昔の2人には戻れない。連れ子抱えた女とキャパを超えてしまった元カレ


スポンサードリンク

(回答者に交代)

三石由起子:
はい

相談者:
よろしくお願いします。

三石由起子:
あのお、前の夫と、別れる時にですねえ?

相談者:
はい

三石由起子:
えーと、まとまったお金、なんかは、いただいた?

相談者:
ま、保険だとか貯金だとかは、みんな半ぶっこして別れました。

三石由起子:
あー、そうですか。

相談者:
はい

三石由起子:
でえ、えーと、養育費は?

相談者:
あ、養育費は、今、あの、月々、いただいてます・・

三石由起子:
あ・・そうですか。

相談者:
子どもが、大学出るまで。

三石由起子:
あー、それは良かったです。

相談者:
はい

三石由起子:
はい

相談者:
はい

三石由起子:
あ、それは良かったです。

相談者:
あ、はい

三石由起子:
あのねえ?

相談者:
はい

三石由起子:
えーとお・・男っていうのは・・

相談者:
はい

三石由起子:
仕事が、ある程度出来てね?

相談者:
はい

三石由起子:
好きな女を・・

相談者:
はい

三石由起子:
養って行ければ・・

相談者:
はい

三石由起子:
これ大威張りっていうかさ、

相談者:
はい

三石由起子:
ね?、あの自信も、持てるし、

相談者:
はい

三石由起子:
自分がエリートだっていう、

相談者:
はい

三石由起子:
こう、何ていうか、錯覚う、じゃないけどさ。

相談者:
はい

三石由起子:
そんな・・プライドもね?

相談者:
はい

三石由起子:
持てるんですよ。

相談者:
はい

三石由起子:
ところがね?

相談者:
はい

三石由起子:
今、彼はそれが持てなくなったのね?

相談者:
はい

三石由起子:
ふと気が付いたらあ・・

相談者:
はい

三石由起子:
自分が、やろうとしてる事がね?

相談者:
はい

三石由起子:
ひょっとすると自分の能力以上の事だっていう事を気が付いちゃったわけですよ。

相談者:
はい

三石由起子:
あのね?・・

相談者:
はい

三石由起子:
仕事が出来てえ、

相談者:
はい

三石由起子:
女を養えれば大威張りだった、ところがね?

相談者:
はい、はい

三石由起子:
いきなりね?

相談者:
はい

三石由起子:
父親として・・

相談者:
はい

三石由起子:
っていうのが出て来たわけね?

相談者:
はい

三石由起子:
でもう1つはさ・・

相談者:
はい

三石由起子:
一家の大黒柱としてというのがね?

相談者:
はい

三石由起子:
しかも、自分の子じゃない子のね?

相談者:
はい

三石由起子:
そういうのが出て来て、

相談者:
はい

三石由起子:
ひょっとしてこれ、自分の能力以上かな?っていう事が・・

相談者:
はい

三石由起子:
気が付いちゃったわけですよ。

相談者:
はい

三石由起子:
でね?、あの、あなたあ、の、あの・・悩みも分かるけど、

相談者:
はい

三石由起子:
ね?、その、再婚の約束をして、離婚したわけよね?あなたとしてみれば。

相談者:
あはい

三石由起子:
でもね?、ちょっとよく考えみたらさ、

相談者:
はい

三石由起子:
そうそう、あの、未練もない夫と・・いい別れ方してるわけね?

相談者:
はい

三石由起子:
「いい別れ方」っていうのは、

相談者:
はい

三石由起子:
あのお・・いただく物はいただいて、

相談者:
はい

三石由起子:
ね?、養育費も・・あの、ある程度・・入れてもらってるっていう・・

相談者:
はい

三石由起子:
ね?

相談者:
はい

三石由起子:
そう、その時にね?、あなたが出来ることっていうのは・・

相談者:
はい

三石由起子:
わたしはね、あなたが出来る事っていうのは自立だと思う。
自立っていう・・

相談者:
・・わたしの自立ですか?

三石由起子:
そうです。

相談者:
はい

三石由起子:
だからあなたが、自分の生活を・・

相談者:
はい

三石由起子:
自分で・・やれるっていう事をね?

相談者:
はい

三石由起子:
まずあのお・・自分でも、思わなきゃいけないし。

相談者:
はい

三石由起子:
彼にそれを見せなくちゃいけないのよ。

相談者:
・・

三石由起子:
でね?・・1人で生きてえ、行かれるかな?ってあなたは・・彼の病気の事を思ったけれども、

相談者:
はい

三石由起子:
実はね、1人だったら生きて行かれるのよ。

相談者:
・・

三石由起子:
それがね?、なんか手かせ足かせえ・・で縛られてるような気がするっていうのはね?

相談者:
あー・・はい

三石由起子:
あなたが原因なんですよ、あなたと、あなたの子どもがね?

相談者:
はい・・はい

三石由起子:
だからね?

相談者:
あ・・

三石由起子:
わたし、こういう時にメールを打ったり、そのお・・

相談者:
はい

三石由起子:
んん、電話を掛けたりして、してもね?

相談者:
はい

三石由起子:
彼には出る能力がないの。出るっていうのはさ、

相談者:
はい

三石由起子:
受け止めて、許容して・・

相談者:
はい・・はい

三石由起子:
上から物を言うっていう事だから、

相談者:
はいはいはい、はい

三石由起子:
それが出来ないんですよ、彼は。

相談者:
はい

三石由起子:
だから、あなたが出来る事を教えます。

相談者:
はい

三石由起子:
あのね?

相談者:
はい

三石由起子:
手紙を書いてね・・

相談者:
はい

三石由起子:
何の手紙を書くかというとね?

相談者:
はい

三石由起子:
わたしはいつまでも・・

相談者:
はい

三石由起子:
待ってますと。あなたの用意が出来るまで待ってると。
しかも・・ね?、しかも、自立してえ・・待っているっていう手紙をね?

相談者:
はい

三石由起子:
覚悟を・・も持って、あなたが書かないといけないと思うね。それとね?

相談者:
・・はい

三石由起子:
その書く時にはね?
・・家賃を出してくれるのはおかしいっていう事を書かなくちゃダメよ。

相談者:
・・

三石由起子:
結婚してないんだもの。

相談者:
・・

三石由起子:
再婚の約束はした。

相談者:
はい

三石由起子:
でも、まだ結婚をして、ないんだよ?

相談者:
はい

三石由起子:
だから・・あなたは・・むしろね?

相談者:
はい

三石由起子:
わたし達の、家賃を出す権利がない。
・・このくらいの事を書かないと、あなたが自立した事にはならないのよ。

相談者:
・・はあー

三石由起子:
だからそういう書き方をすれば・・

相談者:
はい・・はい

三石由起子:
彼は彼の立場が分かるのよ。
何をしなくちゃいけなくてえ・・

相談者:
はい

三石由起子:
何をしなくていいのか?っていう事がね?

相談者:
はい

三石由起子:
彼は頭が今、混乱してると思うの。

相談者:
はい

三石由起子:
自信もお、無くしてるしい、

相談者:
はい

三石由起子:
変な手かせ足かせも、分かんないのよ。がんじがらめになってんだけど、

相談者:
はい

三石由起子:
何をどうすればいいか分かんないで・・

相談者:
はい

三石由起子:
病気になっちゃってるわけですよ。

相談者:
・・あー

三石由起子:
ね?

相談者:
はい

三石由起子:
だからあなたはあ・・

相談者:
はい

三石由起子:
わたしはあ、別に、愛情をね?

相談者:
はい

三石由起子:
失ったわけではないから。そうなんでしょ?

相談者:
はい、はい

三石由起子:
うん、だから、わたしは・・自分で、あの、自立してね?

相談者:
はい

三石由起子:
暮らせますと。子ども達と一緒に、

相談者:
はい

三石由起子:
あなたが用意が出来るまで、いつまでも待ってますと。

相談者:
はい

三石由起子:
それでね?・・いいですか?・・

相談者:
はい

三石由起子:
書く事ね?

相談者:
はい

三石由起子:
家賃は困りますと。

相談者:
はい

三石由起子:
それと・・元の家に戻って下さいと。遠すぎると。

相談者:
はい

三石由起子:
だからわたしは、わたしの生活を立て直していつまでも待つからあ・・

相談者:
はい

三石由起子:
あなたもあなたの心を立て直してから、連絡して下さいと。

相談者:
・・ああ

三石由起子:
うん、これね?

相談者:
はい

三石由起子:
大変だけどねえ?

相談者:
はい

三石由起子:
出来ますよ。

相談者:
・・#$%◆

三石由起子:
うん、それにね?

相談者:
はい

三石由起子:
あの、彼だってそんなあ・・何ていうか、いい加減な人じゃないだろうからあ・・

相談者:
はい

三石由起子:
そこまでのあなたのお、あの、決意を見て取ればですよ?

相談者:
はい

三石由起子:
必ず反応しまよ。

相談者:
・・

三石由起子:
じゃあ、あの、「とりあえず3年待っててくれないか」って言うかもしれないし。

相談者:
はい・・はい

三石由起子:
「ただ」もう、あのお・・「縁は、切りたくないから家賃だけ、どうしても、出さしてくれ」って言うかもしれないし。

相談者:
はい

三石由起子:
うん、それが話し合いじゃない?

相談者:
・・ああ、なるほど・・

三石由起子:
とにかく話し合いをするきっかけっていうの作らなきゃいけないんで、

相談者:
はい

三石由起子:
わたしの覚悟はこれこれ、これですよっていうとこ見せないと、

相談者:
はい

三石由起子:
彼は分かんないですよ?、ホントに。

相談者:
・・あー

三石由起子:
していい事としなくちゃいけない事と、しな、あ、ねえ?

相談者:
はい

三石由起子:
うんもう、ぐじゃぐじゃになってると思います。

相談者:
はあー

三石由起子:
だから、こ、わたしはこのままだと、憎み合って別れるようになる、だろうと思う。

相談者:
あー

三石由起子:
うーん

相談者:
はあ、分かりました。

三石由起子:
うん。わたし今・・

相談者:
はい

三石由起子:
いいアドバイスしてると思うんだけどな。

今井通子:
(笑)

相談者:
あっ、とっても(苦笑)

三石由起子:
うん

相談者:
あもう・・自分の頭の中では、も・・

三石由起子:
うーん

相談者:
出て来ない・・答えだったので・・

三石由起子:
うん

相談者:
ホントにありがたいです。

三石由起子:
うん、頑張んなさい。

相談者:
うん

三石由起子:
頑張れるから。

相談者:
あ・・

三石由起子:
ね?

相談者:
はい

三石由起子:
うん

今井通子:
(笑)

三石由起子:
頑張れると思うな、わたしは。

相談者:
あ、ありがとうございます。

三石由起子:
はい

相談者:
はい。分かりました。

スポンサードリンク

(再びパーソナリティ)

今井通子:
お分かりいただけましたね?

相談者:
はい

今井通子:
という事で、

相談者:
はい

今井通子:
彼を、今、そっとしといてあげて。

相談者:
はい

今井通子:
自分を立て直す時間を作ってあげるっていう・・

相談者:
はい

今井通子:
あなたには考え付かなかった事を・・

相談者:
はい

今井通子:
今・・アドバイスいただいたわけなのよね。

相談者:
はい、はい、ありがとうございます。

今井通子:
これからそれでやってみて・・

相談者:
はい

今井通子:
うん、様子を見て下さい。

相談者:
あ、はい、分かりました。

今井通子:
はい、失礼します。

相談者:
はい。どうもありがとうございまーす。

今井通子:
はーい、ごめん下さい。

三石由起子:
頑張れ、頑張れ。

相談者:
あ、ありがとうございまーす、はい

スポンサードリンク



「昔の2人には戻れない。連れ子抱えた女とキャパを超えてしまった元カレ」への6件のフィードバック

  1. 元彼のために離婚したんだもん
    2人で想い描いた将来を諦めるなんてね
    できないよね〜
    私は色んなもの捨てて飛び込んだ
    今さらダメになって次?46歳の2人の子持ちがねぇなかなか難しいでしょうよ
    鬱じゃなかったらふざけるなって怒りまくるでしょうよね〜冗談じゃ無いわよ
    でも鬱になるんだから真面目ないい人そう

    って元旦那に慰謝料とか請求されなかった?
    こっちもいい人そうだからこっちと元サヤに戻ればいいんじゃない?

    こういう元彼とのメロドラマ的な出会いが離婚まで行くのも珍しいと思うし再婚なんて…考え無しの人間でしかありえない気がするんですがね

    でも元彼なんだよね〜居酒屋出会ったオヤジじゃないんだよね
    私も1人再会を願って居る元彼がいるぐらいだから
    うーむ元彼は危険かも

  2. 家賃出してもらえないと、即困るし、家賃もらいつつ関係修復したかったと思われます。
    経済的に自立する覚悟はないと見た。

  3. 元旦那との攻防戦を知りたい。
    元彼との再会から離婚に至るまでの。

    元彼は、ドラマティックな略奪劇から一転して、その後の現実の重みに耐えきれず押しつぶされたのかな。長い間の自由な独身(貴族かどうかは別として)から突然二人の子持ちになってしまって、自身の創造&想像とはほど遠い、押しつけられた煩雑な日常。選択したとは言え、きついですね。

  4. 年齢を伏せて見ても、ひどい話。
    彼の優しいとこに漬け込んでる。
    天然なのか、歳食ってもなお成長してないのか。
    足枷おばさん、家賃は自分で払おうよ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。