住宅ローンの保証人から妻を外す意味。着々と離婚の布石を打つ別居中の夫に現実逃避の女


テレフォン人生相談 2017年1月11日 水曜日

夫が浮気をして家を出て行った。離婚して仕事を辞めたら、生活していけるかが不安

パーソナリティ: ドリアン助川
回答者: 大迫恵美子(弁護士)

相談者: 女50歳 一人暮らし 3年前に出ていった夫48歳 結婚24年 成人した娘が2人

スポンサードリンク

ドリアン助川:
もしもし、テレフォン人生相談ですう

相談者:
あ、こんにちはあ、◆#$%しますう

ドリアン助川:
あ、どうも、よろしくお願いします
え、今日はどんなご相談でしょうか?

相談者:
あ、主人との離婚にまつわることでえ、

ドリアン助川:
はい

相談者:
お電話させてもらったんですう

ドリアン助川:
はい

相談者:
えっ・・とお

ドリアン助川:
離婚にまつわることですね?

相談者:
はい

ドリアン助川:
はい、えー、まず今、どういう状況なのか、教えてくれますか?

相談者:
えーと、主人が出ていってえ、3年、ほどになるんですがあ、

ドリアン助川:
はい

相談者:
はい
で、えっと、そのまま、働いてるんですけど、わたくし、あたしも。

ドリアン助川:
はい

相談者:
ですが、ちょっと、あのお、ちょっと、働けー、る状態ではなくなってきたのでえ、

ドリアン助川:
はい

相談者:
そおなった場合、あの、主人の扶養とかにい・・本来なら、たぶん、入れるんでしょうけども、もし拒否とかされたら、っていう心配があリまして、

ドリアン助川:
ええ、ええ

相談者:
そお、その場合、どうなるのかなあ・・

ドリアン助川:
はあい・・

相談者:
っていうのが、まず一点なんですがあ、

ドリアン助川:
はい・・あのお、えー、今、おいくつですか?、奥さんは。

相談者:
50歳です

ドリアン助川:
50歳

相談者:
はい

ドリアン助川:
旦那さんは?

相談者:
48です

ドリアン助川:
あ、2つお若いんですね

相談者:
はい

ドリアン助川:
48歳
結婚してどれくらいなるんですか?

相談者:
と、20・・4年、ほどです。

ドリアン助川:
24年

相談者:
はい

ドリアン助川:
26歳、あなたが26歳のときにご結婚なさった

相談者:
そおですね、はい

ドリアン助川:
はい
双方とも初婚ですね?

相談者:
そおです

ドリアン助川:
はい
で、この、3年、前に出て行ってしまったというのは、

相談者:
はい

ドリアン助川:
えー、お子さんはいらっしゃるんですか?

相談者:
はい、います

ドリアン助川:
えー、・・何人ぐらい?

相談者:
2人です

ドリアン助川:
2人

相談者:
はい

ドリアン助川:
あの、男の子ですか?、女の子ですか?

相談者:
えっと、女の子です

ドリアン助川:
あ、娘さんが2人。

相談者:
はい

ドリアン助川:
も、成人されてますか?

相談者:
そうです

ドリアン助川:
成人されたお嬢さんが2人

相談者:
はい

ドリアン助川:
で、一緒に、あの、同居されてますか?

相談者:
あ、いえ、あの、してない・・皆んな

ドリアン助川:
してない

相談者:
バラバラです

ドリアン助川:
もお、おー、独立なさってるということですね?

相談者:
そおですね、はい

ドリアン助川:
はい、ということは、今、えー、お家にお一人なんですね

相談者:
はい、そうです

ドリアン助川:
で、3年前にい、

相談者:
はい

ドリアン助川:
いー、つまりそのときは、旦那さん45歳か、出てってしまったというのは、

相談者:
はい

ドリアン助川:
何があったんですか?

相談者:
あのお、女性関係ですね。

ドリアン助川:
女性関係

相談者:
はい

ドリアン助川:
あ、い・・

相談者:
女性があ

ドリアン助川:
うん

相談者:
いるのでえ

ドリアン助川:
はい

相談者:
で、離婚したいって言われてえ、

ドリアン助川:
はい

相談者:
ま、そのときはすぐには、ま、あたしも・・「えっ?、いや、できません」って言ってえ

ドリアン助川:
はいはい

相談者:
たら、家を出ていきました。

ドリアン助川:
はい、えー、そして、今、その女性と暮らしているんでしょうか?

相談者:
え?
あ、それはちょっと、何も、知ら、確認できていません。

ドリアン助川:
確認出来てなあい?

相談者:
はい

ドリアン助川:
えーと・・旦那さんが、今、暮らしてる場所も分からないんですか?

相談者:
はい
地名しか分からないです。

ドリアン助川:
地名しか分からない?

相談者:
はい

ドリアン助川:
じゃ、この3年間は旦那さんとは連絡もとってない?

相談者:
あ、最初の一年はとりましたが、

ドリアン助川:
はい

相談者:
あとの二年はとってないです。

ドリアン助川:
この2年間は旦那さんと、とってない、連絡、全くとってないんですね?

相談者:
そうですね

ドリアン助川:
それで、連絡先は分かるんですか?

相談者:
一応、あ、はい
電話番号は分かりますが、

ドリアン助川:
はい

相談者:
はい

ドリアン助川:
あなたの方からもこの2年間掛けてないってことですね?

相談者:
掛けてないです

ドリアン助川:
あー
会社は・・会社員ですか?、旦那さんは。

相談者:
そうです

ドリアン助川:
ということは、会社には、行ってるわけですよね?

相談者:
そおですね

ドリアン助川:
そこお、会社の、人は知らないんですか?、このこと。

相談者:
一応、転勤というのが、ありましたので、

ドリアン助川:
はい

相談者:
それで、行ってるっていう形です。

ドリアン助川:
転勤で、今、ここに、あなたが今、住んでる場所、ではない所に、

相談者:
所に、

ドリアン助川:
行った・・と

相談者:
そおなんです

ドリアン助川:
あ、出てったというのは、相手の女性のとこに行ったのではなくて、

相談者:
はい

ドリアン助川:
転勤で、その、違うとこに行ったということですか・・

相談者:
そおですね

ドリアン助川:
あ、それでえ、

相談者:
はい

ドリアン助川:
えー、でも、その女性・・と一緒に居る可能性もあったわけですよね?

相談者:
はい・・

ドリアン助川:
そこら辺は分からない?

相談者:
ちょっと分からないです

ドリアン助川:
分からない

相談者:
はい

ドリアン助川:
あまり、調べ、調べられなかったんですね?

相談者:
◆#$%□&
はい

ドリアン助川:
んー
どうして調べなかったんですか?

相談者:
・・
んー、調べない方がいいかな、と思ったのでえ、

ドリアン助川:
いいかな、というのは、その、2人のためにですか?

相談者:
そお、ですね

ドリアン助川:
んん、あるいはあなたが傷つきたくなかった?

相談者:
・・はい・・

ドリアン助川:
んー
そして、えー、今、奥さん、働いてるのは、働き・・・難くなってきたってのは、健康・・

相談者:
そおなんです・・・

ドリアン助川:
健康の

相談者:
健、そおなんです

ドリアン助川:
ああ
何が起きたんですか?

相談者:
転職もしましてえ

ドリアン助川:
ええ

相談者:
ずっと働いていたところを、

ドリアン助川:
はい

相談者:
転職してえ

ドリアン助川:
ええ

相談者:
で、ちょ、変わったんですが、

ドリアン助川:
はい

相談者:
で、あのお、主人の扶養にも入れない・・入っ、入れてもらえないだろうと思ったのでえ、

ドリアン助川:
はい

相談者:
正社員をちゃんと探してえ、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
転職とかしたんですがあ

ドリアン助川:
はい

相談者:
なんか、ちょっと、色々、目まいとか、動悸とか打ってきてえ、

ドリアン助川:
うん

相談者:
ちょっと新しい職場に馴染めないって言ったら、まあ、そうなんですがあ、

ドリアン助川:
はい

相談者:
はい

ドリアン助川:
ああ

相談者:
で、

ドリアン助川:
うん

相談者:
今までえ・・主人のことでえ・・色んなことがありましてえ、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
なんかちょっともう・・なんか、今になって、すごい堪(こた)えてきたじゃないですけどお、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
はい

ドリアン助川:
あのお、離婚・・ここまで、こうなってしまっているのにい、

相談者:
はい

ドリアン助川:
いー、離婚されてサッパリしようというふうにはならないんですか?
お気持ちの上で。

相談者:
ならないんです
そこ、そうなんです
で、子どもたちも、

ドリアン助川:
はい

相談者:
はい、やめ、「しないで」って言ってえ、

ドリアン助川:
ふうん・・

相談者:
で、なので、あたしも、じゃ、スッ、ま、自分もその、つもりはないのでえ、

ドリアン助川:
ただあ、これ、3年会われてないわけですよね?
出て行かれて。

相談者:
あ、2年ですね

ドリアン助川:
2年

相談者:
はい

ドリアン助川:
でえ、でも旦那さんは、こっち帰って来る気配ないんですよね?

相談者:
・・

ドリアン助川:
父帰る、状態になることはないわけですよね?

相談者:
そおですね、あの、主人の実家が、近くにありますのでえ

ドリアン助川:
ええ

相談者:
そういうときは、そちらに、行ってますね。

ドリアン助川:
ふうん・・
その状況でも、あなたは離婚という、とこには行きたくないわけですか・・

相談者:
そおなんです

ドリアン助川:
うーん・・

相談者:
それも◆#$です、おかしいですよね。

ドリアン助川:
で、今、あのお、生活の方は、じゃあ、どうなってるんですか?
あ、その、旦那さんから、定期的にお金は来るんですか?

相談者:
あ、ないですう

ドリアン助川:
ない?

相談者:
はい、って・・

ドリアン助川:
じゃあ、扶養家族もなにも、全然、扶養してないじゃないですか。
さい、はなっから。

相談者:
そうですよね・・
ただあ、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
あのお、家を建てたので・・

ドリアン助川:
え?

相談者:
そこに、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
わた、主人が住宅ローン払ってて、ま、そこにあたしが住んでるっていう形でえ、

ドリアン助川:
えー、家を建てた?

相談者:
はい

ドリアン助川:
こ・・いつですか?

相談者:
えっとお、じゅう・・5年ぐらい前ですね

ドリアン助川:
5年ぐらい前

相談者:
はい

ドリアン助川:
この、あのお、トラ、トラブルが起きる前ですね?

相談者:
そおですね

ドリアン助川:
15年前?

相談者:
はい

ドリアン助川:
あ、えー、トラブルが起きる前、15年前に、旦那さんがお家を建てた?

相談者:
はい

ドリアン助川:
で、そこに住んでるということですね?

相談者:
はい

ドリアン助川:
ふうん
ま、その分の、つまり、住居費というのは掛かんないということですか。

相談者:
そおですね

ドリアン助川:
ふうん・・
にしても、おー、奥さんのパート一つで・・、で、しかも、今、そこに一人ぼっちなんですよねえ。

相談者:
そうなんです
で、子どもたちがあ、

ドリアン助川:
はい

相談者:
まあ、節目節目にはあ、帰って来るのにい、

ドリアン助川:
うん

相談者:
ま、ここでお母さんは、「居て」っていうことでえ、

ドリアン助川:
うーん

相談者:
で、ま、「お父さんもそのうち、帰って来るんじゃない?」って子どもたちは言うんですけどお

ドリアン助川:
うーん
帰って来るかなあ・・

相談者:
(苦笑)
ですよね

ドリアン助川:
うーん・・
あのお、お家のローンの名義ってのは、旦那さんなんですよね?

相談者:
そおなんです、それもお、

ドリアン助川:
うん

相談者:
えっとお、何ヶ月か前にい、えーと、それまではわたしの、保証人だったんですがあ、

ドリアン助川:
はい

相談者:
それは、はず・・れたんですう。

ドリアン助川:
外れた?

相談者:
はい

ドリアン助川:
外れたというのはどういうことですか?

相談者:
なんか、「保証人にならなくてもいいですう」、って言われてえ、

ドリアン助川:
ふうん

相談者:
ま、「はい」って言って、もう、それも、あの、主人の両親を介してなんですが・・

ドリアン助川:
旦那さんの、あの、ご両親とあなたの間には、コミュニケーションがあるわけですね?

相談者:
あるんです

ドリアン助川:
ふうん
しかし、これえ、奥さんね、

相談者:
はい

ドリアン助川:
この状態、ずうっと続けますか?
まだ、人生、残ってますよ、随分。

相談者:
はい
そおですよね

ドリアン助川:
ねえ

相談者:
はい

ドリアン助川:
で、えー、今日の、おー、ま、その辺も、あのお、わたし、としては疑問に思うんですけども、

相談者:
はい

ドリアン助川:
えー、今日はその、奥さんからの、おー、ご相談の内容というのはあ、

相談者:
はい

ドリアン助川:
えー、もう一度聞かせていただけますか?
今、何が問題なんですか?

相談者:
あ、はい
えーと、しご、わたしが正社員を辞めた場合、

ドリアン助川:
はい

相談者:
扶養に入ることは出来るのか?と、あの主人の方がそれを、拒否されたら・・

ドリアン助川:
わたしはどうなるのか?と。

相談者:
そおですね

ドリアン助川:
うーん・・
なんか、それ以前に、もっと大きなあ、

相談者:
そお(苦笑)

ドリアン助川:
問題があるような気もするんですけども、

相談者:
そうですよね、そうですよね

ドリアン助川:
ま、その辺も含めて、

相談者:
はい

ドリアン助川:
えー、話していただきましょうかね。

相談者:
はい

ドリアン助川:
えー、今日の回答者の先生紹介します。
弁護士の大迫、恵美子先生です。

相談者:
はい

ドリアン助川:
よろしくお願いします。

相談者:
お願いします

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。