女「だからぁ、そうじゃなくてぇ」、怒らせて、そしてねじ伏せる黄金コンビ


スポンサードリンク

(回答者に交代)

大原敬子:
こんにちは

相談者:
こんにちは、よろしくお願いしまーす。

大原敬子:
いや、もう(苦笑)・・お母さんね、
今日の話っていうのは・・この屈辱感を・・あなたが今、頭にあるんですね。
分かるんですよ?、分かるけれどもこの屈辱感を晴ら・・晴らすためには・・聞いて欲しいんですけどね?

相談者:
・・

大原敬子:
まず、あー、お母さんがおっしゃったのは「挨拶がない」っていうのはね?、お嫁さんではなくって向こうの両親だと思いますよ。
あなたの感情は。

相談者:
・・ええ、、そうですね。
親に対しては、ちょっと非常識だなってのはありますね!
向こうの親に、親・・

大原敬子:
「ね!」ってわたしに強く言われたら(笑)お・・わたしが怒られてるみたいですね。
「そうですね!」・・なんて言われると(苦笑)ちょっと困る・・

相談者:
あの、ですからね、

大原敬子:
はい、はい・・はい

相談者:
今、今、考えてもしょうがない事ですけれど、

大原敬子:
そう、うん、分かってんじゃないすか、あなた。

相談者:
あーの・・あの、今考えてもしょうがない事ですけども、

大原敬子:
うん、うん

相談者:
そのお嫁さんが・・決まった時にそのお家に、に・・直接行って、ま、色んな、周りの雰囲気とか、そういうのをよく見とけば・・
なんか孤立して、あの、親戚付き合いも全部バツで、あの、孤立してるお家、なんだそうです。

大原敬子:
あのね?

相談者:
うん

大原敬子:
そこまで聞いちゃうと・・あの、色んな事で、差し障るの。
わたしはちょっと今聞きたいのは、あなたはこれ・・離婚に持って行きたいの?・・今の話は、

相談者:
(ため息)

大原敬子:
愚痴は言ってるけれども・・この愚痴を言う時っていうのは、もう綺麗さっぱり・・別れさせますって時に・・

相談者:
先生、

大原敬子:
はい

相談者:
「愚痴」っていうんではなくって、

大原敬子:
ヘヘヘ(苦笑)、うん、何?

相談者:
む、息子が・・

大原敬子:
愚痴に聞こえちゃうの。

相談者:
幸せになりたい、なってもらいたい。

大原敬子:
だって今なってる?これ。

相談者:
はい?

大原敬子:
これなってる?

相談者:
・・だから、

大原敬子:
うん「だから」・・

相談者:
でも、その、そこが複雑なんです今、わたしの心の中では。

大原敬子:
あなたは・・こんーな酷い家(うち)だったら、別れた方がいいと思・・ってるのか?どうかを聞きたいんです。

相談者:
・・

大原敬子:
そこで答えは出るんです、早く。

相談者:
・・

大原敬子:
「それでも息子が可愛いから、わたしは我慢します」って、また次の手ですよね?
今、あなたがそこで・・や、あなた自身・・

相談者:
えーと、主・・

大原敬子:
うん

相談者:
えー、主人も、その、あの、一度・・

大原敬子:
いや・・これ・・(苦笑)

相談者:
お父さまから電話があったんですけれど・・

大原敬子:
だ、だけどね?

相談者:
はい

大原敬子:
いいですか?どんどん切っちゃうけど。
ご主人さまは・・これはどう考えても、あなたが、大黒柱です。
ご主人さまは、「そうだね」「君がそうだね」っていう事、言ってると思いますよ。

相談者:
あ、そうです、そういう性格の人です。

大原敬子:
そうでしょ(苦笑)?

相談者:
うん

大原敬子:
だって、わたしに、このキツいわたしに、あなた「だからぁ!」っていうのは、あなた(苦笑)相当ね・・自信のある方ですよ。

相談者:
わたし、お舅さんに相当やられましたので強くなりました。

大原敬子:
いいんじゃないの?それは。
大いに強くなって。
それはね、大事な事。
ただお嫁さんが、わたしがこんなに苦労してるのに・・この今のお嫁はなんだろ?と、お嫁さんのあなたと・・嫁の立場と嫁の立場の感情と・・親同士の感情と・・それから、可愛い息子がこうなってしまった感情が、3つあるんです。あなたの中に。

相談者:
・・

大原敬子:
今、どれを選択します?

相談者:
うーん、そう・・

大原敬子:
まず、それを1つ整理して、また次に行かなくちゃね?

相談者:
息子ですね。息子の幸せですね。

大原敬子:
そしたら・・息子さん、が・・あなたのその、「だから!」って怒らないで・・静かにそのまま放っておいてもいいんじゃないの?
わたしは今まで姑で苦労しましたよね?

相談者:
はい

大原敬子:
苦労したあなただったら・・息子さん・・どうしたい?

相談者:
そーうっと、しておきたいですねえ・・

大原敬子:
ですよね?
あなたが出ない事なんです、結論は。

相談者:
はい

大原敬子:
あ、何?(笑)なんか不満?

相談者:
分かりま・・あん・・

大原敬子:
不満?。何が不満?

相談者:
もうあの・・

大原敬子:
うん

相談者:
ほ、わたしもう・・

大原敬子:
うん、うん

相談者:
随分我慢してもう、一歩も、やはり、お、これは・・

大原敬子:
うん

相談者:
2人の問題だから、

大原敬子:
うん

相談者:
もうわたしも酷い目に随分遭ったので・・

大原敬子:
うん

相談者:
2人の問題だから・・

大原敬子:
うん

相談者:
2人で・・解決して・・もらいたいと思ったんですけど、そんな、そういう手紙がポンと来たので・・あ、これは・・

大原敬子:
分かる。
凄く結構分かるんですわたしも。だけどね?

相談者:
うん

大原敬子:
ふっと見方を変えて、いいですか?

相談者:
はい

大原敬子:
と息子さんがもし・・

相談者:
はい

大原敬子:
・・生きる気力を失くしてしまったら?

相談者:
・・

大原敬子:
最終的には・・息子さんの幸せ、何かっていうと・・彼を自由に泳がせる事じゃないかしら。

相談者:
あー、はい

大原敬子:
あなたの感情は理解できる、って。

相談者:
うん

大原敬子:
でも往々にしてこの感情が、

相談者:
はい

大原敬子:
子どもをダメにする経験もわたし知ってるんですよ。

相談者:
はい

大原敬子:
今回も、向こうから離婚のあれが来る前に、

相談者:
はい

大原敬子:
もしかしたら・・またあなた怒るかもしれない・・あなた動き過ぎた、可能性もあるんですよ、実は。

相談者:
動き過ぎた?

大原敬子:
うんん

相談者:
どこで動き過ぎたんですか?、わたしは。
どこで動き・・

大原敬子:
もう、あなた自身がね?、喧嘩腰なんですよ。

相談者:
え?
喧嘩腰・・

大原敬子:
喧嘩腰、うん

相談者:
誰に対してですか?

大原敬子:
誰だと思う?
わたしに言ってるあなたの声は甘えって分かるんです、わたし。

相談者:
・・

大原敬子:
甘えてるって事です。
初めて感情出して・・受け入れます。
でも、向こうの親たちは違うんですよ。
そのような方法で接してるんだと思うんですね。
あなた自身、あなたの家が・・この家は、あなた中心で持っていて、あなたの文化、あなたの感情、それがそのまんま御神輿のように動いてるんです。

相談者:
うん

大原敬子:
静観する事ですよ。

相談者:
じゃ・・

大原敬子:
はい

相談者:
先生、そーうっとしとけば、いいっていう事ですね?

大原敬子:
うん・・あのね・・
息子さんが何か言った時に・・聞いてあげる事なんですよ。

相談者:
え?

大原敬子:
聞くだけ。

相談者:
ああ

大原敬子:
息子さんはあなたの顔色見てやってますよ。

相談者:
そうですね、そういうところありますね。

大原敬子:
そうでしょ?

相談者:
うん

大原敬子:
だって・・わたしだってあなたの声を聞きながら・・

相談者:
うん

大原敬子:
怒るかな?と思いながら聞いてますもん(苦笑)

相談者:
ハハハハハ(笑)

大原敬子:
分かりますか?

相談者:
ええ

大原敬子:
もうあなたより年上のわたしが、気い使いながら喋ってるんですよ?
「主人が言ってる」って、主人は言わない。この人、大人しい。
息子さんも言わない。
あなたの顔色見て言ってます。
じゃ誰が・・あなたを抑えるの?
・・動かない事よ。

相談者:
うん、うん、そうですね。

大原敬子:
出来る?
・・それだけです。
だからあなたが、ため息とか「えー?」とか・・「だからぁ!」とか、言わないで下さって、(苦笑)

相談者:
はい、じゃ先生あの・・

大原敬子:
はい

相談者:
あ、じ・・っと、見守ってればいいっていう事です・・

大原敬子:
今はね。

相談者:
はい

大原敬子:
今は。
・・じゃ、加藤先生伺いますからね?
先生、お願いします。

スポンサードリンク

(再びパーソナリティ)


女「だからぁ、そうじゃなくてぇ」、怒らせて、そしてねじ伏せる黄金コンビ」への3件のフィードバック

  1. 他人の話を聞けない無学で粗野なそしてかなり働き者のお婆さんを想像して読みました
    息子3人も夫も話しが通じないってわかってるから何も喋らない
    静かにしてれば嵐は起きないし放っておく
    息子だけの母だしね
    1人で喋って家の中

    長男今大変だろうな~

    姑の苦労をしてると絶対させないって思ってもなかなか難しいかも
    私はこんなことされたあんなことされたって嫁に話すのも嫁側からしたらね〜かなりウザい

    もし娘がいればそりゃヒドイよ言っちゃいけないよとか言ってくれるのかな?言わなくても娘の姑話から少し学ぶことはあるんじゃないか?と昔姑の話を聞きながら思った事をおもいだしました
    でもここで読む限りキャラクターのようですね

    勉強させて頂いてます
    感謝しております

  2. 相談者の相談内容は「こちらも弁護士をつけた方が良いか」だった。調停で不利にならないかどうかが知りたかったのではなかろうか。しかしわざわざ相談してきたのは、管理人さんの言う通りに「心当たり」があったのだろう。
    回答者が弁護士だったらまた違った内容なになっていたのだろうか?そうでも無いかも。
    相談してきた側から「私は姑に苦労した」とドヤ声で言うのだから。この態度でいろいろぶち壊したんじゃなかろうか。

  3. プロレス役だったなら申し分ないヒール側
    かくはあらんと
    放送を聞く多くのリスナーに不快感を抱かせたのは
    誰かへの教え
    恨みと攻撃性のある、ビビびとくるこの手の独特の口調

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。