70歳にしてアダルトサイトで性に目覚めてしまった夫に応えようとする女


テレフォン人生相談 2011年10月21日 金曜日

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: マドモアゼル愛(心についてのエッセイスト)

相談者: 女64歳 最近アダルトサイトを見始めた夫71歳 家庭持ちの子供3人

今日の一言: 性を通して孤独を解消しようとする人がいます。どちらかというと引き籠るタイプです。

スポンサードリンク

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
もしもし?

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
あ、よろしくお願い致しますう。

加藤諦三:
はい。
最初に、年齢を教えてください。

相談者:
はい。
えー、64歳です。

加藤諦三:
64歳。

相談者:
はい

加藤諦三:
結婚してます?

相談者:
はい

加藤諦三:
ご主人何歳でしょうか?

相談者:
71歳です。

加藤諦三:
71歳。

相談者:
はい

加藤諦三:
えー、お子さんは?

相談者:
えーと、3人おりますが、

加藤諦三:
はい

相談者:
みんな嫁いでおります。

加藤諦三:
あ、そして今お2人ですか?

相談者:
はい、そうです。

加藤諦三:
はい、分かりました。

相談者:
はい

加藤諦三:
で、どんな相談ですか?

相談者:
あの、実は、ですねえ、主人があ、

加藤諦三:
はい

相談者:
アダルトサイトみたいなのに、ハマってしまいましてえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
なんかあ、主人が、プリントアウトをしてあったものが、あったんです。

加藤諦三:
はい、はい

相談者:
で、その、プリントアウトしたものを、

加藤諦三:
はい

相談者:
たまたまお掃除をしている時にい、

加藤諦三:
はい

相談者:
私が見つけてしまいましてえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
アダルトサイトみたいなところの、

加藤諦三:
はい

相談者:
あの、メールう・・

加藤諦三:
特定のどなたかと、

相談者:
そうです、そうです。

加藤諦三:
メールをしてるわけ?

相談者:
はい、そうです、そうです、そうです。

加藤諦三:
どういうこと話してるんですか?

相談者:
えっと、「どっかで、会いましょう」とかね(笑)

加藤諦三:
あ~

相談者:
ん、だから結局、あの、何ていうんですかねえ?

加藤諦三:
ええ

相談者:
あの・・な、あたしもちょっとお、ほんとこの歳で疎いんで、もうし、分かんないんですがあ、

加藤諦三:
はいはいはい、はい

相談者:
あのお、いーと、ふうぞ、風俗、ですかねえ?

加藤諦三:
はい

相談者:
俗にいう、風俗関係なんだと思うんですがあ、

加藤諦三:
はいはいはい

相談者:
そういうところの・・

加藤諦三:
風俗関係の人お、と、

相談者:
そうです、そうです。

加藤諦三:
あーの、メールをして、

相談者:
そうです、そうです。

加藤諦三:
そして「どっかで会いましょう」と?

相談者:
はい。
そいでそこへ、あの、入会してるみたいなんですよ。

加藤諦三:
はあ~、はいはい。
で、分かったのは最近?

相談者:
そうです。
そいで、一応、そこは、あのお、退会はしてるみたいなんですよ。

加藤諦三:
そいで、それは、言ってないわけですね?
「私は見た」ということ・・

相談者:
そうです、はいはい。
言っておりません。

加藤諦三:
言ってないんですね?

相談者:
はい、はい

加藤諦三:
では2ヶ月間・・どういう感じでご主人といたわけですか?

相談者:
あのお、ちょっと、主人がねえ、

加藤諦三:
ええ

相談者:
あのお、結局、そのお、そういうところへ、行っ、てえ、

加藤諦三:
ええ。
そういうとこで行ってって、実際に行ってんじゃなくてえ、

相談者:
そう、行ってると思います。

加藤諦三:
あ・・

相談者:
なんかねえ、いつもとねえ、その、会話が違うんですよ。

加藤諦三:
そうすると・・?

相談者:
初めての経験なんで、私も、戸惑っちゃってるんです、けれどもお・・

加藤諦三:
ん~・・
全然違うっていうのは、あの、ぎこちなくなったの?
それともなんか・・親しげになっちゃったの?
どっちですか?

相談者:
(息をのむ)

加藤諦三:
要するに、他人になったみたい・・

相談者:
いや、そうじゃなくって。

加藤諦三:
違った方(ほう)ですか?

相談者:
そうです、そうです。

加藤諦三:
ほあ~

相談者:
反対に、うんまあ、あの・・そういうことに対してのお、

加藤諦三:
ええ

相談者:
なんか・・*#%・・

加藤諦三:
あ・・要するに、会話の内容があ、

相談者:
はい

加藤諦三:
エッチな内容になってきたってこと?

相談者:
そうです、そうです、そうです、そうです。
退会した後、それを、こう、私にも、も、とめて(求めて)くるんですよ。

加藤諦三:
はい、はい

相談者:
そういう風にしてくれとか・・

加藤諦三:
はい、はい、はい

相談者:
そいでえ、なんかあの、私もちょっと、あの、体調崩し、て、具合が悪かったもんですからあ、

加藤諦三:
うん、体調崩してということはあ、

相談者:
はい、ちょっと私い、あの、肝臓がんを患っ、たんですね(笑)

加藤諦三:
肝臓がん?

相談者:
はい。
肝臓がんをお、

加藤諦三:
結構、大変ですねえ?

相談者:
患いましてえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
ものを、ちょっとは食べれませんのでね?

加藤諦三:
あ、食欲なし?

相談者:
は、あ、食欲、もあまりないですね。

加藤諦三:
食欲もあまりない?

相談者:
ないですけども、

加藤諦三:
ええ

相談者:
あのお・・ちゃんと栄養剤とかなんかを摂ってますので、体調は、そんなに・・

加藤諦三:
ん・・それはちょっと、あれだね?

相談者:
ん、それで、その中で・・あの、そういうこ・・とが・・

加藤諦三:
と、苦痛なわけか?

相談者:
そうなんです。

加藤諦三:
ん~

相談者:
それでねえ?

加藤諦三:
ええ

相談者:
あの、歳が、71歳、ていうことはあ、

加藤諦三:
ええ

相談者:
もう・・

加藤諦三:
求められるのが辛いと?

相談者:
そうですね、あの、

加藤諦三:
ん・・

相談者:
例えば、あのお、夫婦の関係はあ、

加藤諦三:
うん

相談者:
私の体のことを思ってえ、

加藤諦三:
うん

相談者:
極端には言いませんけれどもお、

加藤諦三:
ええ

相談者:
あの、「手でマッサージしてくれ」とかあ、

加藤諦三:
はい

相談者:
それから、なんか、「お、お口で・・」っていうようなことを言ってくるんですよ。

加藤諦三:
はい。
ええ

相談者:
してあげるとお、

加藤諦三:
ええ

相談者:
・・なあんか、今まで言ったことのないようなね?(笑)

加藤諦三:
ええ

相談者:
あのお、「天に昇る心地だ」とかね?(笑)

加藤諦三:
ええ

相談者:
そういうような、感じで、言われると、私もなんか・・(笑)

加藤諦三:
ほおん

相談者:
まあ、ほん、まあ、ほんっと言うとこの歳で言うと恥ずかしいんですけどね?

加藤諦三:
うん・・

相談者:
あの、全っ然、想像もしてなかったんです。
あの、そういうようなことには、あの、真面目な人だったもんですからあ。

加藤諦三:
うん

相談者:
一切もう、ほんっとにもう、わた、あたしも結婚したのが早かったんですけどね。
50年なるんですがあ。

加藤諦三:
50年!?

相談者:
そうです。

加藤諦三:
ということは、凄い若いじゃないですか。

相談者:
そ、そうです。
中学卒業してすぐでしたからあ。

加藤諦三:
あ、中学卒業してすぐ?

相談者:
ええ・・すぐ。
それでそれも、父親が、

加藤諦三:
「この人と結婚しろ」と言って?

相談者:
そうです、そうです。
そういう関係でえ、

加藤諦三:
ええ

相談者:
私も何も一切、何にも分からない、まんま、あのお、主人と一緒になって50年間、一生懸命頑張ってきたんですけどねえ(笑)
あの、大手企業に勤めてましたのでえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
あの、出張やなんかもありました。

加藤諦三:
うん・・

相談者:
だけど、一切そういうことはなかったんです。

加藤諦三:
うん・・

相談者:
今まで。
そういう風な。
ま、も、とにかく真面目な人なんですよ。

加藤諦三:
はい

相談者:
凄く真面目でね、あの、

加藤諦三:
はい

相談者:
何っでも、メモ取って、

加藤諦三:
はい

相談者:
几帳面な人で、あの、根は優しい人なんです。
すっごく優しいんですよ(笑)

加藤諦三:
うん・・

相談者:
営業のほう、やってましたけども、もう、まあ、模範社員っていうほどでもないでしょうけれども、

加藤諦三:
はい

相談者:
真面目に、えー、40年、勤めましたね。

加藤諦三:
それでえ、あのお、定年退職してからどれぐらい経つんですか?

相談者:
はい。そろそろ10年になります。

加藤諦三:
そろそろ10年になるわけね?

相談者:
はい、はい、はい

加藤諦三:
その10年間の生活ってのはどうしたの?
最近はそのお、そういうアダルトサイトっての分かるんですけれども。

相談者:
はい。
その間(かん)は、

加藤諦三:
はい

相談者:
お花の会とか、

加藤諦三:
はい

相談者:
そういうのを立ち上げたりとかあ、

加藤諦三:
あー・・

相談者:
町内のね?
あとお・・まあ、あの、パソコン教室に行ったりとかあ、

加藤諦三:
はい。
だけど、お花の会を立ち上げる、っていう、非常に意欲的に見えるけど、続かなかったっていうこと?

相談者:
そうですね。
3年、4年ぐらいしましたけども・・

加藤諦三:
うん。
そうすると嫌な言い方するけど、お花の会立ち上げたりするけれども、本当にお花が好きだとか・・

相談者:
あ、違います。そうじゃないです。

加藤諦三:
違うんですよねえ?

相談者:
うん、違うんです。
違うんです。

加藤諦三:
だから、むしろこういうことをやらなければ、やるべきだ、とか。

相談者:
はい

加藤諦三:
そうすと、非常に真面目、外側から見ると物凄く真面目で、本人もお、

相談者:
はい

加藤諦三:
辛かったんじゃないのかなあ?

相談者:
ああ・・

加藤諦三:
それでえ、定年退職してえ、パソコン教室に行って、ちょっとお、インターネットで、アダルトサイトを、

相談者:
はい

加藤諦三:
見た。

相談者:
はい

加藤諦三:
そこでえ、今までえ、ずっと真面目にやってきた時にい、

相談者:
はい・・

加藤諦三:
全く気付かない自分に気付いて、そこにのめり込んじゃった。

相談者:
そうだ、と思います。

加藤諦三:
そうですよねえ?

相談者:
そうだと思います、はい。

加藤諦三:
だけどあなたとの関係は上手くいってたんじゃない?
そうでもないの?

相談者:
いってました。
いってたんですよ。

加藤諦三:
いってたんですよねえ?

相談者:
あの、今でも、仲良くやって、おります(笑)

加藤諦三:
うん。
あのお、恐らくほんとに仲良いんじゃないのかな?

相談者:
と、思います。
ウフ(笑)

加藤諦三:
ですよねえ?

相談者:
あの、自分でもそう思います。
思うんですけれどもお、

加藤諦三:
うん

相談者:
ただ私があ、あの、

加藤諦三:
うん

相談者:
その、その主人の、要望に応えられないっていう、体の体力、

加藤諦三:
うん

相談者:
があ、ありましてえ、

加藤諦三:
うん

相談者:
でえ、ちょっと今、「どうしたもんかな~?」と思って悩んでる・・

加藤諦三:
あー・・分かりました。
今日はですねえ、

相談者:
はい

加藤諦三:
えー、スタジオに、心についてのエッセイストとしてお馴染みの、マドモアゼル愛先生がいらしてるので、

相談者:
あ、はい、はい

加藤諦三:
伺ってみたいと思います。

相談者:
はい、はい、すみません。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。