息子が引きこもりになる理由~母親の影響


2014年10月9日 木曜日

相談者: 女54歳 夫55歳 子供が4人(29歳 28歳 25歳 21歳)

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者:  大原敬子(幼児教育研究家)

今日の一言: なし

スポンサードリンク

相談者:
25歳の次男なんですが、一緒に住んでいたんですが、引きこもっていて、仕事をしないので、環境を変えようと思って・・、家族で引っ越そうと思って家を変わりましたけど・・、次男だけ、出たくない、と言って、残っています。

加藤諦三:
かなり大きな家ですよね?
これだけの家族が暮らしていたんですから。

相談者:
29歳と25歳は別に住んでいます。

加藤諦三:
28歳と21歳があなたちと一緒に暮らしていたと。
どのくらい離れた所に引越したの?

相談者:
車で1時間くらい。

加藤諦三:
引越した後も車で行き来はしているんですか?

相談者:
はい、心配なもので、見に行ったりしてて・・それで、関係が悪くなってしまって・・。

加藤諦三:
4人で暮らしていたときには、引きこもってはいたけども、まあまあ、話はできていたんだけども・・。

相談者:
行っても、ドアを開けなくなったり・・、もう、ドン、ドンって八つ当たりして・・。
そして、ツンツンするし、顔も見ないようになって・・。

加藤諦三:
引越すと言い出したのは、次男が引きこもって、仕事をしないので、環境を変えようと思って、と仰いましたが、そういうことなんですか?

相談者:
そういうことです。

加藤諦三:
次男は承知してたんですね?

相談者:
「自分は一緒に行かないと思ってくれ」、って言ってました。

加藤諦三:
この次男が、自分だけ置いていかれた、と思わなくていい、ということですか?

相談者:
そう思っていたんですけど、この前、行ったら、「勝手に置いて出て行った」、とか言い出して・・。

加藤諦三:
やっぱり、置いて行かれたという怒りはあるんですね?

相談者:
それが、怒りだったのかなーって、気がつき始めています。
前日まで、「行かないから」って言って・・。
そしたら、この前、「目が覚めたら誰もいなくなっていた」、って・・。
「厄介払いが出来たと思っているんだろう」、とか・・。

加藤諦三:
ああ、それは、そう感じたんでしょうね。

相談者:
あんなに、「行かない」、って言っていたのに、ほんとは行きたかったのかなぁ・・。

加藤諦三:
いや、一緒に行きたい、も本当だし、一緒に行きたくない、も本当なんですよ。

この3人とは別に暮らしたいと。
でも、この3人にしがみついて生きている、というのも本当なんですよ。

相談者:
はい。

加藤諦三:
まったく矛盾したものが、この次男の中にあるわけですから。
拒否しながら、求めているわけです。

で、ご主人は、どうだったの?
引越そう、ってことだったの?

相談者:
はい。
環境がまったく変わるもので・・田舎から都会に。
それで、色んな働き口もあるだろうし、とうことで。

加藤諦三:
働き口のことも考えてということですか。
ふーん。

それは、引越しは重荷だよね、この次男には。

相談者:
そうだったんですね。

加藤諦三:
環境が変わる、ってことは、すごく負担だから、この子の場合には。

相談者:
・・ですか。

加藤諦三:
で、こういう風になるまでの履歴ってのはどういう・・。

相談者:
幼稚園の頃から、中に入ろうとせず、やっとこさ、幼稚園も出て、小学校も最初行きたがらず・・。
中学校は、中学3年の3学期から行かなくなりまして、高校も2ヶ月行ってやめました。

加藤諦三:
ということは、もう10年近く引きこもっているっていうこと?

相談者:
高校はやめましたけど、アルバイトを見つけまして、少しは働いていまして・・。

加藤諦三:
それで今、元の家に一人でいると。
で、どうしたら、いいかということですね。

スポンサードリンク

(回答者に交代)

大原敬子:
大変ですよね。
でも、出来たら、最後に、あなたが本当の自分の中に、私は母親だからだとか、嘘の心ではなくって、自分の心の本当のもの、内のものを話してくださればいいなあ、と思って今から話をします。

まず今日のこの流れです。
あのね、あなた自身のお話が、自分の世界で、自分が納得できる答えで、今まで人生を生きてきたんではないか、と思っているんですね。

相談者:
私が?

大原敬子:
ええ。
どういうことかと言いますと、例えばこの引越しがね、最初の引越しをしようというのは、次男の引きこもりを治すためには環境がいいから、だから引越ししようって、仰いましたね。

引越しの動機は次男のため、という、次男に恩を着せていますよね。

相談者:
はい。

大原敬子:
こんなにあなたのこと考えているのよ、って、だから引越すのよ、って言っておきながら、引越したときには次男はいないんですよね。

相談者:
はい。

大原敬子:
これは、次男からすると、騙された。
しかも恩を着せている。

つまりね、もしかして、あなたたちご両親も・・、無意識ですよ、責めているわけじゃないんですよ、
自分の世界観で、
自分で納得して、
自分の心が怖くならない解決策を、
無意識に身につけたんじゃないか、と思うんですね。

そこには、自分のためだったらみんなに申し訳ないから、あなたのためよ、あなたのために、こんなにしてあげてるのよ。

で、私たちは仕方なく、こうして動いてるの、っていう、とっても重たい荷物をですね、相手に恩を着せる品物をですね、どーんと相手に与えて、私たちはこうして、あなたのためにしてあげてるの、って言えば、心の罪悪感ないですよね。

あなたの方が自分が本当にしたいことをしておきながら、負債を全部、ご次男に、心にかぶしてるんですね。

相談者:
次男の心に・・なんとなく分かりました。

大原敬子:
だって、動機は次男のための引越しですもの。
本来は・・、次男は引越さないで、そこにいるわけですよね。

これを、今・・、引越しのときに気づかない、ってことは、幼児期からあったような気がするんです。

相談者:
そうかもしれません。

大原敬子:
そして、この次男が一番優しい子。

相談者:
はい、そうです。

大原敬子:
なんでも言うことを利いた子なんです。

相談者:
はい。

大原敬子:
そして、あなた、今、この次男さえいなければ、せめて、遠くで、元気で、私の目に触れなければ、一番、今、幸せなの。
違います?

相談者:
そうです。

大原敬子:
だから、ちょうど、車で行って、大丈夫?、元気?、って声掛けて、はー、と言って帰ってくると、24時間いないですよね、次男は。

今、あなたは一番いいんだけども、一番怖いの、不安が。
次男のあなたを見る目。

相談者:
はい。

大原敬子:
が、尋常ではないはずなんです。

相談者:
そうです。
睨みます。

大原敬子:
その睨みが、もうお母さん嫌いだよ、っていう睨みじゃないんです。
蛇のように、執念深く、あなたを見てるハズなんです。
それが怖くなって、今日お電話くださったんじゃないかなと思うんです。

相談者:
そのとおりです。
見に行くときが辛いですね。

大原敬子:
辛いんではなくて、その目、それを見ることが辛いんであって、

相談者:
そうです。

大原敬子:
ご次男の、このように変わり果てたのを見るのが辛いんじゃないんです。
長男(次男?)の目が、なぜ怖いと思ったか、ということなんです。
怖いというのは自分の心ですよ。

相談者:
心・・はい。

大原敬子:
あなたは知っているんじゃないの?

相談者:
次男から嫌われることが怖い・・。

大原敬子:
嫌われるんではなくて、あなたが考えてることを次男が見たんではないんですか?、違う?

相談者:
あー。

大原敬子:
ご主人さまにも、3人のお子さんたちにも誰にも見せない、あなた自身が、表面的ではなく、奥のものを。

この引越しという動機の中で、次男が見たんじゃないですか?
見られた、とあなた思ったんじゃないですか?

相談者:
分かりました。

大原敬子:
え、分かった(笑)

相談者:
引越しして離れて良かった、っていう心が半分・・。

大原敬子:
そういうことなんです。
そのあなたの罪悪感が、怖いんです。
ホッとした、っていうところに次男は寂しかったっていうことなんです。

相談者:
あそう・・(泣)

大原敬子:
お母さんから、捨てられた、っていうことなんですね。

相談者:
それを感じ取ったんですね。

大原敬子:
あなたがね・・次男の気持ちも分かるでしょ。
あなた(次男)のために引越す、って言われたら、新しい引越し先に行けないです、絶対に。

相談者:
そっか。

大原敬子:
もう色んなことでね、お母さん、お父さんに足かせ、手かせしているこの僕が、また新しい所で、さらに小さくなって生きなくちゃいけない、それは出来ない。

相談者:
はい。

大原敬子:
それだったら、お母さんが、引越しから来たわよ、って、
もう耐えられない、
もう来ないでくれ、ってなりますよね。

もう次から次と・・僕は寂しいのを我慢して元の場所にいるのに、
「今度の新しい引越し先に来なかったのね、お母さん、あなたが心配だからまた来るのよ」
また来ちゃう!、じゃ僕はどうしたら、って思いませんか。

相談者:
本当ですね。
自分の満足だけで、行動してたような気がします。

大原敬子:
あー素晴らしいですね、うれしいですね。
そうしましたら、もし自分がこうだったら、って、次男の立場に置き換えられますよね。
そこから行動を始めただけでも、次男はすぐには変わらないです・・、もう、ほんとに、ほんとに自分が何をしてもみんなの心の負担をかける僕だと思ってますから。
あなたがそこを汲み取って、ほんとに薄皮の如く・・彼はあなたを求めています。

相談者:
はい。

大原敬子:
ゆっくり、ゆっくり時間をかけて、今までかかった時間を、私はこの子に返そう、っていう形で。
生きるってことは、自分のやったことを返していくんですって。
私もそうですけども。
今は、お母さんはこの次男に、心を汲めなかったことを、今度は少しでも汲んであげよう、っていう、思う心を返していけばいいんじゃないでしょうかね。

スポンサードリンク

(再びパーソナリティ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。