9歳年下の夫が振り向いてくれなくて離婚を口にする65歳


テレフォン人生相談 2015年3月18日 水曜日

相談者: 女65歳 夫56歳 2人暮らし
パーソナリティ: 勝野洋
回答者: 大原敬子(幼児教育研究家)

スポンサードリンク

勝野洋:
今日はどんなご相談ですか?

相談者:
主人との関係が、ちょっとギクシャクしてるんですけど。

勝野洋:
えと、あなたお幾つですか?

相談者:
65歳です。

勝野洋:
で、ご主人は?

相談者:
56歳です。

勝野洋:
あの、お子さんは?

相談者:
いないんですけど。

勝野洋:
じゃ、お2人でお住まいですか?

相談者:
あ、はい、そうです。

勝野洋:
ご主人は、会社員ですか?

相談者:
はい、サラリーマンです。

勝野洋:
はい。
それで、ご主人との関係が・・

相談者:
なにか、あのお、わたしの嫌いなことばっかり言うんですけど。

勝野洋:
嫌いなことばっかり?

相談者:
はい。
優しくないし、思いやりもないし、どういうふうに対・・応したらいいのか、考えてるんですけど。

勝野洋:
優しくない?

相談者:
はい。

勝野洋:
思いやりもない?

相談者:
そうなんです。

勝野洋:
えっとお、結婚されて何年ですか?

相談者:
35年ですけど。

勝野洋:
恋愛ですかあ?

相談者:
そうです。

勝野洋:
昔から、そういう・・性格の方ですか?

相談者:
いや、前・・は優しかったんですけど。
この4、5年・・なにか、わたしも、話したらすぐイライラして、喧嘩になるんですけど。

勝野洋:
この4、5年・・から、

相談者:
と思いますけど。

勝野洋:
優しくなくなった?

相談者:
はい。
も、だんだん嫌いになって(笑)、主人のこと。

勝野洋:
嫌いになった?

相談者:
はい。
別れたいなあ、って言ってるんですけど、むこうは、別れないって言ってるんです。

勝野洋:
こう、なんか、きっかけって、4、5年前、なんかあったんですか?

相談者:
いや、わたしは別に無いんですけども、

勝野洋:
はい。

相談者:
なんか、仕事の送り迎えで、帰りに、色々、色々、文句を言うんですよね。

勝野洋:
仕事の送り迎えっていいますと?

相談者:
会社・・に送り迎えしてたんですけどお、行きも帰りも喧嘩して。

勝野洋:
あなたが送ってたんですか?

相談者:
あ、そうです。

勝野洋:
ああ。

相談者:
それから、なんか、あたしが主人から、言われたのに、頭に、だんだん・・くるようになったんですよね。

勝野洋:
例えば、ご主人は、

相談者:
はい。

勝野洋:
どんなことを言うんですか?

相談者:
道路で信号が赤になるんですよね、それで、
「あの人は、危ないよねえ」、って言ったら、
「お前も赤で渡るやないないかあ」、とかって言うし、

勝野洋:
はい。

相談者:
それで、わたしが道・・のことを、
「真っ直ぐよ」、って言ったら、左と言うし、なんか全然、意見が合わないんです。

勝野洋:
うん。

相談者:
価値観がだんだん、ずれてきてるみたいで、相談も出来ないし、話し相手にもならないんですよ。

勝野洋:
はい。

相談者:
そして、なんか、料理が上手なんですよね。

勝野洋:
はい。

相談者:
料理は、あのお、自分で、仕事から帰ったら、夕ご飯は作るんですよ。

勝野洋:
はい。

相談者:
それで、お酒も煙草も、ギャンブルなんかも一切やらないし、

勝野洋:
はい。

相談者:
それで、お友達に相談するんですけど、
「食事作ってくれるんなら、我慢したらいいよ」、
「色々言われても」、っていう・・友達は言うんですけど。

勝野洋:
はい。

相談者:
我慢しなくちゃいけないのかなあ?、と思って。

勝野洋:
お酒も煙草もやらないんですね?

相談者:
はい。

勝野洋:
それで、料理があ・・

相談者:
料理は・・作ってくれるんです。

勝野洋:
はい。

相談者:
休みのときは朝昼晩。

勝野洋:
おお・・

相談者:
わたしが、しないものですから。

勝野洋:
朝昼晩?

相談者:
はい。
それでえ、

勝野洋:
はい。

相談者:
色々、むこうからわたしの嫌なこと言われても、それ・・があるから我慢しなくちゃいけないのかなあ?、と思って・・

勝野洋:
なにか、あのお、直接・・聞いてみました?、ご主人。
どうして、そうして突っかかるの?って。

相談者:
わたしは、これこれ、これと、これが嫌だから直してください、って言ってるんですけど・・そんなことは、言ってない・・といいますか、

勝野洋:
はい。

相談者:
これぐらいのことで、って言うんですよ。

勝野洋:
あのお、会話も、そんなに無いんですか?

相談者:
ええ、もう、家庭内別居ですか。

勝野洋:
ああ・・

相談者:
食事を作ってくれて、二人で食べて、

勝野洋:
はい。

相談者:
と、わたしは別の部屋に行きますけど。

勝野洋:
はあ・・

相談者:
話したら喧嘩になるからですね。
も、近づかない方がいいかなあ、と思って。

勝野洋:
それで、今日のご相談内容は?

相談者:
主人のこんな関係を、我慢して、将来いくのかなあ、と思いまして。

勝野洋:
ご主人との関係を?

相談者:
はい。
ずっと、このまま我慢して、何十年も生きていくのかなあ?、と思ってるんですけど。

勝野洋:
それで。

相談者:
離婚は、わたし、言ったんですけど、

勝野洋:
うん。

相談者:
離婚は、むこうは、しないって言ってるんですよ。

勝野洋:
ご主人との関係をこのまま続けていいのかどうか?、
ということですか?

相談者:
そうなんですけど。

勝野洋:
今日のご相談は。

相談者:
はい。

勝野洋:
分りました。
では、この関係をどういうふうに、修復できるか?とか、

相談者:
はい。

勝野洋:
このまま、いっていいのか?とか、

相談者:
はい。

勝野洋:
そういう、ご相談ですね?

相談者:
はい。

勝野洋:
はい。
今日はですね、

相談者:
はい。

勝野洋:
こちらに、幼児教育研究の大原敬子先生がいらっしゃいますので、

相談者:
はい。

勝野洋:
ご相談してみたいと思います。
先生、そういうことです。
よろしくお願いします。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。