姉と比べてアタシを育てた母。幸せな家庭を築いた今も囚われる自分をどうすれば?


テレフォン人生相談 2017年5月17日 水曜日

母に幼いころ姉と比較されてきた事が引っかかって、母のことが苦手。でも好きな所もある。どう関わっていけば?

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 高橋龍太郎(精神科医)

相談者: 女44歳 夫47歳 長男14歳 次男11歳 三男8歳 父78歳 母75歳 姉45歳 両親は別居で近くに住んでいる

スポンサードリンク

今井通子:
もしもしい、テレフォン人生相談です。

相談者:
あ、もしもしい

今井通子:
はい

相談者:
はい

今井通子:
今日はどういったご相談ですかあ?

相談者:
はい、あのお、実の母との、

今井通子:
はい

相談者:
関係で、

今井通子:
はい

相談者:
悩んでいます。

今井通子:
あら。
あなたおいくつ?

相談者:
はい、わたしは44歳です。

今井通子:
44歳

相談者:
はい

今井通子:
お母さまおいくつ?

相談者:
・・と、75歳、になります。

今井通子:
75歳

相談者:
はい

今井通子:
はい。
あなた自身は、結婚されてますか?

相談者:
はい、しています。

今井通子:
ご主人はおいくつ?

相談者:
はい。と47歳です。

今井通子:
47歳、お子さんいらっしゃいます?

相談者:
はい。子どもが3人おりましてえ、

今井通子:
はい

相談者:
上から長男、

今井通子:
はい

相談者:
14歳

今井通子:
14歳はい

相談者:
次男

今井通子:
はい

相談者:
11歳

今井通子:
11歳、はい

相談者:
三男、8歳です。

今井通子:
じゃあ、お母さまの方は、

相談者:
はい

今井通子:
・・これあの、実のお母さまですよね?

相談者:
あ、はいそうです。

今井通子:
はい・・あの、お父さま、は、まだ、いらっしゃいます?

相談者:
あ、はい。います。

今井通子:
お父さま・・

相談者:
78歳です。

今井通子:
78歳
・・であなたご兄弟は?

相談者:
はい、あのお、一つ上に姉が、います。

今井通子:
45歳のお姉さん

相談者:
はい

今井通子:
二人きょうだいでらした?

相談者:
はい、そうです。

今井通子:
はい。で、お母さまや・・え、お父さま、あ、だからご両親と、

相談者:
はい

今井通子:
あなた達は、

相談者:
はい

今井通子:
えー、ご一緒にい、暮してらっしゃる?、それとも別々?

相談者:
いえ、あの、別々なんですが、あのお、歩いて、3分ぐらいのところに、

今井通子:
あ、

相談者:
住んでいます。

今井通子:
なるほど。で、どういう・・

相談者:
あ、はい。
昔からあ・・自分ではちょっと分からなかったんですけどもお

今井通子:
はい

相談者:
母の言う事、だけ、いつも、勘ぐって捉えてしまうんですね。

今井通子:
・・例えば、はは(笑)

相談者:
はい、あのお、今主人の、父の方が調子が悪いんですけども、

今井通子:
はい

相談者:
父に、わたしの実の父に・・
「調子どーお?」と聞かれても、

今井通子:
はい

相談者:
あのお、素直に答えれるんですけども、

今井通子:
はい

相談者:
母あ、に、聞かれるとお、

今井通子:
はい

相談者:
ん何かこう・・(苦笑)裏があるっていうとあれなんですけどもお・・何かこう、比較してえ・・何か考えてるのかな?っていうことを、疑ってしまうんですね。で・・

今井通子:
・・ん、だから例えば?

相談者:
はい

今井通子:
だからお母さんが、

相談者:
はい

今井通子:
「どーお、あなたの・・ご主人のお父さんは」って、
「調子どう」、わる、「まだ悪いの?」みたいな・・

相談者:
そうですね

今井通子:
聞かれ方をし、した時に、

相談者:
はい

今井通子:
はい、じゃ、何て答えられる?・・何て思っちゃう?

相談者:
何かこう・・なんか情報を集めてまたいろんな人に、言いふらしたりとかあ、

今井通子:
あ、そういうことねえ、はーいはい

相談者:
はい・・はい

今井通子:
はい

相談者:
んでえ、わたしはあ、苦、手え、だと・・思・・いはじめたのは結構昔からなんですけど、

今井通子:
はい

相談者:
はい。あの、子どもの頃からあ、いつも・・姉と、比べられていて(震えた声)

今井通子:
はい

相談者:
うーん、それが・・ちょっと心にずーっと引っかかっていて(震えた声)

今井通子:
それお母さまに、比べられてた?

相談者:
はい、そうです。あ#$%◆

今井通子:
それどう、どういう比べられ方?、

相談者:
と、姉はあ、

今井通子:
うん

相談者:
心が優しくていい子。

今井通子:
・・うん

相談者:
わたしは手が掛かってわがまま・・という、受け止められ方が、多かったです(震えた声)

今井通子:
っていうのはこれえ・・お母さまからそういう風に言われたの?

相談者:
そうですね、はい

今井通子:
それとも・・自分の、思いが、どうもお姉さんの方は・・優しくていい子だと思われてるらしく、自分ん、は、手間が掛かる・・わがままな子だと、思われてるらしいってあなたが思ってんの?

相談者:
いえ、直接、言われてました。

今井通子:
あ、直接言われてたの?、はーい

相談者:
はい。でそれがずっと(涙声)

今井通子:
うん

相談者:
心の中に・・引っかかっていて(震えた声)

今井通子:
ええ

相談者:
ただわたしも・・それなりには反抗はしていたんです(涙声)

今井通子:
はい

相談者:
・・んでえ、ま、そんなこんなあったんですけども、わたしも結婚しまして。

今井通子:
はい

相談者:
はい。優しい主人も、いますし・・子どもも、3人も恵まれて。

今井通子:
はい

相談者:
はい。心を穏やかに、結構過ごしていたんです。

今井通子:
はい

相談者:
で・・また今度、2回目の、爆発があったのが(震えた声)

今井通子:
はい

相談者:
・・次男が・・3歳ぐらいの時ですね。

今井通子:
はい

相談者:
年少ぐらいの時です。

今井通子:
・・はい

相談者:
次男も長男も、いるところで、

今井通子:
はい

相談者:
「次男は不器用でできない子だから・・苛めとかに遭わないか、あなたがちゃんと見てやらないと」ということを言ったんですね。

今井通子:
はい

相談者:
でその時に・・また物凄く怒りがこみあげて来て、

今井通子:
はい

相談者:
母が・・用があって家に来ると・・物凄く・・逃げたくなってしまうんです(涙声)

今井通子:
はい

相談者:
会いたくなくって(涙声)

今井通子:
うん

相談者:
ただあ、わたしも・・自分が逃げてばっかりは、嫌なんですもう(涙声)

今井通子:
はい

相談者:
・・(鼻をすする)だけどお・・嫌だっていうことを伝えても・・伝わらないんです(涙声)

今井通子:
だけどこれじゃあ駄目なんだって今思ってるわけでしょ?

相談者:
そうなんです。

今井通子:
うん

相談者:
それで、

今井通子:
うん

相談者:
母は・・全く・・気にしてくれないので。

今井通子:
ええ

相談者:
自分が・・変わらないとお?

今井通子:
はい

相談者:
いけないんだろうなっていうのを、

今井通子:
はい

相談者:
思っているんですけど。

今井通子:
はい

相談者:
どうしたらあ・・気にしないっていうことが・・どうやったらできるんだろう?っていう・・

今井通子:
それが今日のご相談?

相談者:
そうですね、はい

今井通子:
分かりました。今日はですね、

相談者:
はい

今井通子:
精神科医の高橋龍太郎先生がいらしてますので、伺ってみたいと思います。

相談者:
あ、はい。ありがとうございます。

今井通子:
先生よろしくお願いいたします。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。