泣く、スネる、構ってちゃん48歳。吹き出す大迫、熱く叱る柴田も最後はお手上げ


スポンサードリンク

(回答者に交代)

大迫恵美子:
あの、ほんとに分かりづらい、ご相談ですよねえ。

相談者:
はあ、すいません

大迫恵美子:
あなた自身はお母さん嫌いなんですか?

相談者:
・・
嫌いじゃないと思いますね。

大迫恵美子:
ん、思いますって、どういうことなんだろ?
嫌いか、嫌い、でないかってことは、普通はね?
あの、さっと、言えるんじゃないですかね?

相談者:
ええ・・
・・
(グスン)
・・

大迫恵美子:
もしもし?

相談者:
ヒクッ

大迫恵美子:
ダイジョブですか?

相談者:
はい
(涙声)すいません
あのお、◆#$%、母親あ、んん、から、なんか、その、絶縁を、されたり、その、告別式に、来ないで欲しいとか・・そういう・・ことを言われ、たら、悲しくなっ・・るんですね。

大迫恵美子:
ま、当然ですよね。

相談者:
(苦笑)

大迫恵美子:
暮れに、お会いになったときに、お話を聞いていたって、おっしゃるんだけど、あなたは一方的に聞き役になっていて、何も言ってないっというふうには思えないんですよ。

相談者:
うーん

大迫恵美子:
あなたは娘さんなんだから・・まあ、娘って、母親と言い合いをするでしょう。

相談者:
言い合いになりますね?

大迫恵美子:
だからそれなりにあなただって

相談者:
うん

大迫恵美子:
お母さんに、あの、強い言葉で言い返してるものがあるでしょ?

相談者:
言い返します

大迫恵美子:
ま、あなたの立場としてはね、向こうから言われたから言い返してるだけだっていうことになるかもしれないですけれど、

相談者:
はい

大迫恵美子:
お母さんの側からするとね?

相談者:
うん

大迫恵美子:
あなたにこんなこと言われたって思うようなことが、やっぱりいっぱいあるんじゃないかと思いますよ。

相談者:
あー

大迫恵美子:
ま、もしかしたら、お母さんの生育歴の中にね、

相談者:
うん

大迫恵美子:
何か問題があって、

相談者:
うん

大迫恵美子:
あのお、娘さんが幸せになることに対して、やっかむようなね、

相談者:
うん

大迫恵美子:
あのお、なにかあるのかもしれませんけど、

相談者:
はい

大迫恵美子:
ただ、わたしがとても気になるのはね、

相談者:
はい

大迫恵美子:
あなたは、もう48歳にもなって

相談者:
はい

大迫恵美子:
この歳でもやっぱり母を許さないんだなあ、っていうのがね。

相談者:
うーん

大迫恵美子:
あなたのお母さんみたいな、お母さん持っている人は、全然珍しくもなくてね、

相談者:
うん

大迫恵美子:
みんな、その、母親の至らない所を挙げつらって、

相談者:
うん

大迫恵美子:
でも、まあ、みんなね、それを乗り越えて、まあ、いつの間にか、ま、これはこういうもんだと。

相談者:
うん

大迫恵美子:
受け入れて大人になって行くっていう過程があるんだと思うんですけど、

相談者:
うん

大迫恵美子:
あなたにはそれがないのがね、

相談者:
うん

大迫恵美子:
わたしは聞いていて、不思議だなあと思って・・

相談者:
そおですね、あのお、わたしはその、絶縁をされたのが5年ぐらい前なんですけど、

大迫恵美子:
はい

相談者:
このお、再婚するにあたって、絶縁してるから、年賀状、送らないで欲しいとか、まあ、色々言われて、たんですけれども、

大迫恵美子:
うん

相談者:
書面で、連絡したんですね。
そしたら、母親から電話が掛かってきて、「書面で連絡するなんて、失礼だ」って言って、また、怒られたんですね。
ちょっと、あの、

スポンサードリンク

(割り込む柴田理恵)

柴田理恵:
先生ちょっとよろしいですか?

相談者:
はい

柴田理恵:
あのね、わたし思うけど、

相談者:
うん

柴田理恵:
あのお、あなた、は、
自分が可哀そう、
自分がこんなことされた、
自分が、自分が、自分が、なんですよ。
そういう人と、話をしてると、お母さんだって、嫌んになる。
たぶん、お母さんとあなたはとってもソックリ。

相談者:
(笑)

大迫恵美子:
フフ

柴田理恵:
だから、やなまんまなんです、お互いに、嫌なところ見続けているんです。
んで、「お母さんが連絡するなと言ったからしませんでした」
そういうことじゃダメなのよ。

相談者:
◆#$%□

スポンサードリンク

(再び大迫恵美子)

大迫恵美子:
あのお、あなたのおっしゃってることね、

相談者:
はい

大迫恵美子:
あのお、なんか筋が通ってるように聞こえるんだけど、実は、なんか、筋が通ってないっていうかね、

相談者:
ああ、はい

大迫恵美子:
さっきの、その、書面で云々も、こう言ったから、こうしたって言うんだけど、

相談者:
うん

大迫恵美子:
「なによ、再婚するなら親のところに挨拶に来るのが当たり前でしょ」っていうね?

相談者:
うん

大迫恵美子:
あの、お母さんの反応は、これはごく、真っ当なことだと思いますよ。
「あんたなんか、も、勘当だ」とかね、絶縁だとかって怒鳴ってもね、また何日かしたら家に行って、あの、勝手に冷蔵庫開けてるみたいなのが、それが普通の(苦笑)親子の有り様だと思うんですけど、

相談者:
(笑)うんうん、はい

大迫恵美子:
あなたの方は、その、ね?
絶縁だとか、勘当だとか、言われると、「ああ、じゃ、もう、行きません」とかね、「これからは書面で」みたいなことになっちゃうっていうところも・・ありませんかねえ?

相談者:
あー

スポンサードリンク

(再度柴田理恵)

柴田理恵:
あの、お兄さんと、あなたは仲いいですか?

相談者:
元々仲良かったんですけどお、結婚してからあ、なん、仲悪くなりましたね。

柴田理恵:
なぜ?

相談者:
兄嫁え・・と、兄嫁の両親が絡んで来て・・アタシが悪いんですね、そのときは。
えーと、なんか・・あっ、兄の、子ども、二人目なかなかできなかったんですけど、やっと、出来て、で、すごく嬉しかったから、しょっちゅう電話をしてたんですね。
あのお、お兄さんのお嫁さんに。

柴田理恵:
うん

相談者:
も、一週間に一回くらい電話してたんですよ。
生まれた、休みの、ときとかに、その、しょっちゅう電話をしてたんです。
「お姉ちゃんどう?」みたいな。

柴田理恵:
で、電話してたらどう言われたんですか?

相談者:
怒られたんですね。

柴田理恵:
なんで怒られたんですね。

相談者:
それはわたしにはわかりません。

柴田理恵:
そら、そうだよ

大迫恵美子:
(苦笑)

柴田理恵:
そこが自分の気持ちが最優先だっつってんです。

相談者:
あの・・

柴田理恵:
人ん家の子どもが生まれるか?、生まれるか?、って、小姑が、ああだ、こうだ、ああだ、こうだ、電話するもんじゃないでしょうよ。
普通の世間の、常識で言ったら、遠くにいて、見守ってあげるのが愛情でしょ?

相談者:
・・うん、だから、わたしが悪いんです。

柴田理恵:
うん、そう、そう、そう

相談者:
だから、あのお

柴田理恵:
悪いの。
だけどね、あなたね、ちっとも悪いと思ってないの。
そんなことも分からないのか?48にもなって。

相談者:
・・ああ

柴田理恵:
それが全部の元凶です。
「ああ、わたしが悪いんです」って必ず言うけど、悪いと思ってないんですよ。

相談者:
うーん

柴田理恵:
それが、すべてのトラブルの元凶だとわたしは思います。

相談者:
・・
だからもう、あたしが生まれてきたこと自体が、もう間違いなんですよね。

大迫恵美子:
(フー)

柴田理恵:
誰もそんなこと言ってませんよ。
どうして、そうやって、自分で勝手にどんどんどんどん飛躍していくんでしょうか?

相談者:
あたし、子どものときにい、母親に言ったことあります。
「お兄ちゃんで止めとけばよかったのに」って。

柴田理恵:
お母さんが「あなたなんか生まれてこなきゃ良かったのに」って言ったんですか?

相談者:
ううん、あたしが、その、そこまで言うんやったらあ、「お兄ちゃんで止めとけばよかったのに」って◆#$%□&

柴田理恵:
そしたらお母さん、なんて言いました?

相談者:
黙ってました。

柴田理恵:
そらそうでしょ。
そんなふうに、そうだなんて言う親なんか、いるわけないもん。
そんなこと思ってないんだから。

相談者:
うん、だから、そんなに、気に入らないんだったら、もお、わたしなんか、ほんとに、◆#$なのが・・

スポンサードリンク

(再度、大迫恵美子)

大迫恵美子:
まあ、ほんとにね、あのお、18歳のお嬢さんの、相談聞いてるみたい(苦笑)な、お話になっちゃうので。

相談者:
ごおめんなさい、ほんとに申し訳ございません

大迫恵美子:
いやいやいや
もうちょっと、なんだろうなあ・・あのお、

相談者:
んん、ごめんなさい

大迫恵美子:
たぶんね、すごくガードが堅いんでしょうね、あなた自身がね。
だから、

相談者:
(涙声)すみません
(泣)
すみません
(泣)

スポンサードリンク

(最後は柴田理恵)

柴田理恵:
謝る必要はないですけれど、これから生きていくのはあなた自身ですから。

相談者:
シク

柴田理恵:
分かります?

相談者:
シク

柴田理恵:
自分が変わらなかったら誰も変わりませんよ。周りは。
あなたはとっても頑固。
その頑固を、直さない限りは、絶対に、お兄さんとも、お母さんとも、元通りにはなれないと、わたし思います。

相談者:
・・
シク

柴田理恵:
分かりますか?

相談者:
もお、全部あの、母親が、「不可能だから、止めなさい」って、もう、そればかり・・言って、言う、言う・・まあ、分かりました、また母親のせいにしてる◆#$%

柴田理恵:
そうですね、母親のせいにしてますよね?
どうやって生きてきたんですか?

相談者:
・・

柴田理恵:
会社だってちゃんと仕事してきたんでしょ?

相談者:
して・・
息子もちゃんと・・育ってます。
わたしにはもったいないくらいの息子です。

柴田理恵:
息子さんのことは聞いてません。
あなたのこと言ってんの。
叱られりゃ、泣くしさあ。

相談者:
(苦笑)すいません

柴田理恵:
そらだめですよ。
逃げ・・だって甘えてんだもん。

相談者:
うーん

柴田理恵:
自分に甘いわ

相談者:
あー、あ、そうですね

柴田理恵:
昔っからそうなんじゃないんですか?

相談者:
自分に甘い、そう思う・・

柴田理恵:
そらダメだと思います

相談者:
わたしはそういう、人生を歩んできてます。

大迫恵美子:
プッ

相談者:
自分に甘いです、ほんとに。
だから、ツケが回ってきてます。

柴田理恵:
そおかもしれませんね。

相談者:
うん

柴田理恵:
そしたら、ちょっと一回電話切って、少し考えてみてください。

相談者:
はい
ありがとうございます。

柴田理恵:
いいですか?

相談者:
はい、ありがとうございました。

柴田理恵:
はあい、はい、失礼します

相談者:
はい


スポンサードリンク



「泣く、スネる、構ってちゃん48歳。吹き出す大迫、熱く叱る柴田も最後はお手上げ」への9件のフィードバック

  1. 良いですね~
    年1の思い出作りにご相談て感じですか?
    1人も同性の友達がいなさそうですね

    私も何か相談したいー
    そしてこちらで書き起こししてもらって管理人さんにコメント頂きたいー

  2. 最後は見事なまでの「居直り」でしたね。

    自分から変わらなければ周囲は変わらない、と
    柴田が言っていたが、肝心の相談者が
    「変われる」要素というか、引き出しを
    持ち合わせていないような気が…。

  3. 見え透いた女で、おちょくりも含んでないか?
    常連なんですね・・前の二回も同じように諭されてましたね
    禍々しさを越えて
    このレベルまで進むともはや哀れ

  4. あの、管理人さん。さすがにストレス溜まりませんか‥?自分が書き起こししろと言われたら躊躇う。パーソナリティーの面々も良く耐えられるなあ。
    柴田さんの「あなた、自分が自分が、なんですよ」に尽きると思う。自分の欲望には忠実だけど、自分がどうしたいかは、空っぽ。欲望の渦の中は、空洞。台風みたいな。
    この人が肉親に執着するのは、孤独感よりは、自分から人が離れるのが許せないのではないかと思う。

  5. 過去二回の相談者が同一人物だとしたら
    確実に自分の思い通りに前に進んでますよ。
    でも回答者のアドバイスは全然役にたってない。
    こんだけ自分の思い通りに道を進んでいける人なのに
    なんで人に相談するんだろ。
    最初からアドバイスなんていらない人

    常識あるふりして親の面倒看ようなんてするから
    今回悩んじゃってるんでしょうね。
    自分以外の人の事を思う気持ちが最初から持てない人は
    無理すると周りを混乱させてしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。