一体何が?農家の跡継ぎ37歳が組合旅行からPTSDになって帰って来た


スポンサードリンク

(再びパーソナリティ)

ドリアン助川:
もしもしい?

相談者:
はい

ドリアン助川:
ご長男の奥さんと、

相談者:
はい

ドリアン助川:
お嫁さんと話をする機会というのは、あまりないんですか?

相談者:
いえ、すぐ傍に、いるので、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
え、それは、できると思います。

ドリアン助川:
そうですか。

相談者:
はい

ドリアン助川:
でも、あのお、まずは根気よくやられてくださいね。

相談者:
はい、ありがとうございます。

ドリアン助川:
はい、失礼します。

高橋龍太郎:
はい、お大事にい。

相談者:
はい、どうも、すいません。

スポンサードリンク

(内容ここまで)

楽しい楽しい研修旅行。

暴露してやんの
(笑)

そういうことにしとかないと補助金使えないもんね。
ま、こういうのはどこの世界にもある話だけどさ。

でさ、
ひょっとしてその研修、女性の参加者は一人も居なかったんじゃない?
そら、お母さん、そこで起きたことなんて、誰もあんたに本当のことなんて言えんよ。

パニオン呼んでるんじゃないの?
息子さん、無理やり野球拳やらされて、アソコを衆目に晒されたとか。

いや、農協の旅行っていう響きだけで、アタシの偏見なんだけど。

 

エクスポージャ法ねえ。
あえてトラウマの原因に近づかせて、慣れさせ、乗り越える。

そういや、「まんじゅう怖い」っていう落語があったな。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。