4歳の息子に暴言・暴力の娘は夏と冬に夫を置いて長期の帰省


テレフォン人生相談 2015年1月22日 木曜日

相談者: 女65歳 結婚して遠くに住む娘32歳 婿32歳 孫息子4歳

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 高橋龍太郎(精神科医)

スポンサードリンク

相談者:
えーと、あの、娘と、

今井通子:
はい。

相談者:
娘の子どもですね、私・・にとりましては、孫ですけども。

今井通子:
はい。

相談者:
その、娘と孫の件について・・

今井通子:
はい。

相談者:
是非、あの、教えて頂きたいと思います。

今井通子:
(年齢等のやり取りは省略)
えーと、そうすると?、お嬢さんと、お孫さんの関係についてなの?

相談者:
私にとりましては、その、娘と、孫のことが、あの、心配なんです。

今井通子:
あ、なるほど。

相談者:
はい。

今井通子:
はい。
どういうことでしょう?

相談者:
えーと、あのお、娘ですが、

今井通子:
はい。

相談者:
自分の、こう、感情が、抑えられないんですね。

今井通子:
はい。

相談者:
カーッとなると・・もう、暴言を吐いたりとか、あと、手を、手をっていうか、暴力を・・振るってしまうんですよ。

今井通子:
はい。

相談者:
で、常日頃は、そのお、息子を可愛がってるんですが、

今井通子:
はい。

相談者:
なんか、気になることとか、ありますと、もう、徹底的に問い詰めたり、しないと、気が済まないんですね。

今井通子:
はい。

相談者:
で、それが、あのお、酷くなりますと、手が出たりとか。
暴力の方に、つながっていきます。

今井通子:
はい。
それで?

相談者:
それで、そのお、娘は、このまま、どうしたら、自分の感情をコントロール出来るようになる・・かなあ、と思いまして。
あと、もう一つは、このままでは、孫がどのように育っていくかが、ちょっと、心配なんです。

今井通子:
はい。
で、そのことがご心配で、

相談者:
はい。

今井通子:
あ、分りました。
まずう、あなたとお嬢さんとの関係は、どういう関係?
同居されてるんですか?

相談者:
いえ、ちょっと、遠く離れております。

今井通子:
遠くにいらっしゃるんだけど、じゃ、しょっちゅう、見に、行ってらっしゃるの?

相談者:
いや、長期の休みのときは、こちらに遊びに来たり、

今井通子:
ええ。

相談者:
私も、たまに、行きます。

今井通子:
なるほど。
長期の休みのとき、何泊くらいですかね?

相談者:
ええと、夏休みとか、冬休みは、休みほとんど、こちらで。

今井通子:
ああ、そうなんですか。

相談者:
はい。

今井通子:
ご主人も一緒に?

相談者:
いえ、会社員ですので、

今井通子:
ええ。

相談者:
そんなに、休めませんので、

今井通子:
ええ。

相談者:
中(なか)、少し、一週間くらいは。

今井通子:
あ、お盆休みみたいなときに、いらっしゃるってこと?

相談者:
そ、そうです。

今井通子:
はい。

相談者:
あとは・・

今井通子:
で、お嬢さんは専業主婦でらっしゃるの?

相談者:
そうです。

今井通子:
なるほど。
お子さんは、その4歳の坊ちゃんお一人?

相談者:
はい。

今井通子:
でえ、どんなことで、怒るの?

相談者:
例えばですね、自分の思うようにならないの、というか、数が分からないとか、4歳の子どもに対してですね。
あとは、食事のときに、その、食べ方が悪いとか。

今井通子:
食べ方が悪いのは?、お行儀が悪いの?

相談者:
そ、そ、そうです。

今井通子:
どういう、お行儀の悪さ?

相談者:
いや、私からしてみれば、そんな、気にするようなことでは無いんですが、

今井通子:
例えば、お箸の持ち方が下手とか、スプーンが・・ちゃんと使えないとかってことじゃなくって、

相談者:
そういう、そういうものも含めまして。

今井通子:
なんかキョロ、キョロしたり、

相談者:
はい。

今井通子:
立ったり、座ったりするの?

相談者:
はい。

今井通子:
それは、坊ちゃんの方は、どういうときに、立ったり、座ったり、キョロキョロしたりするんでしょう?

相談者:
いやあ、私に・・とりましては、4歳の子どもですから、そんなに気になるほどのことではないんですが、やっぱ、娘の体調によりまして、

今井通子:
ええ。

相談者:
調子の良くないときは、やっぱり、気になるみたいですね。

今井通子:
ふうん。
お嬢さんは、元々、お子さんのときは、どんなお子さんだったんですか?

相談者:
いや、大人しくって、なんか、私の言うことは良く聞きました。

今井通子:
お母さんとして、

相談者:
はい。

今井通子:
お嬢さんが、大人しくなったのは、

相談者:
はい。

今井通子:
なんか、それこそ、自分が気に入らないときに、怒ったりとか、してました?

相談者:
主人の、あの、両親と一緒でしたので、

今井通子:
はい。

相談者:
そのお、点では、私もセーブして・・たのだと思います。

今井通子:
ああ、なるほどねえ。

相談者:
はい。

今井通子:
割りと、お母さんも、大人しく、付き合っていたのね、お子さんと。

相談者:
でも、娘は、
「私は、」、
そのお、私のですね、
「お母さんの目で何度も、殺された」、って、
「私は年中、お母さんの目を窺(うかが)って大きくなった」、って、は言われました。
大きくなりまして。

今井通子:
ああーー。
ていうことは?、睨みつけたの?

相談者:
私は意識は無いんですけど、娘はそう感じていたようです。

今井通子:
あと、もうちょっと、具体的に、どういうときに、どうする、っていうのが分ると、話し易いんですけどね。

相談者:
ええ、私が心配なのは、

今井通子:
はい。

相談者:
娘が、こう、感情を抑えられなくって、

今井通子:
うん、それは、聞いたんだけども、

相談者:
電話、来るんですよ。

今井通子:
はい。

相談者:
そして、もう、イライラ、イライラで、どうしようもなくって、なんか、子どもを殺しそうになる・・とかあ、

今井通子:
はい。

相談者:
つい、手をあげてしまって、

今井通子:
はい。

相談者:
顔にアザが出来ちゃったとかあ、電話、寄こすんですよ。

今井通子:
あ、ていうのは、

相談者:
はい。

今井通子:
あの、お嬢さんも、感情が抑えられないことに関しては、

相談者:
はい。

今井通子:
えー、悩んでるわけですね?

相談者:
はい。

今井通子:
で、そのお、その相談をお嬢さんから、されてるわけ?

相談者:
はい。

今井通子:
はい。
分りました。
それでえ、あなたがご心配になってるのは、お嬢さんのことが心配?

相談者:
あと、時折、娘の暴言、暴力によって、

今井通子:
ええ。

相談者:
孫が、どのように大きくなっていくのかが心配です。
私・・がしてあげられることは何なのかを、ご相談・・したいんです。

今井通子:
なるほど。
分りました。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。