脱税、無年金、借金3千万、無収入。夫と離婚した方がいいか?


テレフォン人生相談
2015年7月25日 土曜日

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 坂井眞(弁護士)

相談者: 女70歳 夫75歳 子ども2人(一人は独立、一人は独身)

今日の一言: 派手な人ほど、本当は心が寂しいんです。

スポンサードリンク

(年齢、家族構成のやり取りは省略)

加藤諦三:
今、お2人で暮らしてるんですか?

相談者:
はい

加藤諦三:
はい、分りました。
それで、どんな相談ですか?

相談者:
えーと、夫がですね、

加藤諦三:
はい

相談者:
あの、ま、20年前、あの、工場建てまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
そのとき・・の、建てたあ、ときにい、脱税が、バレまして、

加藤諦三:
建てたときに、脱税がバレ・・

相談者:
建ててえ、5年くらい経ってからですね、あのお、

加藤諦三:
5年ぐらい・・

相談者:
税務署の、査察が入りましてえ、それでえ、

加藤諦三:
要するに、その、査察が入ったのは、その、建ててから、この5年間の間に、利益が上がっているのにい、

相談者:
はい

加藤諦三:
キチンとした利益を報告しなかったという脱税ですか?

相談者:
あ、たぶん、そうですう。

加藤諦三:
あ、そうですか。

相談者:
私は、携わってなかったのもんですから、

加藤諦三:
ああ、はい、はい

相談者:
その辺がしっかり分りませんでして、

加藤諦三:
はい

相談者:
なんか、そうなってるとは思わない・・かったんですけれど・・

加藤諦三:
はい

相談者:
それで、

加藤諦三:
はい

相談者:
それがまあ、あのお、返せれば良かったんですがあ、

加藤諦三:
はい

相談者:
ま、色々と、世の中が変わって、

加藤諦三:
はい

相談者:
思うように、仕事が捗らなくって、それで、

加藤諦三:
要するに、この、5年して、それ以後は、あれですね?
あんまり会社が利益あがんなくなったということ?

相談者:
あ、そうですね。

加藤諦三:
はい

相談者:
返済は、少しづつはしては、いた・・んですがあ、

加藤諦三:
はい

相談者:
最近は、ま、特に、収入もなく、

加藤諦三:
はい

相談者:
それでも、まあ、工場はやっていかなければなりませんのでえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
やってはいますが、仕事が無くう、

加藤諦三:
はい

相談者:
返済も、まあ、ま、途切れ途切れで、こちらの、あのお、家計費にまで、全く、無収入になってしまったわけですね。

加藤諦三:
はい。
あのお、返済、ずっと、その、していたというのは、その、返済というのは、あの、

相談者:
税金の、

加藤諦三:
税金の返済ですね、はい、はい

相談者:
はい

加藤諦三:
だけど、それがまだ終わってないということ・・

相談者:
もちろん、終わってない・・

加藤諦三:
はい

相談者:
ええ・・
ですから、えー、仕事さえあれば、あの、仕事が、嫌いな、夫ではないですし、

加藤諦三:
はい

相談者:
あればいくらでもやりたいんですが、あのお、ま、時代の流れで、仕事が無くなり、それでも、ま、続けてはいるんですけれども、年齢的に・・

加藤諦三:
そうすると、ご主人はあれですか?
今75歳で、まだ、社長やってるんですか?

相談者:
はい、自営でやってます。

加藤諦三:
自営でやってる。

相談者:
はい

加藤諦三:
で、仕事がないということは、どういうこと?
あのお、家に居て、会社にはもう行かない・・ほど・・

相談者:
あの、行ってます、毎日行ってます。

加藤諦三:
毎日行ってる。

相談者:
はい

加藤諦三:
だけど、極端な話、仕事が無いってことは、あんまりやることないっていうか・・

相談者:
ああ、そうですねえ・・

加藤諦三:
うーん・・
それで、今、そうすると、借金だけが残っていると。

相談者:
そうですね

加藤諦三:
借金といっても、滞納してる部分ですね?、税金。

相談者:
はい

加藤諦三:
ふうん・・
これ、その、どのくらい今残ってんですか?

相談者:
三千万・・

加藤諦三:
うーん・・

相談者:
が、どんどん膨らみますねえ・・

加藤諦三:
どんどん膨らむ?

相談者:
はい、滞納金・・

加藤諦三:
はい、はい

相談者:
はい

加藤諦三:
それでその、脱税がバレたっていうのはあ、

相談者:
はい

加藤諦三:
バレた時点で、までは、相当利益があがってたわけですね・・

相談者:
そうですねえ、あのお、バブル・・時、は、

加藤諦三:
はい

相談者:
それまではあ・・ま、結構、良かったですね、羽振り良くって、

加藤諦三:
ああ

相談者:
忙しいのは大変忙しかったんですけれども、

加藤諦三:
はい

相談者:
で、収入もあったんですがあ、

加藤諦三:
はい

相談者:
なにしろお、あのお、金遣いも荒かったんですね。
主人自体が。

加藤諦三:
まあ、あの頃は、入る人は入るけれども、

相談者:
はい

加藤諦三:
出る方も、出・・出たでしょうからね。

相談者:
はい
で、まあ、趣味も多く、

加藤諦三:
はい

相談者:
使うのも激しく、預貯金は、ほとんど無かった状況だったんですね。

加藤諦三:
はあ・・
要するに、それだけえ、その収入がありながらね、

相談者:
はい

加藤諦三:
脱税を、言われる・・税務署から目をつけれるだけ利益があがってるのに、

相談者:
はい

加藤諦三:
預貯金が、全然無いってことは、もう・・どんどん、どんどん、使ってたと。

相談者:
まあ・・どんどんでしょうねえ、わたしたち、わたしたちには、生活費ですのでえ、

加藤諦三:
うん

相談者:
生活費だけしか頂いてなかったんですけれども・・

加藤諦三:
うん・・

相談者:
ま、派手でしたねえ。

加藤諦三:
あれですよね、

相談者:
ええ

加藤諦三:
あの、だって、そのお、素人から考えるとね、

相談者:
はい

加藤諦三:
要するに、脱税するくらい、儲かってたってことは、儲かってるのに、税金を払わないわけですから、

相談者:
はい

加藤諦三:
かなり利益が出てるはずですよね?

相談者:
はい、はい

加藤諦三:
で、派手に生活をしていて、

相談者:
生活っていうか、自分の、あそ(遊)、趣味ですね。

加藤諦三:
自分の趣味・・

相談者:
はい

加藤諦三:
その、ご主人の、その、お金の掛かる趣味って何ですか?

相談者:
あの、盆栽・・とか、

加藤諦三:
ああ

相談者:
それに伴う、鉢。

加藤諦三:
はい

相談者:
◆△%鉢、

加藤諦三:
はい

相談者:
車。

加藤諦三:
あ、車も。

相談者:
はい。
もお、ほんっとに、毎年のように、買い換えてましたねえ・・

加藤諦三:
脱税してどんどんお金が入るんだけど、そのお金をパーっと、その場その場で使っちゃってえ、

相談者:
はい

加藤諦三:
要するに、預貯金はまったく無いと。

相談者:
はい

加藤諦三:
でえ、現在、三千万円・・だけの、

相談者:
はい

加藤諦三:
返済をしなきゃなんないけれども、

相談者:
はい

加藤諦三:
工場は廻っていないと。

相談者:
はい

加藤諦三:
で、今日のあなたの相談っていうのは・・

相談者:
これ以上、一緒に居て、ま、私が少しづつ・・

加藤諦三:
あ、そっちですか?

相談者:
はい

加藤諦三:
これ以上一緒に居てっていうのは、離婚をすることを考えてる・・の相談ですか?

相談者:
ええ

加藤諦三:
あー

相談者:
離婚するか、別居で、別れて住まないと、これ以上、一緒に土ツボにはまっていきますので。
今現在、わたしが、かろうじて持っている預貯金を、自分のために使って生活していく・・いった方がいいのか?、一緒に、泥沼あ、に(笑)落ちた方がいい・・いいわけはないんですけれども、

加藤諦三:
はい、はい、はい、

相談者:
一緒に◆△%

加藤諦三:
そ、そちらの相談ですね?

相談者:
はあい、そうです。

加藤諦三:
この三千万どうか?っていうことではなくてえ、

相談者:
もう、そっちは、もう・・どうにもなりません・・

加藤諦三:
でなくてえ、今の、この・・今、僕が説明したような、ご主人で、

相談者:
はい

加藤諦三:
そのご主人と、別れようかどうか、あるいは、別居しようか、

相談者:
はい

加藤諦三:
そういうようなことを考えてるということね?

相談者:
はい

加藤諦三:
はい、分りました。

相談者:
はい

加藤諦三:
今日はあの、スタジオに弁護士の坂井眞先生がいらしているので、

相談者:
はい

加藤諦三:
伺ってみてください。

相談者:
はい、お願いいたします。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。