遅れて来た反抗期。息子46が連れて来たハデで嘘つきで態度がデカい留学生40歳


テレフォン人生相談 2017年11月30日 木曜日

次男は中国人女性との結婚を望んだが、反対したところ絶縁状態に。終活を考える今、関係を修復したい。

パーソナリティ: 柴田理恵
回答者: 大迫恵美子(弁護士)

相談者: 女75歳 夫79歳 長男49歳家庭持ち 現在音信不通の次男46歳 独身

スポンサードリンク

柴田理恵:
もしもしい?、テレフォン人生相談です。

相談者:
こんにちはあ

柴田理恵:
こんにちは、今日はどんなご相談ですか?・・はい

相談者:
次男の、ことなんですけれども、

柴田理恵:
はい

相談者:
結婚を反対しましたら、

柴田理恵:
はい

相談者:
今、疎遠になってますので、

柴田理恵:
はい

相談者:
それを何とか、元通りに、直したいな・・と思って、

柴田理恵:
うん

相談者:
ちょっと、あの(苦笑)お尋ねしたいなと思いまして。

柴田理恵:
はい。えとあなた今、おいくつですか?

相談者:
えーと70・・5です。

柴田理恵:
5歳・・旦那様はいらっしゃいますか?

相談者:
主人が79です。

柴田理恵:
あ、79歳、はい

相談者:
はい

柴田理恵:
息子さんー、は、おい、あ、次男さんは、おいくつなんですか?

相談者:
次男が46です。

柴田理恵:
46、って事は、あの・・

相談者:
えっと・・

柴田理恵:
お兄さん・・

相談者:
上に、

柴田理恵:
うん

相談者:
49の兄がおりますけれども、

柴田理恵:
んーはい

相談者:
兄はあの、結婚して、

柴田理恵:
うん

相談者:
別に、住んでおります。

柴田理恵:
はい。えっと、じゃ、お子さんはお二人だけですか?

相談者:
そうですう。

柴田理恵:
ふーん。じゃ、次男さんが中々、結婚しないから、やっぱお母さんとしてはヤキモキしてらっしゃるっていう・・

相談者:
フフ(苦笑)・・ま・・

柴田理恵:
ところだったんですね?

相談者:
はい

柴田理恵:
うん

相談者:
ですので、

柴田理恵:
はい

相談者:
ま、あのお、主人も、半分は、許そう、と思って・・

柴田理恵:
うん

相談者:
わたしもはん、半分は・・あの中国、人の女性だったんですけれども。

柴田理恵:
ああ・・結婚しようって思われたのが、中国の女性なんですか?

相談者:
そうなんです。

柴田理恵:
はいはい

相談者:
それでえ・・

柴田理恵:
うーん

相談者:
え、なんのちょっと反対して。

柴田理恵:
うーん

相談者:
ま、国民性の違いというのか。

柴田理恵:
うん

相談者:
その、中国の女性が、◆#、家に泊まりに来たんですけれども、

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
あのお・・お、ん全く態度が大きいというのか。

柴田理恵:
あー(苦笑)

相談者:
理解出来ないような(苦笑)

柴田理恵:
あー

相談者:
態度しますので。

柴田理恵:
あーん

相談者:
どちらかというと、

柴田理恵:
うん

相談者:
反対だなと思ってたけれども、

柴田理恵:
うーん

相談者:
あーの主人は、まあ、
「外国人と・・」

柴田理恵:
うーん

相談者:
「結婚する人はいっぱいいるから、いいんじゃないか」って・・

柴田理恵:
うーん

相談者:
主人は、あの、どちらかというと(苦笑)

柴田理恵:
うんうん

相談者:
ま、許す、ん、関係、え、だったんですよね。

柴田理恵:
あーなるほど・・その女性とはどこで知り合われたんですかね?

相談者:
あの、それも聞いてません。

柴田理恵:
あーあ

相談者:
あの、息子自体が、おとなしい子ですので、

柴田理恵:
うん

相談者:
口数、が少ない子ですので、

柴田理恵:
うーん

相談者:
あんまり詳しくは聞いてなかったんですよね。

柴田理恵:
うーん

相談者:
で、あのお・・

柴田理恵:
うん

相談者:
「留学生で来てた」って言いましてね。

柴田理恵:
ああ、はいはい

相談者:
それ、それがあの・・

柴田理恵:
うん

相談者:
私立う、大学の、

柴田理恵:
はい

相談者:
あー・・あんまりいい、大学じゃないんですよね(苦笑)。

柴田理恵:
ん(苦笑)

相談者:
それで、

柴田理恵:
うん

相談者:
あのお・・年齢が・・かなり上なんですよね。40歳ぐらいです。

柴田理恵:
あーは、は、は、は、じゃま・・年のつり合いとしてはそんなにす、ね?

相談者:
ええ

柴田理恵:
離れてる感じでもないんですね?

相談者:
そうですね。

柴田理恵:
うんふんふんふんふん

相談者:
でも、あのお、話を聞いてると、

柴田理恵:
うん

相談者:
あの、嘘っぱちがおー(苦笑)多くって。

柴田理恵:
「嘘っぱち」、うん

相談者:
嘘って、うん、嘘っていうのは、

柴田理恵:
うん

相談者:
「毎、日」あの、

柴田理恵:
うん

相談者:
「お母さんに電話する」とか言・・ってるんですよね。

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
あの、海外に、電話、なんですよね。

柴田理恵:
うんうんう・・

相談者:
で、え?、留学生で、毎日できるかしら?と思ったり。

柴田理恵:
うん

相談者:
で、留学したら、あのお、
「学費は、家から送ってもらうんですか?」って・・聞いたら、

柴田理恵:
うん

相談者:
あの、
「いや、バイトで、自分でやってます」って。

柴田理恵:
うん

相談者:
「どんなバイトしてるんですか?」(苦笑)って聞いたら、

柴田理恵:
うん

相談者:
「お魚あ、の、市場へ行ってる」とか。

柴田理恵:
うん

相談者:
そんなのでえ・・

柴田理恵:
うん

相談者:
えー・・あの月謝だせるかな?と思って、

柴田理恵:
うーん

相談者:
で、ちょっと理解できなかったし、

柴田理恵:
うーん

相談者:
それから、兄弟の話になりまして、

柴田理恵:
うん

相談者:
で・・4人兄弟で、

柴田理恵:
うん

相談者:
でえ・・えへ(苦笑)あの、
「男の子は値段がいい」っていうんですよね。

柴田理恵:
ふん

相談者:
で、わたし理解ができなくって、

柴田理恵:
うん

相談者:
「え?・・『男の子が値段がいい』ってどういうこと?」・・

柴田理恵:
うん

相談者:
って聞いたら、

柴田理恵:
うん

相談者:
「男の子は労働力になるから値段がいい」って言うんですよね。

柴田理恵:
うんうんうん・・

相談者:
で、え!?、これ、あの、人身の売買の事かしら?(苦笑)と思って、ビックリしちゃったんですけどね。

柴田理恵:
うん・・

相談者:
あ・・

柴田理恵:
多分、違いますよね?へへへ(笑)

相談者:
あははは(笑)

柴田理恵:
多分あのお・・賃金の事じゃないかなあ?

相談者:
あ、賃金かしら?・・うん

柴田理恵:
普通に聞いてると、そう思うけどお・・違いますかねえ?

相談者:
あー

柴田理恵:
そんな・・自分が結婚しようと思うお母さんに・・

相談者:
ええ

柴田理恵:
人身売買の話するかな?普通(笑)

相談者:
ああ

柴田理恵:
うん

相談者:
ちょっと、あの、そんなことがあって、わたくしは、あんまり賛成できないけれども、

柴田理恵:
うーん

相談者:
ま・・あのお、年が年だし本人さえ良ければと思ってそのまま放っといたんです。

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
で、ま、一応・・兄は反対でしたので、

柴田理恵:
はい

相談者:
で・・
「あまり良くない」っていう事だけは・・

柴田理恵:
あ・・

相談者:
伝えて。

柴田理恵:
ご長男さんは・・反対してらっしゃるんですね?

相談者:
え、絶対にもう、反対なんですよ。

柴田理恵:
あー、それは何故?

相談者:
見た目はやっぱり・・

柴田理恵:
うん

相談者:
パッと見は、反対ですね。えへへ(笑)

柴田理恵:
ほう、えと・・それは・・

相談者:
真っ赤な服着て真っ赤な、あ、靴履いて、

柴田理恵:
うんー

相談者:
え?っていう感じなんですよね。
で、髪は、ま、茶色に染めてましたけど。

柴田理恵:
ちょっと見た目が派手なんですね?

相談者:
あ、そうです。

柴田理恵:
うーん

相談者:
で、そんなんで分からないような事が多くって、

柴田理恵:
うん

相談者:
で(苦笑)あのちょっと、待ったを、お、掛けましたら息子が怒ってしまって、

柴田理恵:
うん

相談者:
そのまんま、あの、連絡が・・つかないんですよ。

柴田理恵:
あ、今もう全然、その次男さんとは、

相談者:
はい

柴田理恵:
連絡つかないんですか?

相談者:
はい、それで、あの、わたくしも心配ですので、

柴田理恵:
うーん

相談者:
時々は、メールで、「元気ですか?」とか、

柴田理恵:
うんうん

相談者:
あの・・ま、「お野菜食べなさいよ」とか、

柴田理恵:
うん

相談者:
そんなメールを、しましたけど、

柴田理恵:
うん

相談者:
あ、返事は返って来ません。

柴田理恵:
うーん

相談者:
それでえ、あのお、ん、あ、家を、訪ねて行きました。

柴田理恵:
うん

相談者:
そして、おりましたけど、やっぱり
「忙しいから」つってあの中には入れてくれなくて、

柴田理恵:
うーん

相談者:
ま、顔だけ見て、

柴田理恵:
うん

相談者:
で、じゃ、「もう一度行きます」ってメール出したんですよね、

柴田理恵:
うん

相談者:
そしたらあの(苦笑)
「もう来ないで下さい、放っといて下さい」っていう、メールが来まして、

柴田理恵:
うーん

相談者:
「あんまり来ると引っ越します」っていう、ふふ(苦笑)

柴田理恵:
あー

相談者:
そういうメールが来まして。

柴田理恵:
その女性と一緒に暮してるっていう可能性はないんですか?

相談者:
あ、多分んー・・一緒じゃないと思いますけれど。

柴田理恵:
ん?、一緒じゃないんですか?もう。

相談者:
あ、はい、と思います。
あの2年ぐらい前に・・

柴田理恵:
うん

相談者:
心配しまして、

柴田理恵:
ええ

相談者:
結婚しちゃってるんじゃないかな?と思って心配しまして、

柴田理恵:
ええ

相談者:
戸籍い、抄本ですか?謄本ですか?

柴田理恵:
はい

相談者:
あの、それを取り寄せたら、

柴田理恵:
うん

相談者:
まだ、全然変更がなかったので、

柴田理恵:
うん

相談者:
あ、前のまんまだなっていうの、お・・ま、あの、分かりましたけれども。

柴田理恵:
うーん・・あの、籍とかは入ってなくても。あの一緒に暮してるとかって事もないわけですか?

相談者:
うーん、それが見に行ってなくて、こういう風に、「来ないで下さい」なんて、ひ、「来たら引っ越しします」なんて、あの、メールが来たもんですから、

柴田理恵:
うーん

相談者:
ま、年も年だから放っといたら、いいのかなと思ってずーっと、もう、あの、そのままに、してありますけれども、

柴田理恵:
うーん

相談者:
わたしどもも、あの(苦笑)年が取って来まして(笑)

柴田理恵:
うーん

相談者:
それで、あの
「終活、終活」なんて言うんですけど、

柴田理恵:
うーん

相談者:
は、まず第一に・・終活でえ・・片付けなきゃいけないのは、この息子との関係だなと思って、

柴田理恵:
うーん

相談者:
あの、

柴田理恵:
そうですねえ。

相談者:
このところ、はい

柴田理恵:
そうですよね。

相談者:
はい、息子お、と、んー前通りにあの、時々話(はなし)して、

柴田理恵:
うーん

相談者:
時々食事してっていう・・

柴田理恵:
うーん

相談者:
うー、のがしたいなと思・・って悩んでます。

柴田理恵:
うーん。その、もし、元通りにするためには、

相談者:
はい

柴田理恵:
息子さんの思うようにしなきゃいけないっていう・・ことになっても、我慢できますか?

相談者:
あ、我慢しなきゃ仕方がないと思ってます。

柴田理恵:
うーん

相談者:
はい、我慢します。

柴田理恵:
・・分かりました。

相談者:
あはーい

柴田理恵:
じゃちょっと・・先生に聞いてみましょうかね。

相談者:
あはい

柴田理恵:
はい、えー今日の、えー回答者の先生は、弁護士の大迫恵美子先生です。先生お願いします。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


「遅れて来た反抗期。息子46が連れて来たハデで嘘つきで態度がデカい留学生40歳」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。