3歳で母、16で父に捨てられた孫娘を生き返らせたのは祖母じゃなく担任


テレフォン人生相談 2017年9月13日 水曜日

高校生の孫と2人暮らし。来年卒業予定なのに10か月前から不登校で進路も決まらない。

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 大原敬子(幼児教育研究家)

相談者: 女69歳 夫とは死別 高3の孫娘と二人暮らし 長男42歳 15年ほど前に離婚して同居していた39歳の次男は2年前に再婚して孫娘を置いて出て行った。

今日の一言: 人は苦悩することで成熟していきます。

スポンサードリンク

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
あ、はい

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です

相談者:
はい、よろしくお願いいたします

加藤諦三:
はい、最初に年齢教えてください

相談者:
69歳

加藤諦三:
69歳、結婚してます?

相談者:
はい

加藤諦三:
えー、ご主人何歳ですか?

相談者:
もう他界しまして、

加藤諦三:
あ、そうですか

相談者:
はい

加藤諦三:
すと、今はお一人で暮らしてんの?

相談者:
18歳の孫と暮らしてます

加藤諦三:
はい、この18歳のお孫さんっていうのは、

相談者:
はい

加藤諦三:
なん番目のお子さんの子どもですか?

相談者:
2番目の、

加藤諦三:
お子さんは何人いるんですか?

相談者:
ふた、二人です。

加藤諦三:
二人?
何歳ですか?

相談者:
えー、42歳と39歳です

加藤諦三:
で、この18歳のお孫さんってのはどちらのお子さん?

相談者:
はい、あの、下の、39歳の子どもです

加藤諦三:
あ、そうですか。
この39歳の子どもは男の子女の子?

相談者:
男です、すいません

加藤諦三:
男の子、で、42歳は?

相談者:
も男です

加藤諦三:
あ、両方とも男の子ね?

相談者:
はい、わたしい、は、男の子二人なんですう。

加藤諦三:
はい

相談者:
で、次男が、18歳の、孫が、3歳のときに、

加藤諦三:
はい

相談者:
離婚しまして、わたしに、あのお、預けたんです

加藤諦三:
はい

相談者:
だから、15年前から、

加藤諦三:
はい

相談者:
いっ、3人で暮らしてまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
で、二年前に、次男が、再婚しました。

加藤諦三:
はい

相談者:
そこから二人い、暮らしです。

加藤諦三:
はい

相談者:
長男は、もお、あの、出てます。

加藤諦三:
はい

相談者:
家から出てます、はい

加藤諦三:
はい

相談者:
で、来年、高校3年生を卒業するにあたりまして、

加藤諦三:
この18、今18歳の、お子さんね?

相談者:
孫、はい

加藤諦三:
はい

相談者:
進路というのがハッキリしてなくて、

加藤諦三:
はい

相談者:
はい、卒業してから自分が何をしたらいいのか?が、見つけられなくて、

加藤諦三:
はい

相談者:
それで、一年前、に、少し学校・・行けてなくて、登校拒否だったんです。

加藤諦三:
はい

相談者:
そして、このお、

加藤諦三:
どのくらい続きました?、その不登校が。

相談者:
約、10ヶ月くらいです

加藤諦三:
約10ヶ月、はい

相談者:
はい
学校には問題なくて、イジメがあるとか、

加藤諦三:
はい

相談者:
そんなんじゃなくて、

加藤諦三:
はい

相談者:
あのお、居場所がないということで、自分は。
両親は両方とも結婚してしまって、

加藤諦三:
はい

相談者:
わたしは生きててもしょうがないっていうことで、少しウツみたいになりまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
「学校なんか行きたくない」(苦笑)っていうことで。

加藤諦三:
はいはい

相談者:
はい
で、あの、夕方まで寝てて夜中起きてるというようなことで、もう、ずうっと10ヶ月間、はい

加藤諦三:
はい

相談者:
そんなあ・・だったんですが、

加藤諦三:
はい

相談者:
二学期から、あの、学校の先生に説得されまして、

加藤諦三:
うん

相談者:
行くようになりました

加藤諦三:
あはあ
で、その学校の先生は、あの、自宅に来てくれてたんですか?

相談者:
そうです

加藤諦三:
はいはい

相談者:
はい、はい

加藤諦三:
担任の先生かなんか?

相談者:
はい、そうです、はい

加藤諦三:
ふうん、はい

相談者:
はい、でえ、やっぱり、行かなきゃいけないということで、

加藤諦三:
うん

相談者:
人間が変わったように、あのお、元気に行くように、なりました。

加藤諦三:
はい

相談者:
娘を育ててないだけに、

加藤諦三:
うん

相談者:
孫が初めての女の子なんで、

加藤諦三:
うん

相談者:
ま、同性いうこともあるんですが、どうも、やっぱり、こう、躾というのがなかなか、出来なくて、

加藤諦三:
うん

相談者:
でえ、本人も、そのお、お婆ちゃんには言われたくないというか

加藤諦三:
はいはい

相談者:
はい
ちょっとこう、やっぱり、あの、構えるところがありまして、

加藤諦三:
うん

相談者:
でま、ま、自由気ままっていうんですか、なんか、たぶん他所さんだったらこういうことは叱るだろうなあ、っていうようなことも、

加藤諦三:
うん

相談者:
叱れなくて、

加藤諦三:
うん

相談者:
はい

相談者:
で、ま、来年卒業しまして、

加藤諦三:
うん

相談者:
あのお、ま、学業終えてえ、社会に出たときに、

加藤諦三:
うん

相談者:
このままで、いいのかだろうかどうか?

加藤諦三:
うんうん

相談者:
はい
でえ、ま、一人暮らししてみたいとかも言ってるんですが、

加藤諦三:
はい

相談者:
どういうふうに、アドバイス、これから、

加藤諦三:
あ、今、ひと、あのお、高等学校卒業したら一人暮らししたいというふうに、

相談者:
したい、

加藤諦三:
言ってんですか?

相談者:
とかは言ってるんですがあ、

加藤諦三:
はい

相談者:
たぶん、出来ないだろうな、(苦笑)お金がないから出来ないだろうなとは言ってるんですがあ、

加藤諦三:
はい

相談者:
どういうふうに接していったらいいのかあ?

加藤諦三:
うん、先ほど、その、何をしたらいいか?分かんない、進路がハッキリしないって言いましたけれども、

相談者:
はい、はい

加藤諦三:
本人自身はどういうふうに言ってんですか?

相談者:
アルバイト、しようかな?と。
たぶん、

加藤諦三:
要するにあのお、高等学校卒業して、

相談者:
はい

加藤諦三:
就職しよう・・って言ってるわけですよね?

相談者:
そうです

加藤諦三:
じゃなくて、会社にちゃんと勤めるんじゃなくて、アルバイトをした方がいいという言い方ですか?

相談者:
そうなんです。
それは、

加藤諦三:
うん

相談者:
ちょっと身体が弱くて、

加藤諦三:
うん

相談者:
小さい頃から、少し弱くて、

加藤諦三:
うん

相談者:
あ、自分はもう、あの、「病気持ちなんだあ」というのが、

加藤諦三:
はいはい

相談者:
あのお、ま、それは本当なんですが、

加藤諦三:
はい

相談者:
どうしても朝が起きれないという、うう、父親は、それはヤル気がないからだ(苦笑)と言ってしまうんですが、

加藤諦三:
うん

相談者:
夜が、遅いから、朝起きれないっていう、ほどでもなく、やっぱり、登校拒否の間も、夕方まで寝てたとか、

加藤諦三:
うん

相談者:
やっぱり、いいことがなくて、

加藤諦三:
うん

相談者:
でえ、

加藤諦三:
うん

相談者:
今は、起きて行ってますけども、

加藤諦三:
うんうん

相談者:
また卒業しましたらあ、アルバイトしようかなあ、と言いながら、またズルズルと行かない、そのままいってしまうような気もしますしい、

加藤諦三:
うん・・
それで、そのお、

相談者:
ただやっぱり、

加藤諦三:
さ、先ほどの話だと、2年前に再婚してえ、

相談者:
はい

加藤諦三:
そして、お婆ちゃんの方と一緒に暮らしていて、この、あのお、お父さんの方と、

相談者:
はい

加藤諦三:
一緒に何で暮らさなかったんですか?

相談者:
孫が、気を使うので住みたくないと。

加藤諦三:
ということは、その、お父さんが、ま、新しい女性と結婚して、

相談者:
はい

加藤諦三:
ま、そっちの方に行くのは、自分、が嫌だったということですか?

相談者:
はい
どこかに、心のどこかに、あの、お父さんを取られたというのが、

加藤諦三:
あ、あるでしょうね。

相談者:
あったようです、はい

加藤諦三:
心、心のどっかじゃなくて、もう、

相談者:
あります、はい

加藤諦三:
うん、どお、うん、ど真ん中にあんじゃないですか?

相談者:
はい

加藤諦三:
うん・・

相談者:
(苦笑)ど真ん中にあり、あります、はい

加藤諦三:
ええ、はい

相談者:
それが登校・・学校に行けない・・大きな原因の一つだと思います。

加藤諦三:
うん、大きな原因の一つと言うよりも、それが原因ですよね?

相談者:
ああ・・

加藤諦三:
それで今あ、は、とにかくう、

相談者:
はい

加藤諦三:
元気になったわけですね?

相談者:
そおです

加藤諦三:
ただ、今日のあなたの相談というのは、

相談者:
はい

加藤諦三:
この、来年卒業して、

相談者:
はい

加藤諦三:
で、この先この子が大丈夫だろうか?と。

相談者:
はい

加藤諦三:
どういう形で指導したらいいか?っていうことですね?

相談者:
はい、そうです

加藤諦三:
そういうことですね?

相談者:
はい

加藤諦三:
はい、分かりました。

相談者:
はい

加藤諦三:
今日はあの、スタジオに幼児教育研究の大原敬子先生がいらしてんので、伺ってみたいと思います。

相談者:
はい、よろしくお願いします

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。