードリンク

(再びパーソナリティ)

ドリアン助川:
もしもし、もしもし?

相談者:
はい

ドリアン助川:
ま、えーと、月5回会うという事は、

相談者:
はい

ドリアン助川:
えー、これからもまあ、あの・・来るわけですよね?

相談者:
そうです。

ドリアン助川:
来るというか、あなたが訪ねて行くのかな?

相談者:
いや、あっちが・・寄って来ますけど。

ドリアン助川:
うん。あの今、お母さんと、えー、2人で暮らしてるという事は、

相談者:
はい

ドリアン助川:
お母さん、働かれてるんですか?

相談者:
そうです。

ドリアン助川:
という事は、何時頃まで彼は1人なんーですか?

相談者:
・・えーと、そうですねえ、日によって違いますけれども、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
えっと、昼間、居なかったりい、

ドリアン助川:
うん

相談者:
夜う・・ま、10時、過ぎる事はありません。10時だったり・・7時ぐらい帰って来たり。

ドリアン助川:
はい

相談者:
色々・・ハッキリしない・・

ドリアン助川:
ま、そういう時に夕飯、一緒に食べたりするわけ、ですね?、お婆ちゃんと。

相談者:
いや、わたしはあ、あのお、娘が忙しい時に・・一緒に出掛けたりとか・・

ドリアン助川:
はい

相談者:
2人で。

ドリアン助川:
うーん

相談者:
そういう事、で、3人であんまりご飯食べるっていうのはありません。

ドリアン助川:
あ、そうなんですか。

相談者:
はい

ドリアン助川:
で、ま、今その・・話題に出てたような事っていうのはお母さん、の前では言わないわけですよね?、彼は。

相談者:
そ、うん、少しは言ったりしてるみたいですけど。

ドリアン助川:
うーん

相談者:
言わないみたいです。

ドリアン助川:
言わないですね?

相談者:
も、「怒られる」・・とか、

ドリアン助川:
ああ

相談者:
「パニくる」とか言って。

ドリアン助川:
そうですね。やっぱり・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
そうすると・・女性の代表として・・あ、あなたが・・お婆ちゃんが・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
ガンッていう、まず壁、1回やん、や、やんないと、

相談者:
はい

ドリアン助川:
彼の中の常識も出来上がってかないですし・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
と・・わたしも思いました。

相談者:
はい

ドリアン助川:
ええ

相談者:
分かりました。

ドリアン助川:
はい。よろしいですか?

相談者:
はい、ありがとうございまーす。

ドリアン助川:
はい、はい、失礼しますう。

相談者:
はい、失礼いたしまーす、はい

スポンサードリンク


「小6「気持ちいいらしいね?やろうよ」祖母のリアクションに三石由起子が吼えた!」への5件のフィードバック

  1. …前半のドリアン君の男目線の感想を 完全粉砕の三石砲…「ギャグ」なんてとんでもない…スッキリしました。

    まとめのドリアン君 どことなくしょんぼり…きっと終了後 三石さんから大目玉を食らってることでしょう😅。

  2. 言っていいことと、悪いことがあって、
    悪いことでも、ギャグだから言っていいだろ?って話にはならないでしょ。ドリアンさんよ。
    まず、まっさきに思ったのは、アダルトサイトを見られないように、フィルタリングはしなくちゃだめでしょ。
    パソコンなのか、スマホなのか知らないけど、好き勝手に見られる環境が今あるってことでしょ。
    自分のところで見られなくても、友達に見せられたりするかもしれないけど、それはそれとして、まず自分のところはストップしましょうよ。
    年代的に、興味をもつことはおかしいことでも何でもないけど、正しい知識や、道徳的なことも、ちゃんと伝える、いままさにその時、ということ。
    話をきいていて、孫が相談者に言ってくるのは、からかってるか(嫌がる反応を楽しんでる)、見下して馬鹿にしてるか(そういうことを言ってもいい相手と思っている)、と感じる。
    もし、私が言われたら、思いっきり不愉快な顔になるし、『はぁ?何言ってるの!そういうことは、言ったらダメってこと分からないのか!』と怒る。
    まぁ、孫は、一人っ子で、父親とも一緒に住んでないから、ロールモデルがいないし、母親にも相談者にもビジっと言われてないから、大人を、女性を舐めてるね。
    今、ビジっと言っとかないと、最悪の男になりそうだ。

  3. 『叩いたりしてやるんだろう?』

    どんなんを見たんだろう。ちょっと暗い気持ちになってしまいました。ネット、スマホ…etc

    困った時代になりました。

    1. ほんと、大人でもえっ、と思うような、ドキツイ動画が検索するだけで、家でみることができてしまう。
      レンタルAVやエロ本は、店に行って、店員と接するというハードルがまずあるし、そもそもAVは、年齢制限コーナーにあるから、小中学生は、まず無理だろう。
      それが、パソコンやスマホで、みれちゃうからね。恐ろしい時代になりましたね。
      スマホは、Googleで、検索フィルターかければ、まず、ブロックできるんだけどな。
      母親が、そういうことに疎いと、
      子どもの方が詳しくなって、好き放題される…。

  4. 茶化す、ドリ助、立場失う
    本質はアダルト問題ではなく
    孫と祖母の関係性の欠如
    餓鬼が大人をなめくさった環境は
    やがて歯止めの効かないブーメランとなり
    家庭の大問題に発展す
    小僧の両親に問題あり・・離婚してるんだね
    もちっとその背景、探るのがドリの役目

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。