実家の次は婚家。大変な中で家業を支えてきた女は余裕ができて落ち着かない


テレフォン人生相談 2020年4月9日 木曜日

子育てや家事をこなしていながら、なぜか自己評価が低い相談者。

夫の仕事を手伝って来たものの、次第に会社は安定して、今では相談者に時々支援要請が入る程度の中途半端な状況に居心地の悪さを感じている模様。

同居する実母は金遣いに計画性がなく、過去に父親とともに家業(夫の会社とは無関係)を破綻させた経緯もあって小遣い制にしていて、不満を口にする母親に優しく接したいと思っているのだが‥

パーソナリティ: 柴田理恵
回答者: 三石由起子(三石メソード主宰、作家・翻訳家)

相談者: 女49歳 夫50歳 息子10歳 同居の母80歳 父は他界

柴田理恵:
もしもし?テレフォン人生相談です。

相談者:
こんにちは

柴田理恵:
はい、今日はどんなご相談ですか?

相談者:
なんかわたしが、ま、昔からなんですけどお、

柴田理恵:
はい

相談者:
なんか、あの、人の役に立ってないと、なんか、い、いてもいいのかなあ?っていうか、存在しててもいいのかな?ってすぐ考え、ちゃう、ような感じで、

柴田理恵:
ふん

相談者:
で、ま、具体的なこと、だと、

柴田理恵:
うん

相談者:
あの、今、あたしは、えーとお、主人の会社を手伝ってるんですけれども、

柴田理恵:
はい

相談者:
仕事が、あの、ま、忙しかったり、ま、少なかったりするときもあるので、

柴田理恵:
うん

相談者:
あの、少ないときに、ま、家(うち)にいる、んですけど、

柴田理恵:
うん

相談者:
ま、少なくても・・突然ま、12時ぐらいで電話掛かって来て「これ、やって」とか、&#△%、頼まれることとかって・・自分の自由なことしていいのかどうか?っていうの、いつも迷っちゃって、

柴田理恵:
ふうん

相談者:
お友達の約束とかは入れられないし、

柴田理恵:
ふん

相談者:
習い事とかも、なかなか行けないし、

柴田理恵:
うーん

相談者:
でも、ま、ちょっと、うつうつしてんのも、自分、嫌だなと思って、

柴田理恵:
ふん

相談者:
せっかく今、ちょっと手が空いてるんだからとか思って、出掛けた先で、こう・・電話掛かって来て、
「ちょっとこれやってほしんだけど」って言われるとすごい、なんか、罪悪感ていうか、

柴田理恵:
うーん

相談者:
落ち込んじゃうっていうか、
「わたし何やってるんだろ?」(含み笑い)、みたいな感じになったり・・

柴田理恵:
ふうん
まずあなたおいくつですか?

相談者:
・・あたしは49歳です・・はい

柴田理恵:
旦那さんはおいくつですか?

相談者:
50歳です。

柴田理恵:
50歳、あの、お子さんはいらっしゃいますか?

相談者:
1人で、男の子で10歳です・・はい

柴田理恵:
それで、今は、ご主人の会社、を、お手伝いなさってるんですね?

相談者:
そうです。

柴田理恵:
人の役に立ってないと、考えるっていうのは・・若い頃からですか?

相談者:
そうですね、あの、ま、親があ、ちょっといろいろ適当だったのでえ、会社潰しちゃったり・・

柴田理恵:
はい

相談者:
借金作っちゃったりとか、いろいろあって、

柴田理恵:
はい

相談者:
なんかそういうの一生懸命、ま、あたし長女だったんで、

柴田理恵:
うん

相談者:
頑張って返して来たりとか、
あのお・・

柴田理恵:
あ、あなたが一生懸命、あの、親の借金を返したりしたんですか?

相談者:
はい・・

柴田理恵:
はあ、それいくつぐらいの頃、頃です?

相談者:
もう・・え、大学も中退になっちゃったので、

柴田理恵:
うーん

相談者:
3年生で辞めちゃったので、若干21ぐらいからですね。

柴田理恵:
ふうーんーん、大変だったですね。

相談者:
・・そう、ですね。

柴田理恵:
うーん

相談者:
なんかあ、ただ、わたししかいないと思ってずっとやって来たので・・

柴田理恵:
うん
じゃあ、そんな・・あ、あの、親の借金も、一生懸命返すような、孝行な娘なんだから・・

相談者:
はい

柴田理恵:
自分が、人の役に立ってないと考えるってことなんてないんじゃないんですか?

相談者:
うーんーん、なんだろ?、もう、そ、そういう生き方が身についちゃっ、ているのか・・

柴田理恵:
うん

相談者:
あと、母も・・ま、いまだに、ま、浪費癖があって、

柴田理恵:
うん

相談者:
ま、父が亡くなったのでえ、

柴田理恵:
うん

相談者:
あの、1人にしておくのも心配だったんで、

柴田理恵:
うん

相談者:
今、ちょっと、2世帯住宅みたいな感じで同居してるんですけど、

柴田理恵:
あー、お母さんおいくつですか?

相談者:
・・80です。

柴田理恵:
80歳、う、80歳でまだ浪費癖があるんですか?

相談者:
はい。で・・お金はもう、あったらあっただけ使っちゃうのでえ、

柴田理恵:
ふうん

相談者:
あの、あたしが、あの・・年金をお、毎月、

柴田理恵:
うん

相談者:
「あなたはこれだけもらってるんだから、これで」って渡して、

柴田理恵:
うん

相談者:
でま、ガス代水道代電気代、全部あたしが、ていうか、うちで払って、

柴田理恵:
うん

相談者:
あの、ま、お母さんの、ま、ご飯代と好きな物代っていう感じでお金渡してるんですけど、

柴田理恵:
ふうーん

相談者:
ま、すぐなくなっちゃって、

柴田理恵:
うん

相談者:
「よこせ」「よこせ」みたいなこともよく言って、来るので、ちょっと、も、最近あたし・・お母さんには、なんていうのかな?、最後ぐらい、お母さんに、こう、なんか優しくしてあげたい、かな?と思、わたしずっと借金のことでお母さんのこと嫌いだったんで、

柴田理恵:
ふん

相談者:
あんまり、なんか優しい言葉とか、掛けられたりとかして来なかったんですけど、

柴田理恵:
ふん

相談者:
なんかやっぱ最後の同居ぐらい、こう、なんか、仲良くじゃないけど、優しくしてあげたいなと思って、

柴田理恵:
うん

相談者:
いたんですけどお、お金のことであまりにも、こ、よ、結構、ま、年も取って来て頑固になっちゃった(含み笑い)、ていうのあるんでしょうけど・・

柴田理恵:
あ、お父さんがまず会社・・ですか?潰う、れて借金ってことですか?

相談者:
そうです、そうです、そうですそうです、はい

柴田理恵:
で、お父さん、お亡くなりになっちゃったんですね?

相談者:
そうです、そうです。

柴田理恵:
ふうん。お父さんも、そういう、こう、割と、どんどん、お金使ったりする方だったんですか?

相談者:
そうですね、なんか、まあ、ま、2人共、計画性がなかったってことですよね。

柴田理恵:
でも会社経営してたんでしょ?

相談者:
あ、もう、持ってたお金を減らしただけですね。

柴田理恵:
あー、そうっか・・でも、ご両親とは仲は悪くはなかったんでしょ?

相談者:
・・いやあたしは、あんまり良くはなかったんですけど・・で、小さい時もすごく厳しかったりい・・

柴田理恵:
ふん

相談者:
あと、母も、なんか、わたしのこと、おかあ、あ、なんていうのかな?あの・・女として見られちゃって・・
敵対心みたいな、いつも。
父をあたしが取るみたいな感じで、敵対心いつも持たれちゃってたので、

柴田理恵:
はあ

相談者:
なんか、ん、お、ん、だから、あの、父の会社が潰れそうだというんで大学を辞めて、

柴田理恵:
うん

相談者:
父の会社に入って、わたし一生懸命仕事してたんですけど、

柴田理恵:
うん

相談者:
ま、潰れる最後のところですね。

柴田理恵:
うん

相談者:
だけど、それをなんか、母は、わたしのこと、疎(うと)ましく思ってえ、なんか父に対して
「あの子のほうがいいんでしょ」とか、

柴田理恵:
うん

相談者:
そういうことを言ったりとか。

柴田理恵:
うん

相談者:
「あの子」ってわたしですよ、っていう感じだったんですけど(苦笑)

柴田理恵:
うーん

相談者:
ん、だからあたしもちょっとその時に、あー、もう、この家(うち)にはいられないなと思って1回もう出ちゃったんですけど。

柴田理恵:
ふうーん

相談者:
うん

柴田理恵:
でまあ、その、親の借金返して、

相談者:
はい

柴田理恵:
あなたは、あのお、新しく結婚なさって、

相談者:
はい

柴田理恵:
い、いくつんとき結婚したんですか?

相談者:
20う、7歳ぐらいですね。

柴田理恵:
27歳ぐらい

相談者:
はい

柴田理恵:
そんときにはもうご主人は、会社経営なさってたんですか?

相談者:
・・そうですね、2代目なんで。

柴田理恵:
んで、そのご主人ん・・の、会社を、今、

相談者:
はい

柴田理恵:
一生懸命やってらっしゃるんですね?

相談者:
はい

柴田理恵:
ふうん、安定して良かったですね?

相談者:
・・お陰様で、まあ、そうですね、あの、生活はあ、

柴田理恵:
うん

相談者:
お陰様で、も、ガタン、ガタンっていうのは、わたしの中では・・ないんですけれども・・

柴田理恵:
ん、うん、うん、うん

相談者:
ただ、なんか・・苦労症なのか、ま・・誰かの世話をすることに忙しかったので、

柴田理恵:
うん

相談者:
と、ま、会社仕事手伝ったりで。

柴田理恵:
うん

相談者:
で、ま、ここんとこたぶん、会社が、ちょっと落ち着いて来たりとか、

柴田理恵:
うん

相談者:
あの、従業員さんもいてくれたりとかして、

柴田理恵:
うん

相談者:
でえ、わたしがそこまですごい頑張らなくてもよくなったりすると・・

柴田理恵:
うん

相談者:
わたしがなんか、やることがないと逆になんか不安になったっていうか(苦笑)。

柴田理恵:
あ・・今、じゃ、そういう・・ちょっと贅沢な嬉しい悩み?

相談者:
・・うーん・・なんだけど、自分はすごく、なんか、あの、いたたまれなくなっちゃうっていう感じですかね?

柴田理恵:
あー

相談者:
&#△%

柴田理恵:
なんで、なんでですか?、ご主人とちゃんと結婚してて、

相談者:
はい

柴田理恵:
ま、家庭も守ってて、

相談者:
はい

柴田理恵:
それで、10歳のお子さん育ててて、

相談者:
はい

柴田理恵:
なんで人の役に立ってないって思うんですか?

相談者:
家事は誰でもできることだと思ってるから&#・・

柴田理恵:
そんなことないですよお。

相談者:
いやでもなんか・・

柴田理恵:
うーん

相談者:
うん、主人があ、そういうふうに思えてているのかなあとかって思っちゃったり・・

柴田理恵:
え?ご主人・・が?

相談者:
あ、に、

柴田理恵:
に?

相談者:
に、うん、あ、なんか、だから家のことは、

柴田理恵:
うん

相談者:
ま・・誰でもできることだと思われてる、ていうか見下げられちゃってるのかなってふうに思っちゃったりもする・・

柴田理恵:
じゃ今、あなたはあれですかね?そのご主人っていう、ものに対してちょっと・・今、だって一番最初の・・ね?、ご相談でいうと・・
「自分は、人の役に立ってないと考えてる」とか・・

相談者:
うーん

柴田理恵:
「自由なことしていいのかって悩んでしまう」っておっしゃってたんですけれど、

相談者:
はい

柴田理恵:
じゃなくって、ご主人に対しての・・ご不満がある・・あるんですかね?

相談者:
・・うん、なんか、あたしとしては、なんていうのかな、あたしの価値を認めてもらいたいっていうのがあんのかもしれない、ですね。

柴田理恵:
なるほど。じゃ分かりました。
じゃあの今日のご相談は、わたしの、価値を・・誰かに認められたいと、思ってるの、だろうか?

相談者:
アハハハ(笑)

柴田理恵:
じゃ先生に、聞いてみましょう。

相談者:
はい、すいません。お願いします。

柴田理恵:
はい
今日の回答者の先生は、三石メソード主宰、作家で翻訳家の、三石由起子先生です。先生お願いします。

(回答者に交代)


「実家の次は婚家。大変な中で家業を支えてきた女は余裕ができて落ち着かない」への18件のフィードバック

  1. 育児に追われて、働けない時、語学教室の外人の先生に「職業は何ですか?」
    と聞かれて「あっ、主婦です。」
    と答えたら、「そういうのは無職と言うんです。」と言われた時、そういう意味ではないと分かってても辛かったなあ,,,。家事、育児の対外的な報われなさは、
    世界共通なのかな?

  2. 最近のテレ人
    イマイチ面白くない。
    回答者かな?相談内容なのかな?
    自分が飽きたのかな?
    以前は欠かさず聞いてたのに最近は忘れる事が多い。

    1. そうですか?最近のは
      ためになるし、考えさせられます。

      違う場所で頑張れば?

      1. パーソナリティが変わったくらいで
        文句つけるって
        どんだけ他力本願なんだか・・・

    2. 同じく聴く意欲が減って来ました。
      他力本願とか意味不明な意見ですね。
      違う場所で何を頑張るのでしょうか?

      1. あなたにとって回答者は、重要な位置づけだったのね。悲しませたね。
        すみませんでした。

  3. 幸福恐怖症。困難な状況に長期に渡って居続けると不幸でいるのが当たり前に感じてしまい、幸福になることに猜疑心を持ってしまう精神疾患があるという。加えて、母親との関係を無理して維持しているんじゃなかろうか。内心は「もう無理」と思っていても世間体もあって同居して。そうやって気持ちの噛みあわないことをして、精神のチグハグさが無力感を呼んでいるのでは。
    一度カウンセリングに通って自分の生い立ちや希望を吐きだすのがよさそう。あと、仕事の戦線に居る方が活き活きするタイプの模様なので、一度旦那と腹割って話した方が。
    なんだかんだで義母と同居する相談者旦那が凄い。

コメントはお気軽にどうぞ