亡くなった弟の嫁に親の介護を拒否された60歳女の次なる要求


テレフォン人生相談 2016年3月9日 水曜日

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 大迫恵美子(弁護士)

相談者: 女60歳 女の実家で両親の世話
夫64歳 夫の実家で母親の介護
2人の子どもは家庭持ち(息子38歳、娘36歳)
急死した弟 弟夫婦に子どもはいない

スポンサードリンク

今井通子:
もしもしい?
テレフォン人生相談です。

相談者:
よろしくお願い致しますう。

今井通子:
はい。
今日はどういったご相談ですか?

相談者:
私(わたくし)の実弟が、8か月前に、亡くなりました。
急死でした。

今井通子:
はい

相談者:
それで、両親が、いるんですけれども、

今井通子:
はい

相談者:
高齢、なんです。

今井通子:
はい

相談者:
で、ずっと私が、週1回、親の面倒看てて、

今井通子:
はい

相談者:
「それは姉貴、助かるわ」っていう話だったんですね。

今井通子:
はい

相談者:
で、「なんかあったら、ま、お金は俺が出すから」っていうような話しだったんですけれども、

今井通子:
はい

相談者:
結局弟が急死しまして。

今井通子:
ええ

相談者:
で、遺産相続、

今井通子:
うーん

相談者:
約う、7千万近く、貯金とか、国債とか、あったうちの、まあ、あのお、ま、お嫁さんが、「私、法定相続人だから」という言い形をして、その中の、880万ぐらい、親の方に、きたんですね?

今井通子:
はい

相談者:
うん。
で、残りは全部、お嫁さんが、持って、行ったんです。
それはもう、あたしが、出る幕じゃないので、それは、両親とお嫁さんの間で、話し合って、やったから、そ、それに関してはあたしはもう、うん、何も言えないんですけれども。

今井通子:
はい

相談者:
で、えっとお、ちょっとあたしがこないだ体調崩しまして、「何日か、親の面倒看てくれない?」って言ったら、はっきり、断ってきたんですね。

今井通子:
うーん

相談者:
うーん。
で、その後あたしが何回も、連絡を取っても、今度は、連絡を返してこなくなっちゃったんです(笑)

今井通子:
はい

相談者:
で、まあ、両親も、90越えなんですが、

今井通子:
はい

相談者:
介護にもお金掛かりますし、

今井通子:
はい

相談者:
うん、そういう時ってえ、彼女からそのお・・介護の費用とかいうのは、もらえる、ものなのかどうか?

今井通子:
ああ

相談者:
うーん

今井通子:
あなたはおいくつですか?

相談者:
私(わたくし)、60歳です。

今井通子:
60歳。

相談者:
はい

今井通子:
ご主人いらっしゃる?

相談者:
はい

今井通子:
ご主人おいくつ?

相談者:
64歳です。

今井通子:
64歳。

相談者:
はい

今井通子:
お子さんいらっしゃいますか?

相談者:
2人いまして、長男が、38、

今井通子:
はい

相談者:
長女が、36、

今井通子:
はい

相談者:
です。

今井通子:
で、弟さんも、お子さんいらっしゃいますか?

相談者:
いや、いないです。

今井通子:
でえ、お父さんとお母さんは、

相談者:
はい

今井通子:
お2人共その、介護は必要なんですか?

相談者:
はい、一応、要介護2です。

今井通子:
お2人共?

相談者:
はい

今井通子:
で、あの、お父様とお母様、は、

相談者:
はい

今井通子:
元々はじゃあ、弟さんと一緒に住まわれてた?
そうじゃなくて・・

相談者:
いや、別です。

今井通子:
お2人だけで住んでらした?

相談者:
す、住んでて、週1回、私が、介護してました。

今井通子:
で、弟さんの方は、介護にお嫁さんを出したりしないで、

相談者:
一切ないです。

今井通子:
うん。
それで、お、お金だけは出しましょうという話になっていたのね?

相談者:
はい

今井通子:
それで、あなたの、お家の方なんですが、

相談者:
はい

今井通子:
あのお、息子さん、とかお嬢さんはもう、独立してらっしゃるの?

相談者:
はい。
それぞれ家庭持ってます。

今井通子:
ああ、そうですか。

相談者:
はい

今井通子:
そすうすると、お2人で、やっぱり生活してらっしゃるわけですね?

相談者:
主人は、

今井通子:
うん

相談者:
主人で、主人の母親が、あの、高齢なので、

今井通子:
ええ

相談者:
主人は、自分の親の方の介護をしてるんです。
今、だから、別々なんです。

今井通子:
あのお・・

相談者:
主人は、お母さんの方に、今、付き添いで行っちゃって、あたしは、私の両親の方の付き添いで、来てるんです。

今井通子:
ああ、なるほど。
でえ、お父さんとお母さんは、

相談者:
はい

今井通子:
老後を、ある程度のお金って持ってらっしゃるの?

相談者:
はい。
父は厚生年金、

今井通子:
はい

相談者:
母は、国民年金、あります。

今井通子:
あ、年金はあるのね?

相談者:
はい

今井通子:
年金だけではとてもやっていけないっていう状態なの?

相談者:
えーと、今は大丈夫です。

今井通子:
ああ、大丈夫なんですか。

相談者:
でも、あの、母の痴呆が今、かなり、きてるので、

今井通子:
うん

相談者:
もしかしたらその、あたしの手に負えなくなれば、施設、に、

今井通子:
なるほど。

相談者:
お世話にならなきゃいけないかもっていう、感じなんですね。

今井通子:
うーん。
まあ、あなたも何(なん)か、ご病気されたみたいなんですが、

相談者:
はい

今井通子:
調子が悪かったのは、何(なん)か、慢性的なものですか?
そうじゃなくって、

相談者:
いや、違います。

今井通子:
たまたま風邪引いたみたいな?

相談者:
ええ、あのお、ま、介護と、

今井通子:
ええ

相談者:
その、アルバイトがちょっと忙しいっていうか・・

今井通子:
アッハハ、なるほどね(笑)

相談者:
ええ。
それで、

今井通子:
うーん

相談者:
「ちょっと助けて」って、「あたしの体調が治るまで、助けて」って言ったら、

今井通子:
うん

相談者:
「はっきり言ってお断りします」っていう風な、実は、声きたので。

今井通子:
うーん

相談者:
ん、それであたしは今、ちょっと、「ん?」っと思って、今ご相談差し上げてるんです(笑)

今井通子:
で、その時のご相談ていうのは、

相談者:
はい

今井通子:
弟さんのお嫁さんに、

相談者:
はい

今井通子:
助けてという、なんか、法的な手段があるか?っていうことですか?

相談者:
あの、「助けて」と言った時に、

今井通子:
ええ

相談者:
その、結局、こういう時に気持ちがない、のならば、

今井通子:
うん

相談者:
せめて、

今井通子:
うん

相談者:
お金を、出すって、法律っていうのかな?

今井通子:
うん。
そういう・・

相談者:
ま、多分、気持ちも、出す気はないんだろうけれども、

今井通子:
うん

相談者:
うん、そういう手段は、

今井通子:
そういう手段は、ないでしょうか?

相談者:
あるのかな?と思って。

今井通子:
なるほど。

相談者:
はい

今井通子:
今日はですね、弁護士の大迫恵美子先生がいらしてますので、

相談者:
はい

今井通子:
伺ってみたいと思います。

相談者:
はい

今井通子:
先生、よろしくお願い致します。

相談者:
はい、よろしくお願い致します。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


亡くなった弟の嫁に親の介護を拒否された60歳女の次なる要求」への1件のフィードバック

  1. 「弟」の財産は「弟一人」で築いた物ではなく、「弟夫婦」で築いた財産なのでしょう? 老親が880万も受け取れるのはそれほど悪くないような・・・弟一家(子は無かったが)の財産は相談者とは何の関係も無いのでは? 
    「お嫁さん」という言葉の使いかたも、「弟」の付随物のようで不快でした。
    相談者は「介護」を金科玉条とし、「この介護の紋所が目に入らぬか~」と言っているよう。一生懸命介護して、老親の遺産を受け取れば良いのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。