できる息子の様子が家と学校で違うことが心配な母。でも息子の動機はただ一つ


テレフォン人生相談 2014年8月18日 月曜日

相談者: 女45歳 夫47歳 長男14歳 長女11歳 次女9歳

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者:  大原敬子(幼児教育研究家)

今日の一言: 目に見えないものを信じる人は立ち上がる力のある人です。
(今日の一言とは加藤氏が最後にいう言葉です。)

スポンサードリンク

相談者:
長男は、まじめで、学校では、明るく、ムードメーカー、成績優秀。

ところが、家では、落ち込みが酷く(ひどく)、泣いたり、くやんだり、じんましんになったりする。
私の前だけでそうなので、まわりのお母さんたちに言っても信じてもらえない。

(息子の)性格的なものなのか、心配。

加藤諦三:
関係ないこと聞くようだけど、あなとご主人との関係は?

相談者:
主人は、相談にのってくれるタイプじゃなく、(夫を頼るのを)もうあきらめている。
キライじゃないけど、頼りにならない。

加藤諦三:
諍い(いさかい)はないということですね。

相談者:
そうですね。

加藤諦三:
あなたから見て、みんなに気に入られようとして、頑張っている痛々しさとかいうことは・・、

相談者:
感じます。頑張りすぎてるんじゃないかと。

加藤諦三:
落ち込むと、引きずる・・

相談者:
いえ、そのときだけなんです。

加藤諦三:
また、明るく元気に。
家ではどうですか?

相談者:
物静か。

加藤諦三:
泣いたりというのは、落ち込んだときにということですね。

相談者:
はい、成績が出なかったときとか。

加藤諦三:
成績とかは、周りが感じるよりも本人にとっては重要でしょうからね。

相談者:
あ、そうですね。

加藤諦三:
というと、家庭では、学校で明るいことが想像できないと。

相談者:
そうです。
家庭訪問がありますよね。
息子も横に座らせるんですが、先生からは、
「静かだね、学校とは全然ちがうねー。」
と毎年言われる。

それが二面性っていうか・・、
主人に話すと、
「(家庭は)落ち着く場所だから、気にしなくていいんじゃない?」
と。

相談者:
あなた、二重性格と言ったり、彼(息子)が周りから見るのとは、違うように見えるんですよね。

彼が、学校でムードメーカーであったり、ここまでする目的はなんだと思いますか?

相談者:
親に良く思われたいからとかですか?

加藤諦:
うん、周りからの賞賛が欲しいからですよね。
認めてもらいたいから。

あなたは、どういう子であって欲しいと思っているわけ?

相談者:
多くは望んでいなくて・・、素直で、

加藤諦三:
うん、あなたの言う、その素直ってとこなんでしょうね。

家では、素直そうに、めそめそしたり、落ち込んでたりしていた方が注目を得られるんですよ。

相談者:
家で発散しているってことなんですか?

加藤諦三:
じゃなくて、家と学校とは違うっていうけれども、違うのは行動であって、その動機は、家も学校も同じということなんです。

相談者:
動機は同じ・・?

加藤諦三:
先生が「違う」って言ったのも、行動が違うっていうだけで、本人はまったく同じ動機だと思いますよ。

相談者:
同じ動機なんですか?

加藤諦三:
さびしいんですよ。
寂しさが原因なんです。

相談者:
あー。

加藤諦三:
なんでそんなに寂しいんだろうな、ということなんです。

相談者:
私は何をしたらいいんですかね?

加藤諦三:
そこらへんをしっかりと考えないといけないと思う。

スポンサードリンク

(回答者に交代)

大原敬子:
泣く、悔やむ、弱音、どういうとき?

相談者:
成績が悪かったときとか、

大原敬子:
悪いってのは、あなたの評価ですよね。
泣くっていうのはどういう風にとらえているのか、しくしく、えんえん、涙がにじみ出たのか。

相談者:
しくしく・・。

大原敬子:
見たのね、で、あなた、なんて言ったの?

相談者:
塾の評価で、本人はAかB、Bぐらいだと思っていたんですが、Dだったので。
私は、「まだ始まったばかりじゃない」と言って励ました。

大原敬子:
そうしたら?

相談者:
黙って聞いてました。

大原敬子:
悔やむってのは、どういうときに悔やむって、とった(解釈した)んですか?
彼が「悔しい」言ってきたの?

相談者:
いえ、私がそうとったんです。

大原敬子:
そうですね。
弱音は?

相談者:
責任感が強いのか分からないんですけど、クラスをまとめられなくて、級長なんかやらなきゃよかったと・・

大原敬子:
それを弱音と、とったんですよね。

相談者:
そうです。

大原敬子:
じんましんは分かります。事実ですから。

あのね、このお子さんはすごいですよ。
何も問題なくて、精神的にも自立してて、感受性豊かなんです。

学校とは違うわね、って、それ普通じゃないですか?

大原敬子:
主人もそう言うんです。

大原敬子:
お客様として先生をお迎えするんでしょ。
マナーとして、礼節を知ってるお子さんですよね。

しくしく泣いてたんですよね。
成績が悪かったことを自分自身で受け止めようとしている、その精神力を褒めるべきじゃないでしょうか。

まだ先のことよ、っていいましたよね。
この子にとっては、その都度大人の評価があるわけですよ。
「これで、つらいの?
じゃぁ、これまで、もっとつらいことがあったのよね?
ごめんね、お母さん気づかなかったわね。
でも、○○ちゃん精神力強くなったわね」って。

人間が強く生きるのは、見えるものを信じるんじゃなくて、見えないものを信じることなんですよね。

成績が悪かったことを抱え込んでますよね、でもそれを認めてるんですよね。
それを褒めてあげる。
泣くってことが必要なんだと、それってすごく大事。

心がからっぽになったことのない子は土壇場にダメ。
パニックになる。
心がいっぱいというのは、いつも100点を求める親。
休まる時間がない。
今がいっぱい、いっぱいで走ってる。

相談者:
私、そんなに点数にこだわってるつもりはないんですけど。
息子はそう捉えてるってことなんですよね?

大原敬子:
その結論、言っちゃっていいですか。
じんましんです。
その次はパニックで真っ白になるんです。

親に見せる顔と、親に見せない顔がある。
その環境が同時に集まったとき、どっちの顔をしていいか分からない。
パニックになるんです。

泣く、悔やむ、家庭訪問、事実を見ていないんです。
あなたの都合のいいところしか見ていない。
都合の悪いところはみていないでしょ。

そんなに追いつめていませんけどって、相当追いつめていますよ、これ。
だから泣くんです。
彼は親が求める子を演じていて、苦しいんだろうなって同情します。

泣いたときは、その気持ちを汲んであげて、無言でおいしいものを用意してあげること。
朝起きたときに、「寝れた?」
顔の表情だけは見てほしい。
目ですね、目。目に一番よく出るんです。

これを続ければ、彼は自分で立ち直ります。

ですが、

今日のあなたの相談は、あなたの不安の感情。
それはご主人との関係では?

相談者:
そうかもしれないです。

スポンサードリンク

(再びパーソナリティ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。