相続を独占した姉がコケたら皆コケた。3年で遺産の全てを失う宿無し三兄妹


スポンサードリンク

(回答者に交代)

塩谷崇之:
はい、こんにちは

相談者:
こんにちは、よろしくお願いいたします。

塩谷崇之:
はい。
えーと、いくつかちょっと確認させて下さいね。

相談者:
はい

塩谷崇之:
えっと、ローンを組むに当たっては、これはお姉さんが、

相談者:
はい

塩谷崇之:
1人でお金を借りて、あなたとかお兄さんは・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
特に、あのお、連帯債務者とか、連帯保証人とかにはなってないわけですね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
なるほど。で、えー、ま、そういう状態で3年間、暮らして来たけれども・・えー、この度お姉さんが、あー破産を・・する、かもしれないと。

相談者:
うん、したん・・

塩谷崇之:
した?

相談者:
だと思・・何も、聞いても教えてくれないで、す(苦笑)。

塩谷崇之:
そういう話は、お姉さんから直接、聞いているだけですか?

相談者:
・・そうですね。

塩谷崇之:
そうするとね?、ちょっと、ま、状況がよく分からないんでね?、あんまりこう、確実な事は申し上げられないんですけれども、

相談者:
はい

塩谷崇之:
まずお姉さんがね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
すでに破産をしているんだとするとね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
お姉さんの財産を・・おー管理するために、

相談者:
はい

塩谷崇之:
破産管財人っていう人が選任されて、

相談者:
はい

塩谷崇之:
その人が・・このお姉さんの不動産をね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
売却をして、えー、お姉さんの債権者、銀行とか・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
それ以外の債権者に・・配当をするという作業をしてくんですね。

相談者:
はい

塩谷崇之:
でも・・今あなたのお話を伺ってる限りだとお、そういうなんかこ、破産管財人、とかいう人が出て来てる様子はないんですね?

相談者:
・・あの、男の人2人来て、

塩谷崇之:
うん

相談者:
家の写真を、凄い、この間、撮ってって、

塩谷崇之:
うん

相談者:
それであの「買いたい人が、いたら見に来るから」?、「掃除をしとけ」ちゅうのは姉に言われたんですけど、

塩谷崇之:
うーん

相談者:
その、男のお、方、多分、不動産屋さんだと思うんですけど、

塩谷崇之:
あーあー・・なるほど。そうするとまだ、じゃ、破産んー・・にはなってないんでしょうね、恐らくね。

相談者:
・・そう・・

塩谷崇之:
破産になってないけれどもお、えー、金融機関の方から・・も「ローンが払えないんだったら」・・「売却処分をしてローンを返して下さい」と。
「で、もし」・・

相談者:
あ、そうなんだ。

塩谷崇之:
うん、「売却処分をして返さないんだったら銀行の方で競売にかけますよ」と。
「でもそれよりは」・・あ「いい買い手さんを見つけて売却した方がいいんじゃないですか?」っていう風に金融機関から言われている段階なんじゃないかなと、思います。

相談者:
・・あ、そうですか。

塩谷崇之:
うん・・で、そうだとするとね?・・まあ、お姉さんが、所有者ですから・・お姉さんが・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
売却する事には・・何にも問題がない、わけですよ。

相談者:
はい

塩谷崇之:
で、この家自体は・・これはもう、お姉さんの家だという風に・・考えざるを得ないんですよね。

相談者:
そうですか。

塩谷崇之:
うん、そうすると、あなた達は、ま、そこに・・ま、居候させてもらっていたと。

相談者:
はい

塩谷崇之:
特に家賃とか払ってたわけじゃないんですよね?

相談者:
そうですね、はい

塩谷崇之:
ですよね?、これがもし、あなたが毎月家賃を払って、ここに住ましてもらってたんだとすれば・・

相談者:
うん

塩谷崇之:
借家人としての、

相談者:
はい

塩谷崇之:
えー権利は・・あるんで。それを、あの・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
飼い主さんに対してもね、えー不動産を買った人に対しても・・
「いや、わたしはここをちゃんと借りて住んでるんで」・・「引き続き住まして下さい」っていう事が言えるんだけれども、

相談者:
はい

塩谷崇之:
そうじゃなく、単に、いー、ま、特にお金も払わずに、ま、居候をしてたという状態であるとすると・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
えー、そういう、うー権利があなた達に発生するわけではないので。

相談者:
分りました。

塩谷崇之:
うん、そうすると、ま、お姉さんが・・

相談者:
うん

塩谷崇之:
ま、飼い主さん、えー、ま、買い手が付いてね、えー、建物を、ま、いよいよ・・引き渡すという時にな・・ったら、あのお、その前に・・え、出て行かなければいけない事にはなると思います。

相談者:
はい

塩谷崇之:
で、えー、それがだから、今の家についての問題ね。

相談者:
はい

塩谷崇之:
で・・それ以前に、あのお、ま、お父さんの相続の時に・・お姉さんが、あー、勝手に、あなた、と、お兄さんの印鑑を押したと。
これについては、ま、お姉さんがやった事はね?・・え、本来はいけない事だし、

相談者:
うん

塩谷崇之:
あなた達が、判子をついてないんであればね?・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
あ、「わたし達は、その判をついてないんだから」・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
つまり、その、えー・・お父さんの遺産分割・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
は(わ)、あ「成立してません」と・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
いう事は主張してもいいとは思うんです。

相談者:
そう・・

塩谷崇之:
うん

相談者:
でも実際問題、あれですかね?

塩谷崇之:
うん、あの、や、で、です・・それはね?

相談者:
&%#◆

塩谷崇之:
あなたとお兄さんがね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
「自分の意思で判を押したんじゃない」と、「お姉さんが勝手に」・・「押したんだ」と・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
いう事を証明できればね?・・もしかするとその不動産は、そのお、姉さんの物じゃなくてね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
えー、あ、あなたとお兄さんと、お姉さんの3人の、共有なんだっていう事を主張出来るかもしれないです。

相談者:
はい

塩谷崇之:
出来るかもしれないんですけれども、ちょっとここは複雑なんですけどね、

相談者:
はい

塩谷崇之:
そういう風に、3人の物だっていう風に主張出来るかもしれないけれども、担保を設定した銀行との関係では・・銀行はそんな事知らずに・・

相談者:
うん

塩谷崇之:
これ100%お姉さんの、物になってるという風に信じて・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
えー、担保に、いー入れて、お金を貸してるんで、

相談者:
うーん

塩谷崇之:
お姉さんが、その、おー、借金の支払い、ローンの支払いを、怠った場合には・・

相談者:
はい

塩谷崇之:
銀行は、この不動産に対して・・抵当権を実行して・・競売に掛ける事は出来てしまうんですね。

相談者:
はい

塩谷崇之:
・・だから、お姉さんのやった事は決して正しい事ではないんだけれども・・

相談者:
&%#◆

塩谷崇之
銀行とか、家の買い主とか、

相談者:
はい

塩谷崇之:
そういう、第三者が・・出て来てしまった時点で・・

相談者:
うん

塩谷崇之:
それを、第三者には主張出来ない・・そういう状態になってしまってるんですよ。

相談者:
あ、そうですか・・

塩谷崇之:
はい

相談者:
分りました。

塩谷崇之:
あとはもう、あなた達とお姉さんとの関係で・・お姉さ・・

相談者:
ま、姉・・姉は・・今、住んでる住所も、言ってくれないし。
ま、縁切るつもりで・・いるんだろうなって・・

塩谷崇之:
うん

相談者:
思いますね(涙声)

塩谷崇之:
うーん。だからね?お姉さんに対しては・・損害賠償請求は出来るんだけども・・だけどお姉さん多分お金もないんでしょうから・・そうするとお姉さんから、その賠償を受ける事も・・あまり期待は出来ない。

相談者:
はい

塩谷崇之:
だからあなたにとっては、非常に、あのお、ま、残念な事っていうかね?・・え、厳しい結論になってしまうかもしれないけれども、

相談者:
はい

塩谷崇之:
もう・・

相談者:
あ、でも、ちょっと他人から・・言われて、

塩谷崇之:
うん

相談者:
ま、ちょっと・・前に進めた、感じがするので。

塩谷崇之:
うん。ま、そういう事をね、前提に、

相談者:
はい

塩谷崇之:
今後どうして行くか?っていう事についてね?冷静に考えてみて下さい。

相談者:
はい。分りました。

塩谷崇之:
はい

スポンサードリンク

(再びパーソナリティ)

ドリアン助川:
もしもし?、もしもし?

相談者:
はい

ドリアン助川:
あのお・・1つの扉が閉じたらもう1つ別の扉が開いてるはずだっていう言葉があるんですけども、

相談者:
はい

ドリアン助川:
今、確かにその厳しい状況・・は・・あると思うんですが、

相談者:
はい

ドリアン助川:
例えばですけどもね?、今別居してる旦那さんいらっしゃいますよね?

相談者:
はい

ドリアン助川:
そちらと、もう一度復縁するという可能性はあまりないんですか?

相談者:
・・そうですね、今あ・・結構・・自分自身の生活には、不満ない・・ですん、で、

ドリアン助川:
はい

相談者:
お互い・・に、頑張ってれば・・いいかなっていう、ふうに思ってて、
ただあの、今回の事でね?・・わたし凄い姉を、ちょっと恨ん、じゃうんじゃないか?ってね・・ちょっと思ってたん、ですけど・・

ドリアン助川:
はい

相談者:
ま、ちょっと・・他人から・・現実的な事言われて、ちょっと冷静になれた・・かなって思いました。あ(苦笑)

ドリアン助川:
あ、じゃま、1つあの・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
心に、なんというんでしょうかね?、節目というか。えー・・

相談者:
あの・・諦めなきゃならない事は諦めなきゃ、いけない・・って思って、

ドリアン助川:
はいはい

相談者:
前に、進め、たいと思い・・

ドリアン助川:
あ・・

相談者:
思います。

ドリアン助川:
ぜひそうなさって下さい。

相談者:
はい、ありがとうございました。

ドリアン助川:
はい、失礼いたします。


スポンサードリンク



「相続を独占した姉がコケたら皆コケた。3年で遺産の全てを失う宿無し三兄妹」への1件のフィードバック

  1. 土地ころがし?計画破産?とにかく、相談者姉のみが真相を知る。自分にはただの無鉄砲な家建築ではない気もする。そして、印鑑を例え兄弟でも貸すなっ、と思ったリスナーは多いのでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。