無い奴と無視する奴に判決は無力。パチンコの八つ当たりにされた車の少額訴訟


テレフォン人生相談 2016年8月6日 土曜日

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 中川潤(弁護士)

相談者: 男72歳 妻は8年前に他界 長男夫婦と同居

スポンサードリンク

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
はい、もしもし

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
はい

加藤諦三:
それでは、最初に、年齢教えてもらえますかあ?

相談者:
72歳です。

加藤諦三:
ああ、そうですか。

相談者:
はい

加藤諦三:
それでえ、今、結婚、されてるんですか?

相談者:
けっこーん、してますけどね、

加藤諦三:
はい

相談者:
あのお、女房はあ、8年ん、ちょっと前に他界しました。

加藤諦三:
あ、そうですか。

相談者:
はい

加藤諦三:
そうすと、今は、お一人で暮らしてるの?

相談者:
長男、夫婦と、はい

加藤諦三:
はい、分かりました。
それで、どんな、相談ですか?

相談者:
えーっとねえ、器物損壊、なんですけどね、

加藤諦三:
はい

相談者:
ちょうど3年ちょっと前ですね、

加藤諦三:
はい

相談者:
何としても、わたし、腹の虫が治まんないもんですから、

加藤諦三:
はい

相談者:
あのお、パチンコ店へ、とめ、停めておいてね。

加藤諦三:
はい

相談者:
そして、何の理由もなく、車をぶっ壊されまして、

加藤諦三:
あの、何の理由のなく、車ぶっ壊されたって、あなたの車が、

相談者:
はい

加藤諦三:
えっと、どこに停まってたわけですか?

相談者:
駐車場ですね、別にあのお、普通に停めておいたんですがね?

加藤諦三:
普通に、

相談者:
ええ

加藤諦三:
停めてある駐車場に、

相談者:
うん

加藤諦三:
車停めてあったら、それがあ、

相談者:
うん

加藤諦三:
何者かによってえ、

相談者:
はい

加藤諦三:
破壊された、と。

相談者:
そういう事ですね。

加藤諦三:
・・で、それは、時間的にはいつ頃ですか?、昼間とか夜とか。

相談者:
昼間、昼間ですね、昼間。

加藤諦三:
昼間?、という事は、そこら辺は、あまり、人通りがあ、多いというんではないんですね?

相談者:
いえ、あのお・・人通りが多い少ないよりも、

加藤諦三:
はい

相談者:
駐車場、広いちゅう、物凄い広い駐車場ですから、

加藤諦三:
はい、え・・

相談者:
で、ちょうどその近くにですね、

加藤諦三:
はい

相談者:
あのお、優秀なカメラが置いてありまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
それで、その、カメラに、一部始終、うつ、写ってたんですね。

加藤諦三:
はい

相談者:
ええ。それで、すぐに、わたしの車、ぶっ壊した、あの、奴が、次の日に分かりましてね。

加藤諦三:
あっ、もう、誰が壊してるかという事も、もう、分かってるんですか?

相談者:
はい。それで、その人は、毎日パチンコが好きで、毎日来てましてね、

加藤諦三:
はい

相談者:
次の日も来てまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
それでえ、え、知らん顔してやってたんですね。

加藤諦三:
はい

相談者:
それで、次の日に、刑事さんが来まして、

加藤諦三:
はい

相談者:
そしてあのお、本人を、パチンコやってるとこ、取り押さえましてね。

加藤諦三:
はい

相談者:
しましたら、「わたしがやった」と。

加藤諦三:
はい

相談者:
いう事で、あのお、話が進んだんですけどね。

加藤諦三:
はい。それでそのお、「わたしがやった」という事まで認めているわけですね?

相談者:
はい

加藤諦三:
警察が捕まえてるわけですからあ、

相談者:
はい

加藤諦三:
それで、あなたがそのお、気持ちが治まらないというのは、どういう事なんでしょうか?

相談者:
うん、ですからね、気持ちが治まんないっていう事は・・最初はあのお、一年掛かりで、何とか少し払ってくれたんですよ。

加藤諦三:
はい

相談者:
で、それで、あとは、あとの残りは、全然全く、払う意思がないっていうか、払ってくんないんですね。

加藤諦三:
で、どの程度お、の、破損なんですか?、この車が。

相談者:
車はあ、ですね。ドア1枚で、あれなんですよ。体当たりで、ぺちゃんこに、あの、なってましてね。はい

加藤諦三:
あなたの車が駐車してるとこに、ほ、他の車がぶつかったっていうんではなくて、

相談者:
い・・そうじゃなくてね、本人が、体当たりしてね、ね・・

加藤諦三:
本人が、その車に何で体当たりしたんですか?

相談者:
し、知らないです。な、ど、だから、物でぶっ壊したという形跡はないんですよ。

加藤諦三:
うーん

相談者:
で、体当たりしてね、

加藤諦三:
はい

相談者:
体当たりして、あのお、ドアをぺっちゃんこにしてあ、なってましてね、

加藤諦三:
あー

相談者:
それは、

加藤諦三:
それで、その、結局、か、あなたの話の、ん、警察が来てるわけですね?

相談者:
そうですね。うん

加藤諦三:
それで?、その処理に、あなたが納得できないという事ね?

相談者:
その処理は、別に納得う、できないんじゃなくてね、

加藤諦三:
ええ

相談者:
その、弁済の、件に関して、今だに、まだ完済してもらってないんですよ。

加藤諦三:
そこで、具体的に言うと、いくら?

相談者:
金額はですねえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
もう、あとしれてるんですよ、6、7万ぐらいなんですよ。その金額を払ってくんないんですね。

加藤諦三:
いや、具体的に、いくらですか?

相談者:
ですから、う、総額で16万、なになに・・

加藤諦三:
はい

相談者:
ていう事なんですけどね。

加藤諦三:
16万、いくらという風に、なってるわけですね?

相談者:
そうなんです。

加藤諦三:
それで、そのうち、いくら払ってもらったんですか?

相談者:
9万円、はら、1年掛かってね、

加藤諦三:
はい

相談者:
なんとか、かんとか、やりくりいー・・しながら、払ってくれたんですけどね。

加藤諦三:
それで、相手方は、「もう、これ以上払わない」と言ってるのですね?

相談者:
いや、払わないとは言わないけどね、どんな手を打っても、え、返事が返って来ませんしね。

加藤諦三:
・・

相談者:
払う意思がないっていうのか、払えないっていうのか、

加藤諦三:
具体的に、どういう手を打ったんですか?

相談者:
裁判所へえ、も、駆け込みましてね、

加藤諦三:
はい

相談者:
ほで、弁護士さんにも相談したんですが、

加藤諦三:
はい

相談者:
べ、弁護士さんも、あのお、「法的なあ、事しかできない」と。その弁済を、しっかりやってくれりゃ、それで良いんですけどね。

加藤諦三:
はい

相談者:
弁護士さんにもお、参考にですね、2、3人、相談したんですよ、電話でね。

加藤諦三:
ああ、1人じゃなくて、何人か、もう、行ってるわけですか?

相談者:
うん、2、3人の弁護士さんにね、

加藤諦三:

相談者:
あの、相談したんですよ。

加藤諦三:
何人ですか?

相談者:
3人ですね。

加藤諦三:
3人?

相談者:
はい

加藤諦三:
と、3人の人に・・が、みんな同じように、「これ以上の事はできない」と言ってるわけですね?

相談者:
そうですね、「法律に、基づいた、それ以上の特別な事はできない」と。

加藤諦三:
はい、分かりました。

相談者:
ええ

加藤諦三:
あー、今日は、スタジオに弁護士の、中川潤先生がいらしてるので、

相談者:
はい

加藤諦三:
伺って、みたいと思います。

相談者:
はい

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。