「会話が弾むと思ったらソレが目的なのね」昼間の前戯不足を理由に拒み続ける女


スポンサードリンク

(回答者に交代)

マドモアゼル愛:
はいどうも、こんにちは

相談者:
こんにちは、お願いします。

マドモアゼル愛:
どうも、はい
まず・・こいでお互いに性欲があれば、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
なんらかのきっかけでやっぱり、もっと、こう、合致してえ、求め合うっていう可能性も・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
あるわけじゃない?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
でも・・ま、女性は多く・・やっぱりロマンチストな、ですからね?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
いきなり・・その自分からそういう欲求として、そういうものにアプローチしたいっていう気は・・やっぱり、抑えられているし、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
やっぱり・・それはもう仕方ない事。そういう風に、あなた自身も、性を捉えて来て、これがいいとか悪いとかじゃなくてやっぱりそうだと思うのね?

相談者:
あ・・はい

マドモアゼル愛:
だから、あなたの性に対する、解放を、成し遂げるためには・・非常に極めて・・色々な、プロセスが・・必要だっていう事を今あなたは感じてるわけよ。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
そいで・・あのお、彼もそれは分かってるんじゃないかな?と思うのよ。

相談者:

マドモアゼル愛:
そいで、ただここに食い違いがあって・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
例えば最近は話すようになって来た1週間があったわけじゃない?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
そいで、男側から見れば、だから・・今日は・・抱けるかな?っていう思いは・・何も不当な事では僕はないと思う。

相談者:

マドモアゼル愛:
でも・・あなたはもうそこで、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
えー、話すようになって、いいムードになっていたのに・・「いきなりそんな事また言い出すの?」で、

相談者:
えー、はい

マドモアゼル愛:
拒絶・・

相談者:
エヘ(苦笑)

マドモアゼル愛:
したわけじゃない?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
ここに決定的な、どっちがいいとか悪いとかじゃなくて、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
決定的な違いがあって、

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
えー、柴田先生も、「いやそれも、わたしも男の人の気持ち多少は分かるわ」ぐらいの、ことをおっしゃってたように、

相談者:
あーはい

マドモアゼル愛:
やっぱ人によって違うと思うのね、それはね。

相談者:
はい、はい

マドモアゼル愛:
そうすると・・僕はあなたがやるべき事は、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
彼に分かってもらおうっていう事も大事だけれども、

相談者:
はーい

マドモアゼル愛:
彼にもっと本当の意味で甘えちゃった方がいいと思うよ。
彼に文句を言えるのよ。彼だけに言えるのよ。

相談者:
あー

マドモアゼル愛:
彼だけが、

相談者:
(泣き笑い)?

マドモアゼル愛:
辛うじてあなたが甘えられる人だから、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
これだけ複雑な感じになってんのよ。

相談者:
そっか・・

マドモアゼル愛:
彼もそれを知ってるから・・あなたに怒りとか何かをぶつけないで、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
結構・・我慢して・・一生懸命対応してくれてる姿も・・僕には見えるよ。

相談者:
・・

マドモアゼル愛:
あなたに必要なのは、

相談者:
はーい

マドモアゼル愛:
僕は旦那さんに対する甘えだと思うよ。
実際甘えてんだよ。

相談者:
ど・・どう甘えたいいのかなんかもう・・&%#

マドモアゼル愛:
今の・・今のでもいいのよ、文句を言ってんのも甘えてんのよ。

相談者:
あーそっか。

マドモアゼル愛:
うん、本当は。でもそれが甘えだと思って、もっと自分を許して行けば・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
ちょっと甘えの質が変わって来る。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
こちらに目を向けてくれなきゃ・・「なんで目を向けてくれないのよ」と、もっと、ストレートに言えるようになって来るかもしれない。
そしたら気は楽になって来る。

相談者:

マドモアゼル愛:
1回、手を軽くポンて、「あなた」、「自分の事ばっかりわたし見てない」とか言ってポンと・・手でも叩けば・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
その後、フッと・・あ、お茶入れてあげようかな?、とかいう思いが・・

相談者:
うん・・うん

マドモアゼル愛:
あなた優しい人だと思うから、

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
自然と湧いて来ると思う。でも・・常に不満だから・・

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
常に幻滅したと思ってるから、

相談者:
あーあー

マドモアゼル愛:
常に彼が足りないと思ってるから・・

相談者:

マドモアゼル愛:
その・・自然な優しさが、彼には、出ていないと思うし・・彼は彼で、我慢してるところが僕はあるような気がする。

相談者:
・・はい

マドモアゼル愛:
して、そこまで彼も、「そうか」、か、「彼女を甘えさせればいいのか」っていうと、用心しちゃってるからもう。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
僕は、あなたが・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
彼に求めてる、夫に求めてるものは、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
すでにやってる事は、甘えの複雑な解消であって・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
本心をもっと僕は出した方が、この話はスムースに行くような気がする。

相談者:
はい、はい

マドモアゼル愛:
ちょっと言ってる意味・・分かりますかね?なんとなく・・

相談者:
あ、なんかうん、分かります。

マドモアゼル愛:
うん。そしたら、あなたの良さが出て来る。

相談者:
はあ

マドモアゼル愛:
甘えて・・癒されたら・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
彼はもっと優しく出来る、安心してあなたに。

相談者:
・・

マドモアゼル愛:
きっとそういう時もね?、昔あったはずなのよ、きっと。

相談者:
そうですねえ。

マドモアゼル愛:
でも、彼も壊した。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
あなたも壊してんだよ、それを。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
お相子程度に考えた方がいいと思うよ。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
女なのよ、甘えていいのよ。

相談者:
・・

マドモアゼル愛:
彼に。彼求めてると思うよ、それを。彼が求めてんのがセックスだと思うから間違っちゃうのよ。

相談者:
そうなんです、エヘ(苦笑)も・・そうなんですよね。

マドモアゼル愛:
セックスにこだわってるのは意外とあなたなんだよ。

相談者:
はあ

マドモアゼル愛:
だって彼は・・諦めてるよ、1年も、2年もやってないんだから。

相談者:
あー!そうですね・・(苦笑)あーい(鼻をすする)・・ええ

マドモアゼル愛:
それなのに優しくしようとして・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
でもなんとか、修復しようとしてるのよ。

相談者:
はい、はい

マドモアゼル愛:
あなたが素直に甘える以外、道はないよ。

相談者:
・・

マドモアゼル愛:
何をこだわってんだろ?

相談者:
そうですよね(苦笑)

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
そうか。

マドモアゼル愛:
何を怒ってんだろ。

相談者:
ああ・・

マドモアゼル愛:
ま、一度・・お酒でも飲んで・・発散してもいいと思うし。

相談者:
アハハ(苦笑)

マドモアゼル愛:
とにかく・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
2人の壁を越える事だよ、とにかく。

相談者:
そうですね。

マドモアゼル愛:
彼はね?単純だから、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
セックスして、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
あれすればまた・・仲良くなれると思ってんのかもしれない。

相談者:
あーそうですか。

マドモアゼル愛:
うんでもあなたは、ちょっと違う考えは、当然あるし。
まず、2人のわだかまりの問題・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
あなたが、ホントは甘えたいのに、甘えられないから、複雑な・・攻撃によって?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
彼に対してだけ甘えを満たしてる。してそれは、他の、ところに行っても・・誰にも出来ないあなたは。

相談者:
・・

マドモアゼル愛:
彼が必要なんです。

相談者:
#$%◇

マドモアゼル愛:
あなたには。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
そこら辺の認識をすればね?

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
また、違った物が見えて来るような気がするけれども・・ね。柴田先生にもう一回・・

相談者:

マドモアゼル愛:
聞いてみたいです。はい

相談者:
はい、ありがとうございます。

スポンサードリンク

(再びパーソナリティ)

柴田理恵:
あのお、今先生がね?

相談者:
はい

柴田理恵:
あのお・・この、甘える・・って事をおっしゃった・・

相談者:
はい

柴田理恵
あの、もっと心から・・

相談者:
はい

柴田理恵
あ、甘えるっていう事は、つまり信頼だと思うんですね。

相談者:
はい

柴田理恵:
うん

相談者:
(鼻をすする)

柴田理恵:
ま、お子さんがまだ・・7つとか10歳でしょ?

相談者:
はい

柴田理恵:
この先・・どんどん、どんどん男の、子は色んな・・思春期迎えてそれから・・

相談者:
はい

柴田理恵:
上の学校に行くにしたがって、

相談者:
はい

柴田理恵:
もう・・こんな事言ってらんない、ほど・・色んな問題が起きて来ると思うわけです。

相談者:
そうですね。

柴田理恵:
その時には、やっぱり・・お互いにホントに信頼関係を持って、

相談者:
はい

柴田理恵:
それで、事に、に当たらないとお子さんの事ですからね?

相談者:
はい

柴田理恵:
その頃にはもうセックスしたいなんか思いもしないような・・

相談者:
アハハハ(苦笑)

柴田理恵:
そんな事も起きて来るかもしれないよ。

相談者:
そうですね。え、はい(苦笑)

柴田理恵:
あなたの方がして欲しいと思っても・・

相談者:
はい

柴田理恵:
いやもうそれどころじゃない、なっちゃうかもしれないんだから。

相談者:
アハハハ(苦笑)はい・・そうですね。ンフフ(苦笑)

柴田理恵:
毛嫌いする・・

相談者:
はい

柴田理恵:
のは、

相談者:
はい

柴田理恵:
きっと分かってますよ・・旦那さんだって。

相談者:
・・

柴田理恵:
毛嫌いされるって・・どんな事か分かる?、やーな気持ちになるんですよ。

相談者:
そうですねえ。はい(涙声)

柴田理恵:
うん。そういう事じゃなく・・ちゃんと・・甘えるべきところも甘えるっていうのは、ホントにその・・全信頼を置くって事だとわたしは取ったので、

相談者:
はい

柴田理恵:
そういうふにこう、旦那さんとお、の・・それこそホントに、性生活じゃなくて関係をきちんと、

相談者:
はい、はい

柴田理恵:
あの、して行かれたらどうでしょうか?

相談者:
あ、はい

柴田理恵:
はい

相談者:
ありがとうございます。

柴田理恵:
はい。よろしいですか?

相談者:
はい

柴田理恵:
はい

相談者:
ありがとうございました。

柴田理恵:
はーい、失礼しまーす。

相談者:
や、はい、失礼します。

柴田理恵:
はい


スポンサードリンク



「「会話が弾むと思ったらソレが目的なのね」昼間の前戯不足を理由に拒み続ける女」への2件のフィードバック

  1. 自分の事の様だ、、、w

    もっと甘えろか、それで解決するとは思えない、旦那が勘違いするだけ、勘違いして求めてくる、でもこの奥さんはやらせないw

    相談者の言い分、、、はぁーめんどくさー

    もう自分は求める事もなくなりました、断らた時の虚しさったら無いからw

    他の人に優しいエピソードから、外でしてくるのもダメなんでしょうね。

    自分の状況に似てるだけに、パーソナリティー、回答者、他の方がよかったなーと思います。

    ウチ夫婦の仲はいいんですよw

  2. 相談者の気持ちが痛いほど分かる。日常生活で会話も少なく、夜だけ求められてもね。今回の解答はちょっと残念だと思う。柴田理恵さんの「関係をきちんと」ということが相談者も求めている事。ご主人が「そんな事より…」と言ったと嘆いていたような気がしたが。普段の関係をがしっかり出来ていてからのsexだと思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。