夫の浮気相談。 いずれ戻って来るから小手先で動くな


スポンサードリンク

(再びパーソナリティ)

今井通子:
フフ。

相談者:
どうしたらいいか分からないですね、でも。
うー・・

今井通子:
あのね、

相談者:
はい。

今井通子:
あなたが大騒ぎしてるけど、

相談者:
んー・・

今井通子:
ご主人にとっては、今までのあなたが、あなただった。
急に、変わっちゃったあなたは好きじゃないと思う。

相談者:
あー、うーん・・
そうですか、あたしが、あまりにも構わなかったからかなあと思ってえ、

今井通子:
うん。

相談者:
あの、会社に行くときも、今度、言ってらっしゃいの、チュッ、もするようになったんですね。

今井通子:
うん。

相談者:
だから、構わなかったからかなあ?、と思って・・も、ちょっと、主人を構えばいいのかなあ?、と思って。

今井通子:
ただそのお、構わなかった、構うが、

相談者:
うん。

今井通子:
その、何もないときに構わなかったのがいけなあい、と思って構うんなら、

相談者:
うーん。

今井通子:
相手も喜ぶけどお、

相談者:
うーん。

今井通子:
理由があって、

相談者:
うん。

今井通子:
しかも、それを、なんとか取り戻そうとしている、

相談者:
うーん。

今井通子:
感じが見えてる上で、構っても、

相談者:
うーん。

今井通子:
効果ないと思うけど(笑)

相談者:
じゃ、今までとおり、っていうことですかね。

今井通子:
その方がいいと思うなあ。

相談者:
あー、そうですか。

今井通子:
そういう淡々とした、あなたに、

相談者:
うん。

今井通子:
たぶんご主人は、惚れてたし、

相談者:
うーん。

今井通子:
うん。
その淡々としたあなたの、

相談者:
うーん。

今井通子:
目を盗んで、ちょろっと遊ぶ楽しさも、今まで、味わってたんだろうと思うから。

相談者:
うーん。

今井通子:
うん。

相談者:
あー・・

今井通子:
さっきの、あの、ご主人が言った、
「君は家族、の一員で」

相談者:
うん、はい。

今井通子:
「相手は彼女で」

相談者:
そうです。

今井通子:
ていう言い方からして、

相談者:
はい。

今井通子:
本当に好きなのは、あなたのことだと思います。

相談者:
はあー、そうですか。

今井通子:
うん。

相談者:
じゃ、その言葉を、励みに(笑)

今井通子:
そう、そう、そう。
励みにしてください。

相談者:
うん。
はい、ありがとうございます。

今井通子:
はい、どうもお、

相談者:
はい、ありがとうございました。

今井通子:
はい、失礼しまあす。

相談者:
失礼しまあす。

スポンサードリンク

(内容ここまで)

マド愛 ほっとけば戻って来るよ。
相談者 うーん。

マド愛 じゃあ、修羅場作れば?
相談者 うーん。

もうね、なに言ってもだめなの。
トドメは、「あんたが勝つよ」、ってのを慰謝料が取れると勘違い。

話の流れで分かりそうなもんなんだけど。

これで、愛さんも怒っちゃった。
基本的に短気だからね、この人。

相談者、女を懲らしめたいけど、それしちゃうと夫が離れるのが恐いというジレンマに苦しんでるわけだ。

夫婦2人の問題だっていうアドバイスは、世の奥さん連中から非難の嵐が起きそうだけど、これは、愛さんに限らず、浮気相談のアドバイスとしては鉄板。

離婚したくないんだったらね。

そういう意味では、相談者、一応は反省もしてていいんだけど、愛さん曰く、浅いんだな。

尾行したり、
女に電突したり、
泣いたり、
自殺ほのめかしたり、
チューしたり、
ノウハウ本読みあさったり、

なんか、やることが可愛い。

間違いないのは、舌っていうか、腹っていうか、食い物で旦那の心を掴んでることだな。
これ、すごい大きなアドバンテージだと思うよ。

 

ちょっと想像してみたんだけど、
2人の年頃の娘が自立して立て続けに居なくなれば、家の中の雰囲気は、それまで馴染んでたのとは、ガラッと違ったものになってたはず。

結婚から20数年を経て、むき出しの夫婦が、また向かい合ったわけだよ。

老後なんて、まったく早すぎる年齢だし、安っぽい言い回しだけど、第2章ってのかな、夫婦の形をつくる意識が必要だったのかもね。

 

ただ、よく分からんのですけど・・

中学生の息子がいる女の家で、夜遅くまで、一体何してんの?、旦那。

お話し?(笑)

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。