謝ってもダメ。大学6年の息子の気力を取り戻すには退行欲求を満たすこと


テレフォン人生相談 2016年3月17日 木曜日

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 大原敬子(幼児教育研究家)

相談者: 女57歳 夫61歳 長男30歳 次男28歳 大学生の三男25歳 長女22歳 三男と長女の4人暮らし

今日の一言: 人は退行への欲求を満たされて初めて、成長への欲求が出てきます。

スポンサードリンク

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
はい

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
はい、お願いします。

加藤諦三:
はい。
最初に、年齢を教えてください。

相談者:
はい。
えーと私、57歳です。

加藤諦三:
57歳。
結婚してます?

相談者:
はい

加藤諦三:
えー、ご主人何歳ですか?

相談者:
61です。

加藤諦三:
61歳。
お子さんは?

相談者:
えっとお、4人で、

加藤諦三:
はい

相談者:
30歳の、男の子、

加藤諦三:
はい

相談者:
28歳の男子、

加藤諦三:
はい

相談者:
25歳の、男子、

加藤諦三:
はい

相談者:
22歳の女子です。

加藤諦三:
で、今は一緒に暮らしてるのは?

相談者:
あ、下2人です。

加藤諦三:
下2人ね。

相談者:
はい

加藤諦三:
はい、分かりました。
で、どんな相談ですか?

相談者:
えーと、その三男ですけど。

加藤諦三:
25歳の?

相談者:
はい

加藤諦三:
あはい

相談者:
高校を中退して、認定試験を受けて大学に入ったんですけど、

加藤諦三:
はい

相談者:
経済的な理由もあって、

加藤諦三:
はい

相談者:
えーと、まだ今、卒業できてないんですけど、

加藤諦三:
はい

相談者:
んーと、「学校辞めようかな」って言ってるんです。

加藤諦三:
「学校辞めようかな」と?

相談者:
はい

加藤諦三:
で、今は、そうすと、大学に入ったのは何年?何歳?

相談者:
あ、1年ろう、浪人してるので、19です。

加藤諦三:
19歳の時?

相談者:
はい

加藤諦三:
ということは、あ、それで、今もう、結構・・

相談者:
にじゅう、ご(25)に、なりました、はい。

加藤諦三:
25、5歳ということはだから、6年ぐらい、ですよね?

相談者:
去年、去年1年休学してるんです。

加藤諦三:
あ、休学してんですか?

相談者:
はい

加藤諦三:
はい

相談者:
単位が取れてなくて。

加藤諦三:
はい

相談者:
で、今年復学したんですけど、

加藤諦三:
はい

相談者:
またちょっと単位を落として、

加藤諦三:
はい

相談者:
で、「経済的な理由もあって、このままずっと続けるの難しいから、辞めようかな」って言ってるんですけど。

加藤諦三:
で、あのお、「経済的な理由、から辞めたい」って言ってるのは本人の方?
それとも、あ・・

相談者:
ほ、本人です。

加藤諦三:
あ、親が・・

相談者:
あ、親も、援助できないので。

加藤諦三:
あ、そうですか。

相談者:
はい

加藤諦三:
ん、親の側からそういうことははっきり言ってるわけですね?
「もう、」

相談者:
え、はい

加藤諦三:
「25歳まで、援助してきたから、もうこれ以上できない」という?

相談者:
そう、で、あの、奨学金のもらってたんですけど、

加藤諦三:
はい

相談者:
難しい、ので・・

加藤諦三:
奨学金もらってたの難しいってのは、どうしてですか?
なんか・・

相談者:
もらってたんですけど、

加藤諦三:
うん

相談者:
あのお、足りなくて、で・・

加藤諦三:
あ、奨学金だけでは足りないということですね?

相談者:
はいはい

加藤諦三:
はい、はいはい

相談者:
で今は、「アルバイトして、1年休学して、授業料貯める」って言ってたんですけど、

加藤諦三:
はい

相談者:
あんまり貯まってなくて、あの、ストレスから使ったりとかしてたんです。

加藤諦三:
うーん。
あの、休学中もね?

相談者:
はい

加藤諦三:
全然おか、あの、タダんなってるわけではないですよね?

相談者:
あ、ないですよ。
お金、はい、いりますので。

加藤諦三:
払ってますよね?

相談者:
はい

加藤諦三:
ですから、経済的に言うと、

相談者:
はい

加藤諦三:
やっぱりずうっとかかってはいたんですよね?

相談者:
そ、そうですね、はい。

加藤諦三:
うーん。
辞めたい、ということの理由は、経済的なことということですけど・・

相談者:
それ、もあるんですけど、

加藤諦三:
あはい

相談者:
もう、ちょっと、続ける、自信がない。

加藤諦三:
うーん、そっちなのかな、うーん。

相談者:
そっちをできる自信がない。

加藤諦三:
そうすと、休学なんかしてる間に、大学の時の友達い、も、あんまり・・いなくな・・

相談者:
友達がいないんです。
元々が、作るのへたくそで、

加藤諦三:
はい

相談者:
ほとんどいない、状態なんです。

加藤諦三:
もしかすると、経済的というのは、理由では本当のところは、

相談者:
はい

加藤諦三:
なんかこのまま、やっていくことが、出来ないっていう感じなのかな?

相談者:
ていうか、「もう人生が(笑)、詰まってる」って本人が、

加藤諦三:
うーん

相談者:
ち、言うんですね。

加藤諦三:
大学生活が詰まってるというよりも、

相談者:
はい

加藤諦三:
もうちょっと、は、広げて考えちゃうんでしょうね。

相談者:
ああ、ああ・・

加藤諦三:
要するに、大学う、生活が上手くいかないっていうだけの話なんだけども、

相談者:
はい

加藤諦三:
大学生活がうま、上手くいかないという風に限定しないで考えてね、え、もっと広げちゃって人生上手くいかない。

相談者:
はい

加藤諦三:
なかなか生きていくのが辛い、というような、

相談者:
そうです。

加藤諦三:
どんどん、どんどん広げてんでしょうね。

相談者:
はい

加藤諦三:
うーん、で、こ・・

相談者:
で、相談する人がいない。

加藤諦三:
うーん。
あのお、相談する人がいないっていうのは、よく分かります。
だって友達がいないわけだからね?

相談者:
はい。
親も信用してもらってないんです。

加藤諦三:
ああー、そうですか。

相談者:
はい

加藤諦三:
うーん。
で、恐らく友達がいないっていうことで、大学行っても、相談する教授がいないと?

相談者:
はい

加藤諦三:
で、高校学校、こ、中退ということだということですけども、

相談者:
はい

加藤諦三:
高校中退の、理由ってのは何ですか?

相談者:
んーと、やっぱ先生と、折り合いが悪かったっていうのが一番だと思うんですけど。

加藤諦三:
ああー・・

相談者:
なかなか妥協ができなくて、

加藤諦三:
うーん

相談者:
人に合わせるのが、苦手なんです。

加藤諦三:
うーん。
なん、妥協できない、というよりも、

相談者:
はい

加藤諦三:
なんか意固地なところがあるん、

相談者:
あ、はい

加藤諦三:
でしょうね?

相談者:
はい

加藤諦三:
うーん・・
なんかいろんなことで、不安、が重なってるんだと思いますけど。

相談者:
はい、はい・・

加藤諦三:
で、今あ、は、要するに、

相談者:
はい

加藤諦三:
そのお、「人生行き詰った」っていうな言い方してましたけれども、

相談者:
はい、はい

加藤諦三:
生活そのものは、さっきアルバイトって言いましたけど、

相談者:
はい

加藤諦三:
生活はきちんとできてるわけ?

相談者:
いえ、できてないんです。
あたしい、が作る食事とかに、文句をいっぱい言ってたので、あの、主人が、「自立しろ」って言ったんです。

加藤諦三:
ご主人が?

相談者:
はい。
それから、あの・・

加藤諦三:
「自立しろ」ってことは、家を出て、っていうこと?
じゃなくて・・

相談者:
そう、んー、家を出てまでは言ってないと思うんですけど、

加藤諦三:
ええ

相談者:
それからは自分で、バイトしたお金で、食事も、買ってきたりとかしたりして、

加藤諦三:
うん

相談者:
家(うち)にあるのは一切食べない、一切ってことはないですけど。
そこもちょっと意地になってて。

加藤諦三:
まあ、社会的自立を言われるとちょっとキツイでしょうねえ。

相談者:
あ、ああ・・

加藤諦三:
うーん。
で、今日の相談というのは、

相談者:
はい

加藤諦三:
そういうようなことで、その25歳の長男が、今、自立う、できなくて、

相談者:
はい

加藤諦三:
行き詰ってえ、いると?

相談者:
はい

加藤諦三:
で、私としては、まあ、育つ過程でこういうことがあったけども、

相談者:
はい

加藤諦三:
と、どう、向き合って行ったらいいか?っていうことね?
三男と・・

相談者:
あ・・%$#っていいものか?
なんか今、自殺とかがあるんでちょっと心配なんです。
何やるかな?っていうの・・

加藤諦三:
ほ・・なんかそのお、死についての、いろんな詩(歌?)を、集めてるとか・・

相談者:
あ、そういうのはないんですけど、

加藤諦三:
うん

相談者:
どうしたらいいか分からないっていう、状態なんですね。

加藤諦三:
状態っていうと、言ってることを・・

相談者:
気持ちが、はい。

加藤諦三:
「俺はもう、どうしていいか分からない」と言ってる、のではないんですか。

相談者:
言ってます、言ってます。

加藤諦三:
あ、言ってんですか?本人が。

相談者:
はい。
で、言ってるので、あたしが、「もう、学校辞めて働いてもいいんじゃない?」って言うと、聞かないっていうか、信用してもらってないので、アドバイスにはならない。

加藤諦三:
うーん。
ということです・・

相談者:
でも相談するところがない。

加藤諦三:
うん。
あの、学校には、相談センターみたいな、

相談者:
ああ

加藤諦三:
大学にあると思うんですけど、

相談者:
はいはい

加藤諦三:
そこにも行かないわけですね?

相談者:
そういうとこにも絶対あの、多分、行けない。

加藤諦三:
うーん、相談センターみたいな、学生相談センターみたいなところ行くのは、

相談者:
はい

加藤諦三:
なんか、プライドが許さないっていうか・・

相談者:
そう、そうだと思います。

加藤諦三:
うーん

相談者:
それであたしも「人生相談とかしたら?」って言ったんですけど、

加藤諦三:
ええ

相談者:
も、それは絶対に多分、できないし。

加藤諦三:
うん。
ということで、行き詰ってる、どうしたらいいでしょう?ということですね?

相談者:
はい、はい、はい

加藤諦三:
はい。
あ、分かりました。
今日はあの、スタジオに、幼児教育研究の大原敬子先生がいらしてるので、

相談者:
ああ、ああ・・

加藤諦三:
伺ってみたいと思います。

相談者:
あ、はい、はい

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。