酒の誘いにも乗って来ずそっけない父親。関係を良くしたい息子


スポンサードリンク

(回答者に交代)

田中ウルヴェ京:
はーい、よろしくお願いします。

相談者:
お願いします。

田中ウルヴェ京:
はい

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
えーと、ちょっとお父さんの心理を読んでみたいと思います(笑)

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
えーっと例えば・・うんと、あなたに少し助けていただきたいんですが、

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
お父さん自身は、

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
人格的にも(笑)

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
息子さんから見て、

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
すっごく悪い人ですか?それとも・・そうじゃないんですか?

相談者:
うーん、いい人だと思います。

田中ウルヴェ京:
人格的には別に・・悪い人じゃないですね?

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
オッケイ。で、えっとお、あなたのこととか妹さんのことを、

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
愛してるのか?憎んでるか?どっちだと思いますか?

相談者:
えー・・

田中ウルヴェ京:
へっふふ(笑)

相談者:
その二つだったら、

田中ウルヴェ京:
うん

相談者:
愛してる方、だと思います。

田中ウルヴェ京:
えと、それは、どんなあ・・理由からそういうふうに息子としてのあなたは思いますか?

相談者:
・・まあ、僕があ・・まだ社会人・・高校卒業してえ、仕事お、はじめて、最初の会社ですはね。

田中ウルヴェ京:
はい

相談者:
が、ま、いう、世間一般でいう、ブラック企業っていうか、

田中ウルヴェ京:
うん

相談者:
朝8時から、夜の2時まで、で・・月の給料が、10万、ぐらい、

田中ウルヴェ京:
はい

相談者:
っていうので、で、まあ親父も親父なりに凄い、体のこと心配して。

田中ウルヴェ京:
うん

相談者:
そのお、ま自分のコネとかあ、その周りの友だちからっていうので、色々仕事を・・
あの「こういう会社があるけども、そこ辞めてこっち来いよ」っていうのを、真剣に探してくれた・・行動に関しては、

田中ウルヴェ京:
うん

相談者:
まあ、心配してくれたんだなっていうのがあったので。

田中ウルヴェ京:
うん

相談者:
・・まあ・・そういう面では、まあ、ちゃんと考えてくれてるんだなっていうのがあ・・あ、今ありますね。

田中ウルヴェ京:
ん、なるほど。

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
でわあ、感情表現が下手なんでしょうかね?、それとも・・行動が間違っちゃう?、ちょっとね、それ・・違うんだな。

相談者:
あー

田中ウルヴェ京:
なんかこう・・うん

相談者:
あー

田中ウルヴェ京:
分かります?

相談者:
どっちかっていうと感情表現の方が、

田中ウルヴェ京:
おー

相談者:
下手だと思います。

田中ウルヴェ京:
例えば、ん、あのお、感情って大きく分けて4つあるんですけどね。

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
例えば、い、4つのうち2つが良い感情で、

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
もう2つが悪い感情って呼ばれるものなんですけど、

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
悪い感情って、大きく2つあって、

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
カーッとなって、その心拍数とかがバーっと上がっちゃって、

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
凄く怒った、怒る感情とか。

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
ビビっちゃう感情とかっていうその心拍数が上がった、悪い感情ってのがまず1つなんですね。

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
でもう1つ悪い感情、今度心拍数が・・下がったままの、
「もう疲れちゃった」とか諦めちゃったとか、落ち込んじゃったとか。

相談者:
うん

田中ウルヴェ京:
そういうのも悪い感情の、

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
部類なんですよね。

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
この・・心拍数があがる、怒るーとか、あとは、落ち込むーとかこういう感情は、お父さんはよく出ました?、それともあんまり出さない。

相談者:
うーーーん、言葉に出してないけど、態度では・・

田中ウルヴェ京:
態度では、怒ってそう、それとも焦ってそう?

相談者:
怒ってそう。

田中ウルヴェ京:
怒ってそう。

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
なるほど。落ち込んでる様子は・・息子としては見たことがありますか?

相談者:
いや、ないですね。

田中ウルヴェ京:
あー・・今度・・プラスの良い感情の方は、

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
同じように心拍数が高ーくなってる良い感情っていうのが。

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
こう、嬉しいとか、楽しいとか、

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
ラッキーみたいな、感情と、

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
あとは・・心拍数が、あまり上がらない良い感情っていうのでえ、

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
落ち着いてるとか、リラックスしてるみたいな感情があるんですけど。

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
この2つは、お父さんから、見て取れたことあります?

相談者:
うーんと、あります。

田中ウルヴェ京:
ある。

相談者:
もうホント昔なんですけど、

田中ウルヴェ京:
はい

相談者:
えーっと、家族でえ・・潮干狩り?

田中ウルヴェ京:
うん

相談者:
行った時に、ちょうどその・・浜辺のビーチで、

田中ウルヴェ京:
はい

相談者:
なんかイベントやってえ、

田中ウルヴェ京:
うん

相談者:
貝殻に番号が書いてあって。

田中ウルヴェ京:
はい

相談者:
で、それをお、なんか・・ステージで呼ばれたら、なんか、豪華・・商品プレゼントみたいなので当たった時に、凄い喜んでたのは、記憶はあります。

田中ウルヴェ京:
逆はありますか?、落ち、着いてる、とかリラックスしてるう、とか、優しい感じの?

相談者:
ちょっと、それはちょっと分かんないんだけど、

田中ウルヴェ京:
うん

相談者:
あのしょうが、正月は1回みんなで実家に集まる時にい、

田中ウルヴェ京:
はい

相談者:
なんかあ・・あの頼んでもないのに、なんかすき焼きの肉とか、

田中ウルヴェ京:
うふ(笑)

相談者:
カニだとかを、買って来た時はあ、

田中ウルヴェ京:
うん

相談者:
なんか機嫌、いいのかなあ・・

田中ウルヴェ京:
えーっと、恐らく、お父さんは、

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
何かそのお・・お父さんの、人間としての根本の部分で、

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
なんかすっごく自信がなくなっちゃった、なのか?

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
何かそのも、存在意義みたいなものがあ、

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
そのお、ま、自信喪失ですよね。

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
みたいなものが・・あったりしてえ。暖かい感情を、他人に表現しにくくなっちゃったみたいなことが、あると、お、思いますか?、息子の立場から。

相談者:
うーん、何となくそんな気はします。

田中ウルヴェ京:
うーん。もしできるなら、あなた自身が、

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
上手に感情表現をするっていう、お手本を見せたらいいと思うんです(笑)

相談者:
はあ

田中ウルヴェ京:
こういうその、感情トレーニングって・・結果的にはあなたがお父さんっていう立場になって、子育てをする時にも・・凄くよく使えるものなので、

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
あのぜひ、自分のためにも実践していただきたいのですが、

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
お父さんに対してのお・・一番・・あなたに、表現してもらいたいのが、

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
お父さんと・・こういう関係なのは、僕、悲しいんだっていうようなことなんですよね。

相談者:
うんうんうん

田中ウルヴェ京:
実は・・人が、悲しいとか、寂しいって思う裏側は、

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
愛されたいってことなんですね。

相談者:
うーん、そうか、はい

田中ウルヴェ京:
だそれを、もしもあなたが、やあそりゃあ、い、一人しか父親っていないしい、僕にとってはこの状況凄く悲しかったんだ。

相談者:
うん

田中ウルヴェ京:
のような・・

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
ご自身の感情の話をすると、

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
実はあ、お父さんのせいにならないんです。

相談者:
うん

田中ウルヴェ京:
よくね、人ってその・・うんとお、お父さんのせいでイラついたんだとか、お母さんのせいで、落ち込んでるんだみたいに、人は言うんですけど、

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
人間の感情って、自分が勝手に作ってるに過ぎないので。

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
ホントの感情ってこんなふうに出すんだみたいなことをお・・あなたがやれるとお・・少しは突破口にはなるかもしれません。

相談者:
なるほど。

田中ウルヴェ京:
悲しいとか、寂しいとか、ホントは・・お父さんのことありがたいと思ってるんだとかあ、

相談者:
うん

田中ウルヴェ京:
その、できるだけ、感情って実は凄く大事なことなんだっていうことを、あなたとか妹さんとか・・みんなでえ・・

相談者:
はい

田中ウルヴェ京:
こう、出して、少しはその、感情の大事なことが分かるといいんですけどねえ。

相談者:
そうですね。

田中ウルヴェ京:
うーん

相談者:
一回努力してみます。はい

田中ウルヴェ京:
はい

スポンサードリンク

(再びパーソナリティ)

今井通子:
お分かりいただけましたかあ?

相談者:
はい、分かりました。

今井通子:
はい。まあちょっと・・言ってみれば、お父さんよりあなたの方が、大人になるっていうことですよね。

相談者:
そうですね、あはは(笑)

今井通子:
うん

相談者:
そういうことですね、はい

今井通子:
うん。でも、あなたのそのお・・今まで人生の中でやって来たこと?

相談者:
はい

今井通子:
うん。それに自信を持っていいと思うのでえ、

相談者:
はい

今井通子:
大人になって・・お父さんも癒してあげるって・・

相談者:
そうですね

今井通子:
できるかもしれない。

相談者:
ちょっとそれを、ちょっと楽しみに、やってみたいと思います。

今井通子:
そうですね

相談者:
はい

今井通子:
はい。それじゃそういうことで。

相談者:
はい。ありがとございます。

今井通子:
はい、よろしくう。

相談者:
はい

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。