婿が嫌い。「娘は板挟みで辛いと思うんです」言う婆さんがその板


スポンサードリンク

(回答者に交代)

坂井眞:
はい、よろしくお願いします。

相談者:
こっちこそよろしくお願いいたしまーす。

坂井眞:
板挟みになっていると。

相談者:
はい

坂井眞:
夫と、お母さんの板挟みになって一番・・

相談者:
はい

坂井眞:
苦しんでいるから可哀想だなとは思うわけ?

相談者:
はい・・はいそうです。

坂井眞:
で、え、板挟みって、ご自身で、ね?ご自分で言ってらっしゃるけど。
挟んでるのは・・半分はあなた・・ですよね?

相談者:
・・そうみたいですね。

坂井眞:
アハハ(苦笑)、で・・

相談者:
はい、はい

坂井眞:
だから可哀想だと思うなら・・あんまり挟まないようにしないと、娘さん苦しくなるから。

相談者:
そうですね。

坂井眞:
うん、そこんとこは、あの、ちゃんと言ってらっしゃるから、大丈夫だと思うけど・・

相談者:
はい

坂井眞:
忘れないようにした方がいいですよね。

相談者:
あーそうですか。

坂井眞:
ええ、で、そ、それで、終わるわけじゃなくて(苦笑)。

相談者:
はい

坂井眞:
で、あなたから見てとんでもない・・婿さんだと。

相談者:
はい

坂井眞:
でも、銀行員でちゃんと、稼ぎはあるんでしょ?

相談者:
はい・・

坂井眞:
ケチなだけで。

相談者:
だけど、あーそうそう、出さないんですよ。

坂井眞:
お、お金に汚いだけで(苦笑)。

相談者:
はい

坂井眞:
で・・あのお、あなたの説明を聞くと・・ま、「お金に汚い」とおっしゃってたし、言葉の暴力は随分あると。

相談者:
はい・・はい

坂井眞:
で、それだけ聞くと・・なんで娘さんが、お嬢さんが・・その・・男性に惹かれているのかがよく分からないんだけど、

相談者:
はい、あたしも分からんから。

坂井眞:
そ・・でもそういう話(はなし)したでしょ?きっと。
「なんであんな男がいいの?」って、あなたは聞いたんじゃないですか?

相談者:
はい、聞いたけど言わないんですよ。

坂井眞:
言わないの?

相談者:
はい

坂井眞:
・・ま、説明してくれたらもうちょっと話のしようがあるんだけど。

相談者:
はい

坂井眞:
少なくとも、お嬢さんがその男性を気に入って・・

相談者:
はい

坂井眞:
向こうが乗り気じゃなかったのに、とにかく結婚し、しようというところまで・・

相談者:
はい・・はい

坂井眞:
実現したわけでしょ?

相談者:
はい

坂井眞:
でそうすると、お嬢さんはOKだけど・・あなたはその男性は「ダメだ」と・・

相談者:
はい

坂井眞:
いう事だよね?

相談者:
はい

坂井眞:
ま、あなたも「2回結婚」されたって、「してた」っていうからね?

相談者:
はい・・はい

坂井眞:
えー・・

相談者:
親の二の舞踏ましたくないんです(苦笑)。

坂井眞:
え、え、いや、「2回結婚してた」って言うから・・

相談者:
はい

坂井眞:
あ・・それって夫婦の問題って、夫婦が良きゃ、それでいいんじゃないですか?

相談者:
はあ、そうですね。

坂井眞:
あのお・・公務員のお嬢さんはちゃんと仕事をして、

相談者:
はい

坂井眞:
普通に、生活してるんでしょ?

相談者:
はい

坂井眞:
そうすっとそんなにあのお・・お嬢さんが・・あ精神的に何か問題をも、抱えているわけでもないだろうし。
あんまりあのお・・、あなたの・・考えで、頑張り過ぎない方がいいなと思うんですよ。

相談者:
あーそうですか、ありがとうございます。

坂井眞:
あのお・・要するにね・・

相談者:
はい

坂井眞:
こう考えて下さいよ。
「婿と」、「婿とどう付き合って行けば良いですか?」・・

相談者:
はい、はい・・

坂井眞:
っていうご相談なんだけど。

相談者:
はい

坂井眞:
元々その・・おー、お婿さん・・ね?、は・・

相談者:
はい

坂井眞:
あなたとは直接関係ない人じゃないですか?

相談者:
はい

坂井眞:
選んで来たのはお嬢さんですよね?

相談者:
はい

坂井眞:
だから・・たまたま、お嬢さんが結婚したから、あなたの、ま、所謂、義理の息子みたいな立場になったけど、

相談者:
はい

坂井眞:
あなたが選んだわけでもないし、

相談者:
はい

坂井眞:
あなたが、口出せる、話でもないじゃないですか?、もう今の時代は。

相談者:
はあ、はあ、はあ・・

坂井眞:
お嬢さんが選ぶんだから。

相談者:
あーはあ

坂井眞:
え、確かに言葉の暴力がね?、程度を越えたらそりゃ言わなきゃいけない時も・・

相談者:
はい

坂井眞:
あるかもしれないけど、

相談者:
はい・・はい

坂井眞:
まだお嬢さんからSOSもないようだし。

相談者:
はい

坂井眞:
あなたの考えであんまりそこに口出すと、かえって・・

相談者:
はい

坂井眞:
お嬢さんが苦しむから。

相談者:
はい

坂井眞:
そこは、もうこれはしょうがないと。

相談者:
はい、はい

坂井眞:
うん。そうすると、あなたとしては、ま、娘の、旦那さんだから色々言いたくなるのは分かるけど・・元々は・・赤の他人じゃないですか?

相談者:
はい、はい

坂井眞:
で、赤の他人で変な奴だからって一々怒りに行かないですよね?

相談者:
はい

坂井眞:
ご近所さんで、気に入らない人がいるからって・・

相談者:
はい

坂井眞:
「お前態度改めろ」なんて言いに行ったら・・

相談者:
はい

坂井眞:
「なんでそんな事言われなきゃいけないんだ」っていう・・

相談者:
はい

坂井眞:
話になっちゃうじゃないですか。

相談者:
はい

坂井眞:
で、それがあのもっとね?、法律に違反するとかとんでもなく・・

相談者:
はい

坂井眞:
おかしな事やってるんだったら・・言う事もあるかもしれないけど。
元々は他人なんだから・・

相談者:
はい

坂井眞:
で、たまたま、あなたとしては・・こう、何ていうのかな?、ペースの合わない人を、お嬢さんが選んじゃって、

相談者:
はい

坂井眞:
それはあなたにとって悲しい事かもしれないけれども、

相談者:
はい

坂井眞:
これわたしが選んだわけじゃなくて、

相談者:
はい

坂井眞:
元々他人なんで、

相談者:
はい

坂井眞:
あんまりその他人の事にね?

相談者:
はい

坂井眞:
・・口出してもしょうがないよと。

相談者:
はい

坂井眞:
付き合い方としてはだから、ちょっとこう、離れてね?

相談者:
はい

坂井眞:
で、そのぐらいのつもりで行った方が・・あんまり、この、腹は立たないし、

相談者:
はあー、#$%◆

坂井眞:
お嬢さんも板挟みに、合わ、合わないで済むと思うんですけどね。

相談者:
あーはあ、ありがとうございます。

坂井眞:
どうですかね?

相談者:
はい分かりました。

スポンサードリンク

(再びパーソナリティ)

今井通子:
お分かりいただけましたか?

相談者:
はい

今井通子:
・・えーとお、ウフフ(苦笑)・・あなた分かってたでしょ?

相談者:
言われないと、分からーん(苦笑)でした。

今井通子:
フフフ(苦笑)・・で・・もうちょっと言っちゃうと。

相談者:
はい

今井通子:
お嬢さんを、板挟みにしてるのは・・完全にあなただと思います。

相談者:
・・はあ、そうかもしれんですね。ほん・・

今井通子:
何故かっていうとね?

相談者:
はい

今井通子:
お正月の件。

相談者:
はい

今井通子:
向こうから「挨拶に来る」って言ったんでしょ?

相談者:
そうです。

今井通子:
・・だからあなたの言ってる、こと。
あなたが・・えーお婿さんの、を見てる、見、見方が・・間違いだと思う。

相談者:
あーそうですか、はあ、なるほど。

今井通子:
・・会話もろくにしていない、も、お婿さん・・えーお嬢さんが泣いてるところだけ見ているあなたが・・

相談者:
そうです。

今井通子:
お婿さんの人格と、

相談者:
はい

今井通子:
お婿、お婿さん像を、自分でもう勝手に仕立て上げちゃったのよ。

相談者:
はあ、なるほど、ですねえ。

今井通子:
うん・・あなたこれから先、もしかしたらあ・・もっと年取ると、お嬢さんの世話になる場合もあるよね?

相談者:
いや、看てもらわないといけないんですよ。

今井通子:
・・や、「いけないんですよ」じゃなくて。
世話にならなきゃならない・・

相談者:
はい

今井通子:
場合もありますよね?

相談者:
はい

今井通子:
うん・・あ、お一人っ子?・・お嬢さん。

相談者:
いや、上に兄ちゃんがいます、前の、お父さんの子どもが。

今井通子:
なるほど。
ま、多分お嬢さんの方が・・あとで、面倒看てもらうようになる可能性、た、大ですよね?

相談者:
あはい、そうです。

今井通子:
・・それと、そういう時にさ・・結局、お婿さんとあなたが、直接、仲良くならなかったら・・

相談者:
はい

今井通子:
なかなか面倒も看てもらえなくなるよ?

相談者:
そうですね。

今井通子:
うん・・努力しなさい。

相談者:
はい、ありがとうございます。

今井通子:
分かりましたね?

相談者:
はい

今井通子:
はい、じゃ・・

相談者:
はい

今井通子:
失礼しまーす。

相談者:
どうもありがとうございました。


スポンサードリンク



「婿が嫌い。「娘は板挟みで辛いと思うんです」言う婆さんがその板」への1件のフィードバック

  1. 絶望的に性格の悪い相談者
    これで他人との関係が悪くならないわけがない
    義理息子(婿と本人の前でも軽く言いそう)からの数々の恨みも
    無自覚な相談者の行動ありきだろう
    もう一人の息子?や、すべからく人間関係全般にトラブル続出では?
    怒り、攻撃性、無自覚・・
    どっかの血が入ってるのでは・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。