夫のW不倫が成就するしないも自分次第。不毛な抵抗に引導渡す塩谷崇之弁護士

テレフォン人生相談 2021年1月23日 土曜日

離婚協議における盲点。

いきなり離婚協議に突っ込んで行かない。
離婚を話し合う前に婚費を確定させる。

婚費を払ってくれない夫に対してなら誰でも考えることだけど、今日みたく払っている夫に対して法的手段をとる意味。

塩谷弁護士 「要求飲まないんだったら兵糧攻めにするようなことだってあり得る」

こんなこと許されるハズもないんだけど、確定債権じゃない以上、すべては話し合いで決めなければならないわけだ。

離婚調停が始まれば、婚費もワンノブゼム。
不倫の事実関係に始まり、離婚する・しないから、慰謝料、財産分与、親権、養育費・・
これらと一緒くたにされたんじゃたまったもんじゃない。

最初に婚費を公正証書なり、それこそ調停調書にしておけば、相手の交渉カードを無力化するばかりか、こっちは交渉における最大の武器となる時間を味方にできるというわけ。

滞ったときの差し押さえもスピーディ。

会社員であれば、給与の差し押さえもさることながら、それを匂わせるだけでいい。
会社に知られることすら避けようとするだろう。

神主のクセしてやることはえげつない。(褒めてる)

 

実は、離婚の話し合いに先立って婚費を確定させることは、今日とは逆に夫が離婚を拒否している場合にこそ威力を発揮する。

大迫女史がアドバイスしている。

地雷を踏み続けて20年。そのワケを啓示する離婚計画。言葉と裏腹な夫の幼児性

 

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 塩谷崇之(弁護士)

相談者: 女47歳自営 1年前に家出した夫47歳会社員 結婚13年 長女12歳 次女8歳 長男8歳(双子)

今井通子:
もしもし?

相談者:
はい

今井通子:
テレフォン人生相談です。

相談者:
はい

今井通子:
はい・・今日はどういったご相談ですか?

相談者:
はい。えーと、夫の不倫ん、です。

今井通子:
はい
あなたおいくつですか?

相談者:
はい、47歳です。

今井通子:
47歳

相談者:
はい

今井通子:
ご主人は?

相談者:
47歳です。

今井通子:
あ、同い年

相談者:
はい同じ年です。

今井通子:
はい
お子さんいらっしゃいますか?

相談者:
はい、3人います。

今井通子:
上から男女と年齢をおっしゃってください。

相談者:
はい
えー上から、女の子で12歳

今井通子:
はい

相談者:
で、次が女の子で、8歳

今井通子:
はい

相談者:
で、次が男の子で8歳で、下が双子の男女です。

今井通子:
あ、なるほど。

相談者:
はい

今井通子:
ご結婚何年目ですか?

相談者:
結婚は13年目です。

今井通子:
・・なるほど。

相談者:
はい

今井通子:
で?・・ご主人が不倫を、なさってんの?

相談者:
はい。不倫ん、が発覚したのはあ、

今井通子:
はい

相談者:
えっと今からあ、1年半ぐらい前なんですがあ、

今井通子:
はい

相談者:
・・1年前にい・・主人が、あの、家を出て行きましてえ、

今井通子:
はい

相談者:
全然連絡が取れな、かったんですけどお、

今井通子:
はい

相談者:
まあ、LINEとかは、あの、繋がるんですが、

今井通子:
あら、はい

相談者:
あの、返事が全然、ない・・状態で、

今井通子:
は・・はい

相談者:
子供たちには・・ま、単身赴任だっていうことで・・

今井通子:
あー

相談者:
言ってるんですけど。

今井通子:
はい

相談者:
まあ、この先、どうして行ったらいいかな?っていう、ご相談なんですが。

今井通子:
はい
ご主人は・・

相談者:
はい

今井通子:
1年半前?

相談者:
はい

今井通子:
に、発覚したその不倫っていうのは、

相談者:
はい

今井通子:
どれぐらい続いてたの?

相談者:
まあ、3年ぐらいは続いてたみたいなんですがあ、

今井通子:
はい

相談者:
その発覚した理由があ・・

今井通子:
はい

相談者:
相手も、あの、家庭のある方で、

今井通子:
あー

相談者:
で、あの、旦那さまにまあ、調査会社あ、を付けられて、

今井通子:
うん

相談者:
で、ま、慰謝料を請求・・されてしまって・・

今井通子:
・・はい

相談者:
で「その、お金をなんとかして」く「ほしい」っていうことで、

今井通子:
ええ

相談者:
あの、発覚したんですけれども・・

今井通子:
それはその・・ご主人があなたに言ったわけ?「お金をなんとかしてくれ」って。

相談者:
はい、はい

今井通子:
はい

相談者:
で、わたしも、ちょっと取り乱してしまいましてえ、

今井通子:
はい

相談者:
ま、一生懸命、貯めてるお金を、

今井通子:
ええ

相談者:
あなたの不貞のために使うことはできないっていうことを・・

今井通子:
うん

相談者:
あのまあ、「自分で、なんとかしてください」みたいな感じで(苦笑)、

今井通子:
うん

相談者:
ちょっと、突っぱねてしま、ったんですけど・・

今井通子:
はい
相手もご主人があったわけでしょ?

相談者:
はい

今井通子:
ていうことはあ・・倍返しじゃないですけど、お互いに、やり取り、したら、あなたが・・

相談者:
はい

今井通子:
女性のほうに、対して、

相談者:
はい

今井通子:
お金の請求もできたんじゃない?

相談者:
そうなんですけどお、

今井通子:
うん

相談者:
ま、わたしのほうもお、あの、向こうが離婚したっていうのを聞いて、

今井通子:
あ、もう離婚してらっしゃるんだ、相手は。

相談者:
もう離婚が成立したみたいで、

今井通子:
はい

相談者:
向こうの方は。

今井通子:
はい

相談者:
で、わたしもお・・ま、(苦笑)目には目をじゃないですがあ、

今井通子:
はい

相談者:
わたしも調査会社に依頼して、

今井通子:
ええ

相談者:
ま、証拠も、あるんですけれどもお、

今井通子:
はい

相談者:
その慰謝料を請求したところでえ・・

今井通子:
はい

相談者:
ま、何も解決しないかなと・・思いまして、

今井通子:
はい

相談者:
まだ女性にも会ってないんですけれども、

今井通子:
なるほど。

相談者:
はい

今井通子:
・・ということは、

相談者:
はい

今井通子:
今、あなたは・・

相談者:
はい

今井通子:
あの、ここにご相談なさるのに・・

相談者:
はい

今井通子:
どっちが目標?
ご主人をなんとか、と、取り戻したいっていうか、その・・どこにいるか、分、分かんないっていうか、連絡が取れないのを・・

相談者:
はい

今井通子:
なんとかしろということなのか?

相談者:
はい

今井通子:
その女性に対してどういう・・訴えをするっていうか・・

相談者:
うーん、ま、あの、わたしが依頼した調査会社で、主人の居場所は、一応分かったんです。

今井通子:
はい

相談者:
住んでるとこは。ま、別に住んでるんですけど、女性とは。

今井通子:
はい

相談者:
それで・・ま、このままずっともう、今、もう、1年経・・経ってしまってえ、

今井通子:
ええ

相談者:
も、子供お、に、ま、上の子は特に勘が鋭いのでえ、

今井通子:
ああ、はい

相談者:
もう、子供にも嘘もつけなくなって来ましたしい、

今井通子:
はい

相談者:
もう、ちゃんと?・・あの、話し合いをしたいんですけれどもお、

今井通子:
はい

相談者:
1回だけ、したことがあるんですけど、

今井通子:
はい

相談者:
ま、そのときも、何も、解決せず、

今井通子:
その、話し合いはどんなことを話し合ったの?

相談者:
ま、これからどうしたいのか?っていうこととお・・

今井通子:
ええ、それは?

相談者:
ま、&#・・ん?

今井通子:
あなたが、

相談者:
はい

今井通子:
ご主人に対して「どうしたいのか?」って聞いたわけ?

相談者:
はい、それを、まず聞いたら・・ま、「離婚して」、その「彼女と一緒になりたい」っていうことを、しか言わない・・かったんです。そのときは。

今井通子:
はい

相談者:
・・で、もうこれはもう話にはならないので、

今井通子:
はい

相談者:
ちょっと、あの、ほとぼりっていうか、彼の?、熱が冷めるまで待っていましょうと思ったんですが、

今井通子:
あ、ていうことは、そのとき、あなたとしては、

相談者:
はい

今井通子:
離婚する気はなかったわけね?

相談者:
離婚はあ・・する気はない・・絶対しないですよ、子供も小ちゃいですし、まだ子供たちもお・・まあ、すごくパパのことが好きですのでえ、

今井通子:
はい

相談者:
わたしがそれを、なんかこう、決め、ここで決めるのはちょっと、あれかなと思って、わたしもよく考えましょうと思い、

今井通子:
はい

相談者:
その場はもう、別居という形で、

今井通子:
はい

相談者:
ちょっとお互い?

今井通子:
はい

相談者:
てふうで、ま、ズルズルここまで来てしまったんですが、

今井通子:
はい

相談者:
はい

今井通子:
・・でえ、今、あなたのところはあ、

相談者:
はい

今井通子:
えー、ですかね?生活う、は・ご主人は、あの、自営か、か、会社に勤めるとか・・

相談者:
あ・・会社員です。

今井通子:
会社員?

相談者:
主人は、はい

今井通子:
それは続けてらっしゃる?

相談者:
はい、それは、続けてるようです。はい

今井通子:
はい
んで、あなた自身は?

相談者:
わたしも、あの、働いています、あの、自営業なんですけど、わたしは。

今井通子:
あ、自営業をやってらっしゃんのね?

相談者:
はい、はい

今井通子:
そうするとお・・経済的にはどうなんですか?

相談者:
あのお、2ヶ月前、からあ、しっかりお金を入れてくれるようになったんです。

今井通子:
これいくらぐらい?

相談者:
今あ、えーとお、20万ぐらい入れてもらってます。

今井通子:
はい

相談者:
はい

今井通子:
・・なるほど。
ん、ということで、じゃあ、その今日のご質問としては(含み笑い)なんにします?

相談者:
んー・・わたしはこの先・・その女性に会ったほうが、いいのか?

今井通子:
はい

相談者:
それとも、もうこのままの状態を続けたほうがいいのか?

今井通子:
うんー

相談者:
けりを付けたほうがいいのか?・・何も決まってない状態でズルズル、ズルズル来ているのでえ。

今井通子:
とりあえず、でも、あれなんでしょ?あなた自身の意思としては・・

相談者:
はい

今井通子:
まだ子供も小さいですし、

相談者:
はい

今井通子:
お子さん達がお父さん好きだしと、

相談者:
はい

今井通子:
さっきおっしゃってたけど、

相談者:
はい

今井通子:
離婚する気はないんでしょ?

相談者:
(息を吸って)離婚する気はないんですけれども、

今井通子:
うん

相談者:
ほんとにあの・・この先、もし・・あの、一緒に?

今井通子:
はい

相談者:
やって行けるのかなっていう・・

今井通子:
うん

相談者:
いつもそこが、引っかかっちゃうんですけど、

今井通子:
うーん

相談者:
その、夫婦が破綻してるところに、子供が・・居場所がないんじゃないかなあ?って思ったり・・

今井通子:
ええ

相談者:
はい。どうしたら・・いいんだろうか?っていうのが、ま、もう分からなくなってしまってえ(ため息混じり)・・

今井通子:
あ、なるほどね。

相談者:
はい

今井通子:
・・今日はですね、まあ、そういう離婚問題も取り扱ってらっしゃると思うんですが、

相談者:
はい

今井通子:
弁護士の塩谷崇之先生がいらしてますので、

相談者:
はい

今井通子:
伺ってみようと思います。

相談者:
はい、お願いします。

今井通子:
先生よろしくお願いいたしまあす。

相談者:
お願いします。

(回答者に交代)


「夫のW不倫が成就するしないも自分次第。不毛な抵抗に引導渡す塩谷崇之弁護士」への3件のフィードバック

  1. 3人のお子さんがいて、ほっといて女と同居する父親。たっぷりお金もらってほしい。

  2. だいたい、男性が叩かれるよねぇ。
    女尊男卑のレイワのナガレ??

    個人的には、サレ妻にも大問題ありと考える派です。

コメントはお気軽にどうぞ。

名前欄には、何かハンドルネームを入れてください。🙏
空白だと、すべて「匿名」と表示されてしまいますので。