酒の誘いにも乗って来ずそっけない父親。関係を良くしたい息子


テレフォン人生相談 2017年5月12日 金曜日

離婚して独り暮らし父との関係がうまくいっていない。高齢な父が孤独でかわいそう。父との関係を改善するには?

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 田中ウルヴェ京(シンクロ銅メダリスト、メンタルトレーナー)

相談者: 男29歳 妻子持ち 結婚6年目 妻27歳  父58か59歳 母53か54歳 両親は6年前に離婚 妹27歳既婚

スポンサードリンク

今井通子:
もしもしい、テレフォン人生相談です。

相談者:
お願いします。

今井通子:
はい。今日はどういったご相談ですかあ?

相談者:
えーっとお、親父い、との、

今井通子:
うん

相談者:
関係性が良くないまま、

今井通子:
はい

相談者:
えーと家を建てちゃって、

今井通子:
ええ

相談者:
でえー、その、僕の、友だちから、

今井通子:
はい

相談者:
そのお、家を建てたっていうのを親父が知って、

今井通子:
ええ

相談者:
で、今、良く、思ってない状態で、

今井通子:
はい

相談者:
えっと、上手くう、なんか波風立てずに、

今井通子:
はい

相談者:
おやあ、じに、話して、上手く、ことを、収めるじゃないけど、にしたらどうすればいいのか?っていう、相談です。

今井通子:
なるほど。
まずあなたおいくつですか?

相談者:
29です。

今井通子:
29歳。
家を建てたっていうことは、ご結婚された?

相談者:
あ、してます、はい。

今井通子:
奥様おいくつ?

相談者:
奥さん27です。

今井通子:
27歳。お父さまはおいくつかしら?

相談者:
59、か、8か、そんなもんです。

今井通子:
ん・・59か8か(苦笑)はい

相談者:
はい(苦笑)

今井通子:
お母さまは?

相談者:
50う・・3か4か、そんなもん(苦笑)

今井通子:
ふん(笑)3か4、はい

相談者:
はい

今井通子:
あなたご兄弟はいらっしゃる?

相談者:
あ、妹が一人。

今井通子:
はい。お妹さ・・

相談者:
妹はえーっとお、27です。

今井通子:
はい。結婚してらっしゃる?

相談者:
妹もしてます。

今井通子:
はい。
・・お父さまはあ・・えー会社員でらした?、それとも、あのお、自営でらした?

相談者:
僕が、小学校の時とかはあ、

今井通子:
はい

相談者:
あのお、会社員でやってたんですけど、

今井通子:
はい

相談者:
あのアメリカの輸入雑貨とか、子供服とか、

今井通子:
はい

相談者:
そういうのを、自分で・・自営でやり始めて、

今井通子:
はい

相談者:
でそこが、10う、何年ぐらい続いて、

今井通子:
はい

相談者:
で・・上手く行かずに、

今井通子:
はい

相談者:
今、新しく、会社員として・・勤めてる状態です。

今井通子:
あーなるほど。

相談者:
はい

今井通子:
ということは・・お父さまの人生え、結構、お忙しかったわけね?

相談者:
忙しい・・と思います。で、お母あ、さんとも離婚してるんで。

今井通子:
あ・・そうなの?

相談者:
はい、はい

今井通子:
お母さまとは、何年前に離婚されたの?

相談者:
えーっと、僕う、が、23歳の時で、妹が、二十歳過ぎたぐらいかな?
「それまでは、もずっと我慢してた」って、ほ、お母さんは言ってたんですけど(苦笑)

今井通子:
ええ。で、この離婚の原因は何だったの?

相談者:
原因は、まあ、僕と同じようなことをお母・・さんも思ってて。なんか冷たいだとか、

今井通子:
はい

相談者:
子どもの行事?、要は運動会だったり、

今井通子:
うんうん

相談者:
そういうのとかも、一切・・顔出してくれなくて、

今井通子:
ええ

相談者:
学費とかも全部お母さんが働いてやってて。自分ん・・

今井通子:
あーそうなんですか。

相談者:
そうです。
自分は、な、そのお、ま、自営で忙しかったのか、そういうお金?

今井通子:
はい

相談者:
とかもあったりするのが、一つの理由と、もう一つは・・飲み会?

今井通子:
はい

相談者:
が、あったらしくて、

今井通子:
はい

相談者:
で、そのお、情報を自分のお母さんがし、知って、

今井通子:
ええ

相談者:
その飲み会の場に・・行った、みたいなんです。

今井通子:
はい

相談者:
で、そしたら、まあ、親父がおって、

今井通子:
ええ

相談者:
で、ま「何しとんの」ていう、そういう口論になって。

今井通子:
ええ

相談者:
で、「もういいわ、わたし・・先にもう家帰るで」とお母さんが、言って。
で、そのあと親父が・・追いかけてったらしいんですけど、

今井通子:
はい

相談者:
案の定飲酒で捕まって。

今井通子:
・・あ、あん、車で?

相談者:
そうで・・そうです。
で、お母さんがもう渋々迎えに行ったときに、

今井通子:
ええ

相談者:
「お前のせいやろ」みたいな感じに、なんか、田んぼに突き落としたらしいですよ。

今井通子:
・・どっちがどっちを?

相談者:
えっと、お、親父がお母さんを?

今井通子:
ええ

相談者:
ま、多分酒飲んだ、そういう勢いもあると思うんですけど。

今井通子:
うーん

相談者:
も、そういうのも塵に積もって、も、離婚っていうふうで。

今井通子:
ご結婚何年目?今、あなた。

相談者:
6年ですね。

今井通子:
6年

相談者:
はい

今井通子:
6年前に結婚される時、

相談者:
はい

今井通子:
お父さんは・・お母さんと一緒に居たの?、2、3年前・・

相談者:
いやその時は、もう・・離婚はしてないですけど別居はしてました。

今井通子:
ていうことはあ・・結婚式にはお父さん来てないわけ?

相談者:
いや、来ました、呼びました。

今井通子:
あ、呼んだの?

相談者:
はい

今井通子:
で、その時はちゃんと来た?

相談者:
ちゃんと来たけど、その・・結婚をする・・報告はあ、やっぱり、なんか、あんまり良くは思ってなくて、

今井通子:
反対してたっていうこと?

相談者:
どっちかって言うと反対ですね。

今井通子:
理由は?

相談者:
どういう子なのか?っていうのを何も知らないっていう・・

今井通子:
うん。この「何にも知らない」っていうのはお父さんが・・そのあなたのお嫁さんのことを何も知らない・・

相談者:
奥さん、そうです、何も知らない。

今井通子:
っていうことで、

相談者:
そうです。そうです。

今井通子:
反対。

相談者:
そうですね。

今井通子:
でまあ、それから6年経ちましたあ。

相談者:
はい

今井通子:
その間(かん)には、お父さんとの付き合いは全くなかった?

相談者:
いや、付き合いは正月とかあ、まあ、あとふとした時に・・ま、実家近いんで。

今井通子:
はい

相談者:
なんか・・顔見せに行ったりとか、するんですけど。

今井通子:
ええ

相談者:
そういう時も、やっぱり、そのお・・嫁さんに対しても冷たいし、なおかつ僕に対しても素っ気ないし。

今井通子:
はい

相談者:
でえー、子ども生まれてえ、なんか、ね、遊びに行ったりとかしても、

今井通子:
はい

相談者:
なんか「今、来るな」とか、

今井通子:
ええ

相談者:
「今忙しいんや」的な、そういう顔に出るもんで、ムスっとした感じで。

今井通子:
うん

相談者:
で、自分のお婆ちゃんに対してもそういう、感じで。

今井通子:
うん。
それでえ・・普段からそうするともうなん、何十年?、お父さんとは関係性があんまり良くない・・

相談者:
良くないです。

今井通子:
のを自覚してらっしゃりながらあ、

相談者:
はい

今井通子:
えー今ここでえ、お父さまとの関係を、

相談者:
・・はい

今井通子:
良くしようと思う理由はなに?

相談者:
あのお・・まあ、このままだ、まだと・・ま、親父もお、ま、お婆ちゃん死んで自分、実家に1人になるじゃないですか。

今井通子:
ええ、ええ

相談者:
そうなった時にい・・もう、ホント、ホント孤独になるよって、僕は思って。

今井通子:
はい

相談者:
でえ・・ま、僕に対しても凄い冷たいけど、

今井通子:
はい

相談者:
嫁、嫁さんとか子どもに対しても。

今井通子:
はい

相談者:
冷たいけど、

今井通子:
うん

相談者:
そこを・・上手く・・修復できるには、も、僕が動くしかないなと思って。

今井通子:
偉いですねえ

相談者:
でえ・・この間の、親父が休みの時に、

今井通子:
はい

相談者:
まあ・・二十歳過ぎてえ・・社会人になって、親父と、一緒にご飯・・二人で食べたことないもんで。

今井通子:
ええ

相談者:
特に理由はないけど、

今井通子:
はい

相談者:
とりあえず、
「夜う、ご飯一緒に、どっか飲みにでも行こうよ」・・て誘ったんです。

今井通子:
はい

相談者:
で「なんで?」って案の定、メールが来て。
・・で、まあ、「理由はないけど」っていう話をしたら、も、そっからもう・・連絡もなくて。#$%◆

今井通子:
・・ということはあ、あなた自身はあ・・お父さまとお・・関係性があんまり良くな、良くないけれどお、

相談者:
はい

今井通子:
お父さまのことは思っているわけよね?

相談者:
そうですね。

今井通子:
うん

相談者:
一応・・ま父親なんで。

今井通子:
うん

相談者:
はい

今井通子:
この先がどうなったらねえ。

相談者:
そうですね

今井通子:
大変とか。

相談者:
はい

今井通子:
いろいろ・・

相談者:
はい

今井通子:
はい。・・と今日のご相談はあ・・

相談者:
ていうのは、

今井通子:
うん

相談者:
えーとまあ、そういうのもありつつ、

今井通子:
はい

相談者:
家をた、長男なのに家を建てたっていうのに多分親父が今不満に思ってると思うんです。

今井通子:
はい

相談者:
んでえ・・そのもう家を建てたことにはもう変わりないし、僕もお、正直今の、親父とは、一緒に住んだって、子どもに・・気を使ってるパパをみ、見せたくないじゃないですか。

今井通子:
うん

相談者:
うん、で嫁さんもお、ね、そういう状況で間に挟んで、もストレス溜まるの目に見えて分かってるんで、

今井通子:
う、うん

相談者:
お互いに?、うん。だで、一緒に住みたい、住むとは考えてなくて、

今井通子:
ええ

相談者:
家を建てたんですけど。

今井通子:
ええ

相談者:
上手いように、家を建てたことを分かってもらえるような・・ことが、できるのかな?っていう相談です。

今井通子:
はい

相談者:
はい

今井通子:
今日はですねえ、シンクロの銅メダリストで、

相談者:
はい

今井通子:
メンタルトレーナーの、田中ウルヴェ・・

相談者:
はい

今井通子:
京先生がいらしてますので、

相談者:
はい

今井通子:
伺ってみたいと思います。

相談者:
はい

今井通子:
先生よろしくお願いしまーす。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。