夫の信頼する同僚からセクハラを受け、あらぬ噂を流されている。指摘された心理


テレフォン人生相談
2015年7月24日 金曜日

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 伊藤恵子(弁護士)

相談者: 女67歳 夫68歳 子どもが2人

今日の一言: 思い込みの強い人は不安な人です。

スポンサードリンク

(年齢、家族構成のやり取りは省略)

加藤諦三:
そうするとお、2人で暮らしているんですね。

相談者:
はい、そうです。

加藤諦三:
はい、分りました。
それで、どんな相談ですか?

相談者:
主人は仕事、経営しておりまして

加藤諦三:
自営ということですか?

相談者:
そうです。

加藤諦三:
はい

相談者:
始めるときに、一緒に、手伝ってくださった方が、

加藤諦三:
はい

相談者:
退職、されたんですけども、

加藤諦三:
はい

相談者:
その退職・・後に、わたしの、ウソの、噂を流して、いるんですね。

加藤諦三:
・・

相談者:
それも、辞めるときにい、
「一生言い続けるからな、覚えとけ、訴えてもいいぞ」
って、そういうような、セリフを吐いて、行かれたんですけども、

加藤諦三:
はい

相談者:
なんていうんですかね、も、自分がそういうふうに、思い込んで、いることを、ただわたしの些細な目の動きとか、それをあの、逆手にとってそれを男を誘ってるって、そういうような、言い方で言ってる・・らしいんですね。

加藤諦三:
退職された方っていうのは、何歳・・

相談者:
えっと、67歳・・

加藤諦三:
67歳、はい

相談者:
はい

加藤諦三:
それで退職されたのは、いつですか?、今からどのくらい前?一年前とか、2年前とか、

相談者:
1年くらい前ですね。

加藤諦三:
1年くらい前。

相談者:
はい

加藤諦三:
で、先ほどの話だと、ご主人と一緒に仕事を始めたということですけども、

相談者:
そうですね。
主人・・が、行ってた先は義理の兄のとこだったもんですから、

加藤諦三:
はい

相談者:
そこで働いてたんですよね。

加藤諦三:
はい

相談者:
で、独立するということでついて来たっていう感じなんですけど・・

加藤諦三:
ああ、なるほどね、はい

相談者:
始めのうちは、いんですけど、途中からもう、わたしに対して、個人的にセクハラを、始めて来たんですよね。

加藤諦三:
個人的にセクハラっていうのは、具体的に言うとどういうことですか?

相談者:
言葉、なんですけどね。
もう、2人で居ると、もう、下ネタ、ばかり、っていうことで、

加藤諦三:
はい

相談者:
聞いてるのが嫌になるような話をずうっと、延々とするような人でえ、

加藤諦三:
ふうん・・

相談者:
で、なるべく避けていたんですけどお、

加藤諦三:
うん

相談者:
◆△%をしながら、ま、20年、来てたんですけど、でも、だんだん、年を経つにつれて、毎日ということでもなかったので、なんとか、20年は、来られたんですけどお、

加藤諦三:
ふうん・・あなたはそこで働いているわけではなかったんですね?

相談者:
いや、一緒に、

加藤諦三:
あ、一緒に、

相談者:
独立するときに、私・・はい、経理を、

加藤諦三:
じゃ、あなたとご主人と、この方と、3人が、中心ですか?、仕事

相談者:
そうです。

加藤諦三:
ああ、そうですか。

相談者:
はい

加藤諦三:
じゃ、かなり、密接に、接してるわけですね。

相談者:
そうですね、はい・・それでえ、途中からは、あのお、具体的に誘うようになったんですよね。

加藤諦三:
・・

相談者:
「遊びに行こうよ」
「旦那には黙ってれば分んないよ」
っていうのが、

加藤諦三:
はい

相談者:
フレーズでずうっと来てたんですよ。

加藤諦三:
はい

相談者:
ま、もちろん、興味も無いので、誘いには乗りませんしい、

加藤諦三:
はい

相談者:
そいでえ、主人がもう大変、信頼してたもんですから、

加藤諦三:
はい

相談者:
定年退職来たときは、色々面倒も看てあげたしい、

加藤諦三:
はい

相談者:
年金の話にも乗ってあげたし、

加藤諦三:
はい

相談者:
お世話してあげてたんですけど、もう、とても残念がってたんですよね。

加藤諦三:
ご主人は、まったく知らないということですね?

相談者:
知らないです、気が付かないですね。

加藤諦三:
気が付かない

相談者:
こういうことにやっぱり疎い人でえ・・

加藤諦三:
うん、ということはあれですね?
あなた方、3人で居るときとお、あなたと2人で居るときとお、この彼ですね、

相談者:
うん

加藤諦三:
全くう、違うわけですね?

相談者:
違いますね・・全然

加藤諦三:
んでえ、あなたから見ると、やっぱり3人でいるときに、ご主人がとても、想像出来ないような、立派な態度をとられているということですね。

相談者:
そうです、相手の方はですね、やっぱり、シャンとした、態度で、

加藤諦三:
うん

相談者:
普通に、お仕事の話や、世間話をしているんですよね。

加藤諦三:
うん・・そいで、仕事そのものもキチンとしてたわけですね?

相談者:
してましたね。

加藤諦三:
ふうん・・そいで、その2人で居ると、ま、最後の方は、遊びに行こうっていう、

相談者:
そうです。

加藤諦三:
誘ったということですけれども、

相談者:
はい、そいで、それが続いたんですよ、その遊びに行こう・・のがね。
で、辞めるう、うちの会社には来なくなるから、残念だって、主人が言っていたところに、
「辞めても、時々、表で会おうよ」
「旦那には言わなきゃ分んないよ」
っていうのが、言って来たんでえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
「用も無いのに、会うわけないでしょ」
っていうことで、一喝したんですよ。

加藤諦三:
はい

相談者:
そしたら、その後すぐに、わたしに、
「目を動かして、男を誘ってるだろ」
って言って来たんで、
「そんな誘われた方がいるんですか?」
って言ったら、
「俺がそう思ったから、そうなんだ」
って、
「一生言い続けるぞ」
「覚えとけ」
「訴えてもいいぞ」
って、そういうふうに、言ってえ、言ってる意味が全然分からないのでえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
そんな、嘘ついたらダメだよって言った、だけなんですけどお、

加藤諦三:
はい

相談者:
その後お、辞めてえ、からは、なんとなくご近所の人たちとか、周りの人たちの目がおかしくて、

加藤諦三:
ご近所の目がおかしいというのは、あなたの考えからすると、退職したこの方が、

相談者:
はい

加藤諦三:
周りに、あなたのことを色々、嘘をついて、

相談者:
そうです。

加藤諦三:
噂を広げている

相談者:
そうです。

加藤諦三:
ということですね。

相談者:
うん、そうだと思うんですよ、その目に関してはね、

加藤諦三:
はい

相談者:
で、わたしも眼科に行って調べてもらって、全然異常ありませんよ、どこも悪くありませんって言われてるしい、

加藤諦三:
はい

相談者:
心療内科に行って、調べてもらっても、なんら問題もありません、って言われてるのに、

加藤諦三:
はい

相談者:
本人がそう思ったからそうなんだって決め付けられて、嘘の話を流されて、いて、周りの人の目つきがもう、すごい気持ちが悪い目つきして、もう、わたしを見るんですよ。
で、

加藤諦三:
周りの人がね、はい

相談者:
うん

加藤諦三:
それでえ、この話というのは、

相談者:
はい

加藤諦三:
ご主人は、何にも知らないわけですね?

相談者:
はい

加藤諦三:
今もね。

相談者:
ええ
だから、別にそのお、何かがあったという、わけではなくて、

加藤諦三:
うん

相談者:
嘘の噂を流されているわたしにとっては、どうやって説明していいか、わからなくて、

加藤諦三:
うん

相談者:
それでえ、やっぱ、ご近所の、に住んでるんですね。

加藤諦三:
ああ、この方がね。

相談者:
ええ、で、奥さまのことも知ってるもんですからあ、

加藤諦三:
はい

相談者:
言っちゃってえ、いいもんだかどうか、ちょっと悩んでて、黙ってはいたんですよ、もう、別にわたしの生活に支障はないから、と思ったんですけどお、精神的になんか、悪いことしてるみたいに追い詰められて、しまって、

加藤諦三:
ですね。

相談者:
周りの人たちの目の方が怖く、なって、我慢も限界だから、もう、別に何も悪いことしてないんだから、訴えた方がいいかな?ってふうに思ったんですけどお、

加藤諦三:
そうすると、今日の相談っていうのは、こういう状態で、訴えて、

相談者:
はい

加藤諦三:
いいものか、どうか?ということですね?

相談者:
はい

加藤諦三:
はい、分りました。
今日はスタジオに弁護士の伊藤恵子先生がいらしてるので、

相談者:
はい

加藤諦三:
伺ってみたいと思います。

相談者:
はい

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。