知らぬは相談者ばかりなり?土地名義を書き換えたい37歳独身女の必死


テレフォン人生相談 2015年3月20日 金曜日

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 大迫恵美子(弁護士)

相談者: 女37歳 独身 父69歳 母66歳

今日の一言:
困難なときには、正しく情報を把握することが第一です。

スポンサードリンク

(家族構成、年齢のやりとりは省略)

加藤諦三:
それで、今、お一人で暮らしてんの?
それとも、

相談者:
家族と住んでます。

加藤諦三:
あ、お父さん、お母さんと住んでいる?

相談者:
はい。

加藤諦三:
はい、お父さん、お母さん、何歳・・ですか?

相談者:
お父さんが69歳です。

加藤諦三:
69歳。
お母さんが?

相談者:
66歳です。

加藤諦三:
66歳。
はい、分りました。
3人で暮らしてるんですか?

相談者:
今は。

加藤諦三:
はい。

相談者:
あ、はい。

加藤諦三:
はい、分りました。

相談者:
で、弟と、妹がいます。

加藤諦三:
あ、そうですか。

相談者:
はい。

加藤諦三:
弟さんと妹は今、家に居ないんですね?

相談者:
別々に・・アパート、

加藤諦三:
別々、

相談者:
借りてますね。

加藤諦三:
はい、分りました。

相談者:
はい。

加藤諦三:
で、どんな相談ですか?

相談者:
えっと、住んでる土地について相談したいんですがあ、

加藤諦三:
はい。

相談者:
亡くなった、親戚の、お爺さんは、女兄弟しか、産まなかったのでえ、

加藤諦三:
はい。

相談者:
お父さんと、母さんが、この土地を継ぐべきだと言われて、継いだんですけどお、

加藤諦三:
ん、お爺さんの土地を?

相談者:
はい。

加藤諦三:
お父さんが、相続したんですか?

相談者:
それがあ、

加藤諦三:
はい。

相談者:
あのお、土地の名義が、

加藤諦三:
はい。

相談者:
変更されていなくてえ、お父さんの名前にはなってないです。

加藤諦三:
ということは、今、あなたが住んでいる土地は、お爺さんの名前になってんの?
名義が。

相談者:
娘さんの名前に、な・・ってるみたいです。

加藤諦三:
あなたから見ると、叔母さんですね?

相談者:
あ、はい。
(たぶん、加藤氏の質問の意味が分ってないと思う)

加藤諦三:
すると、こういうことですか?

相談者:
はい。

加藤諦三:
お爺さんが、何年か前に亡くなられた。

相談者:
はい。

加藤諦三:
そして、その、土地は、名義は、

相談者:
はい。

加藤諦三:
叔母さんの名義になった。

相談者:
はい。

加藤諦三:
だけど、住んでいるのは、お父さんとお母さんと、あなたたち・・

相談者:
はい。

加藤諦三:
だということですね?

相談者:
はい。

加藤諦三:
それで、なんか、そのことで問題が、今、出てきてるわけですか?

相談者:
土地・・の名前を変えてえ、

加藤諦三:
はい。

相談者:
お父さんの名前にしてえ、

加藤諦三:
はい。

相談者:
後々、継いでいきたいなと、思ってるんですよ。
ちゃんと、名前を変えて。

加藤諦三:
はい・・その、ちゃんと、名前を変えて・・
そいでえ、叔母さんは、お父さんの妹ですか?、お姉さんですか?

相談者:
遠い親戚・・って聞きました。

加藤諦三:
遠い親戚の人なんですか?、叔母さんは。

相談者:
はい。

加藤諦三:
そ・・

相談者:
で、男の子が産まれなかったから、

加藤諦三:
はい。

相談者:
お父さんに、継いで欲しいって言われて、で、お父さん、承諾して、継いだんですけどお・・お母さんは、

加藤諦三:
はい。

相談者:
ちゃんと名義変更もされ・・ると思って、一緒に・・結婚して、住んだんですけどお、

加藤諦三:
はい。

相談者:
今、アパートに・・あの、建ててるんですけどお、そのアパートが、

加藤諦三:
はい。

相談者:
建てるときに、されてないっていうことが、分ってえ、

加藤諦三:
はい。

相談者:
ちゃんとやった方が、

加藤諦三:
されてないっていうことは、お父さんの名義にはなってない・・ってことが、

相談者:
分った。

加藤諦三:
そこで分った?

相談者:
はい。

加藤諦三:
そいで、あなたが言う、お爺さんという方・・が、

相談者:
はい。

加藤諦三:
あなたのお父さんに、

相談者:
はい。

加藤諦三:
継いでくれと言ったけれども、

相談者:
はい。

加藤諦三:
実際の相続は、そうでなかったということですね?

相談者:
あ、はい、そうです。
手続きが済んでなくて、口約束だけで、

加藤諦三:
ああ・・

相談者:
やったみたいなんですよ。

加藤諦三:
口約束で、

相談者:
はい。

加藤諦三:
お前が全部やってくれと。

相談者:
はい。

加藤諦三:
そうすると、今は、法律的には、どこにもお父さん・・の名前・・名義は無いわけですよね?

相談者:
はい、そうです。

加藤諦三:
建物も、

相談者:
だから、心配なんですう、とっても。

加藤諦三:
家屋は誰の名義なんですか?

相談者:
家は、お父さん・・のお、

加藤諦三:
あ、

相談者:
建物でえ、

加藤諦三:
そうすると、

相談者:
土地だけ、叔母さんになっているので、

加藤諦三:
土地は、遠い親戚・・って言った、その叔母さんで、

相談者:
はい。

加藤諦三:
建物は、お父さんの名義になっていると。

相談者:
みたいです。
銀行から借りるときに、叔母さんも来てえ、

加藤諦三:
うん。

相談者:
土地・・担保にします?・・って言われて、

加藤諦三:
うん。

相談者:
土地を担保に、お金を借りますって言われて、

加藤諦三:
うん。

相談者:
で、叔母さんも承諾して、サインやったみたいなんですよね。

加藤諦三:
はい。
そうすると、お金を借りたときは、お父さんの名義で当然借りてんだけど、保証人か何かになってるってことですかね?、叔母さんが。

相談者:
・・

加藤諦三:
土地が担保になってるわけですね?

相談者:
・・

加藤諦三:
だけど、担保っていっても、お父さん・・の名義じゃないですもんね?、土地は。

相談者:
じゃないですね。

加藤諦三:
ですね?
はい。

相談者:
はい。

加藤諦三:
分りました。
とにかく、そういうことで、

相談者:
はい。

加藤諦三:
家屋の名義は、お父さんになってると。

相談者:
はい。

加藤諦三:
で、今日のあなたの相談ていうのは、事実上そういうことで済んできたけれども、

相談者:
はい。

加藤諦三:
これを、この土地を、父親名義にしたいということね?

相談者:
あ、はい、そうです、はい。

加藤諦三:
はい、分りました。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。