嫁がウツで家事をしないんです。「お母さん、それがウツです」 え!?


テレフォン人生相談 2016年9月5日 月曜日

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: マドモアゼル愛(心についてのエッセイスト)

相談者: 女66歳 夫72歳 次男42歳 次男の嫁35歳 長男も既婚

今日の一言: 自分のできることはする。しかし不必要に他人の重荷を背負い込まない。

スポンサードリンク

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
はい

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
あ、お世話になります。

加藤諦三:
最初に、年齢を教えてください。

相談者:
はい、66歳です。

加藤諦三:
66歳。

相談者:
はい

加藤諦三:
結婚してます?

相談者:
はい

加藤諦三:
えー、ご主人何歳ですか?

相談者:
えっと、72歳です。

加藤諦三:
72歳。

相談者:
はい

加藤諦三:
お子さんは?

相談者:
男の子が2人ですけれども、

加藤諦三:
はい

相談者:
長男の方は結婚してまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
えっと弟の方、も、結婚したんですが、

加藤諦三:
はい

相談者:
その弟夫婦のことで、ご相談したいと思います。

加藤諦三:
あ、そうですか。

相談者:
はい

加藤諦三:
それで弟さんは何歳?

相談者:
42歳です。

加藤諦三:
42歳。
お嫁さんの方は何歳?

相談者:
35歳です。

加藤諦三:
35歳、はい。

相談者:
はい

加藤諦三:
で、はい、そのお、おと、42歳の、息子さんが?

相談者:
えっと7か月ほど前に結婚したんですけれども、

加藤諦三:
ん、はい

相談者:
離婚、ていうようなことお、に、2人の間では、話、が、なんかなってるんですけれども。

加藤諦三:
あ、もう2人の間では離婚するとなってるということね?

相談者:
うん。
ど、そ、その、お互いにそんな気持ちで、ま、一緒にいるという、形ですね。

加藤諦三:
はいはい

相談者:
あ、ていうのは、まああのお、お嫁さんの方が、親同士が、もう離婚して、て、お母さんの方が、亡くなってる。

加藤諦三:
はい

相談者:
でえ、お父さんも、一人住まいで、アパート住まい。

加藤諦三:
はい

相談者:
はっきり言って帰るところはないというところですね。

加藤諦三:
で、それは帰るところがないから一緒にいるという、意味ですか?

相談者:
そうです。

加藤諦三:
ただ、35歳の、人だったら、

相談者:
はい

加藤諦三:
一人で、

相談者:
はい、うん、ですけど・・

加藤諦三:
暮らして、

相談者:
はい

加藤諦三:
何の不思議もないですね?

相談者:
そうですね。

加藤諦三:
はい

相談者:
うん、で、あのお、働きに行ったんですけれども、

加藤諦三:
うん

相談者:
ちょっとお、対人関係っていうのかな?そういうのがちょっと苦手で、で、勝手に辞めてしまって、

加藤諦三:
はい

相談者:
うん。
でま、息子、も、最近、ご飯も作ってもらえなくって。

加藤諦三:
うん。
そうすとまさに、

相談者:
はい

加藤諦三:
家庭内離婚だ?

相談者:
んま、そうですね。

加藤諦三:
うーん

相談者:
でもあの、「寝てる時は一緒の部屋では寝てる」って言うんですけど。

加藤諦三:
ああ、そうですか。

相談者:
うん。
でも今度、ここ1か月程度は、「朝ご飯も自分が炊くし、インスタントの味噌汁で済ます」と。

加藤諦三:
うん

相談者:
そんで昼も、ま、会社のお弁当取る、というような形で、

加藤諦三:
うん

相談者:
夜になるともう、帰ってくると寝てて、ご飯も作ってくれてないと、

加藤諦三:
うん

相談者:
ていうような状態が続いてて、

加藤諦三:
うん

相談者:
そんでまああのお、息子にはね?

加藤諦三:
うん

相談者:
「家があるから、あなたは帰ったら?」みたいな感じで、言うそうなんですよね。

加藤諦三:
はいはい

相談者:
うーん。
ほいでまあ、そんな状態だし、息子がちょっと10キロ程も、もう痩せてきて、

加藤諦三:
うん

相談者:
ああおう、あまりにも、そんな状態を聞くと、これ一緒に置いといて良いのかなあ?というなこともありまして。

加藤諦三:
うん、うん

相談者:
そんでまあ、そのお、ま、彼女自身は、鬱病っていう病気を持ってて、

加藤諦三:
え?

相談者:
再婚なんですよね。

加藤諦三:
この鬱病というのはあれですか?
本人が言ってるので、どっか病院行って、診断されたっていうんではないんですね?

相談者:
うん、以前から、ま、そういう病気があるということで、

加藤諦三:
以前から・・

相談者:
えー、お薬も飲んでる。

加藤諦三:
あ、ていうことは、病院に行って、鬱病という診断があって、

相談者:
はい

加藤諦三:
そしてその、薬が出てるということね?

相談者:
そうです、そうです。

加藤諦三:
ふーん

相談者:
で、ちょっとこう、手に震えとかね?

加藤諦三:
うん

相談者:
そういうのはあるあらしいんですね。

加藤諦三:
うん

相談者:
それでま、体調が悪い時もあったと、今までも言うんですけど、

加藤諦三:
はい

相談者:
でまあ、「その時にご飯が無かったっていうのは、それは仕方の無いことだな」っていう風に本人も思ってたらしいんですけど、

加藤諦三:
うん

相談者:
ここ最近はね?
もう、ずっと、作ってくれない、夜帰っててもご飯はできてない。
もうお布団へ寝て、出てこない、ていうな状態らしいんですよ?

加藤諦三:
うーん

相談者:
うーん、ですもんでね?
何とかあの良い方法で、どう、私なりには、あの、彼女になんとか、普通の、奥さんのように、何とかして、くれて一緒に、幸せにして、す、生活してもらったら良いという風に私は思ってるんですけど、

加藤諦三:
うん

相談者:
でも、ほ、あの、息子自身は、将来のこと考えると?

加藤諦三:
うん

相談者:
「子供が出来て、っていうな家庭を想像することができない」って言うんですよね?

加藤諦三:
はい

相談者:
ほーん、ですもんでね、お金は無くって生活が、彼女に、生活を、ね?
あの、一人で生活することもできない、この状態で、何としてば、やれば、一番、親としてね、あの、最善な、方法かな?っていう風に、思ってるわけです。

加藤諦三:
うーん・・
はい、あなたの願いはよく分かりますけれども、

相談者:
ああ、はい、はい

加藤諦三:
ただまあ、この鬱病という診断がどういう診断だか分かりませんけれども、

相談者:
はい

加藤諦三:
んー、まあ、これは病気を治すことお、が、

相談者:
うん

加藤諦三:
は、先ですよね?

相談者:
ああ、そうですかね?

加藤諦三:
いや、だって、そうじゃないですか?

相談者:
ああ・・

加藤諦三:
ま、あなた、の気持ちは分かりますよ?
だけど、普通、ではないわけでしょ?

相談者:
はあ

加藤諦三:
病院に行って薬を貰ってるというのは?

相談者:
ああ、それはそうですね。

加藤諦三:
うん

相談者:
うーん

加藤諦三:
ま、とにかくそうすると、あなたの今日の相談ていうのは、

相談者:
はい

加藤諦三:
ん、2人の関係が今、

相談者:
はい

加藤諦三:
こういう風になってきてると?

相談者:
はい

加藤諦三:
も、さ、よ、42歳と35歳だから、ま、大人なんだから、

相談者:
ええ

加藤諦三:
ほっとけという、

相談者:
はい

加藤諦三:
考えでもなければ、

相談者:
はい

加藤諦三:
うーん、で、2人は、とにかく離婚し、するという風に決めているということですよね?

相談者:
うーん、その方向でということですね。

加藤諦三:
あ、あ、まだ決めてるんじゃなくて、

相談者:
やっぱり、うん。

加藤諦三:
離婚の方向でということか?

相談者:
そうそう、そうです。

加藤諦三:
ああ、そうですか。

相談者:
で、そのために、やっぱりあの、パートにも出て、ま、お金を貯めなきゃっていう、気持ちはあるんでしょうね。

加藤諦三:
つまり、離婚の準備ということ?

相談者:
そうです、うん。

加藤諦三:
ふう~ん

相談者:
だったらばまだちょっと、そこで、改善、ていうかね?
そこら辺を、期待してしまう・・

加藤諦三:
これだから、これは非常に、難しいですね?はい。

相談者:
はい?うーん、なんか・・

加藤諦三:
ただ今日はあの、スタジオにですですね、心についてのエッセイストとしてお馴染みの、

相談者:
はい

加藤諦三:
マドモアゼル愛先生がいらしてるので、

相談者:
はい、はい

加藤諦三:
伺ってみたいと思います。

相談者:
はい、はい

スポンサードリンク

(回答者に交代)


嫁がウツで家事をしないんです。「お母さん、それがウツです」 え!?」への1件のフィードバック

  1. 聞いていて、相談者の鬱に対する無知にイライラしました。
    その息子にも。
    結婚して7ヵ月の妻が
    うつだったら、夫としてサポートするのが普通じゃないのかな?

    うつの嫁に対して、「仕事から帰ってきたら食事ができていない」と不満タラタラ息子と姑。

    だから、それがうつなんだってば。
    そう言われても
    「そうなんですか?」
    と納得しようとしない相談者。

    こういう人が、うつの人を追い込むんだなぁ。もっと、相談者にガツンと言ってほしかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。