ダイヤモンドは傷つかない。合わないけど別れない、好きじゃないけど束縛する


スポンサードリンク

(回答者に交代)

三石由起子:
はい、こんにちは

相談者:
こんにちは

三石由起子:
困ったね、この話ね。

相談者:
すいません。

三石由起子:
ええ、あのね?・・これをね?、やっぱりね・・ハッキリ、するためにはね?

相談者:
はい

三石由起子:
関係をハッキリしなきゃいけないと思う。

相談者:
・・はい

三石由起子:
つまり結婚するか?

相談者:
はい

三石由起子:
別れるか?っていう話を・・

相談者:
はい

三石由起子:
もう先延ばしにしないでした方がいいと思う。

相談者:
・・

三石由起子:
それで、わたしは彼と別れても絶対ろくな事にならないと思うので、

相談者:
それはでも、多分結婚は・・ないと思います。

三石由起子:
え?、あ、ずーっとこうやって・・タラタラ行く気だったの?、何年も?

相談者:
いや・・

三石由起子:
いずれは別れる気で2人共付き合って来たって事ですか?

相談者:
・・

三石由起子:
そういう事?

相談者:
最近は・・

三石由起子:
うん

相談者:
最近はそう思・・って、わたしはいました。

三石由起子:
いや相手もそう思ってる?

相談者:
・・じゃないかなー?とお、思います。

三石由起子:
あー、それだったらね?、あなたの心の傷を・・ね?

相談者:
はい、はい

三石由起子:
最・・低限ていうか最小限に、

相談者:
はい

三石由起子:
抑える方法を教えますよ。

相談者:
はい

三石由起子:
あなたから先に「別れましょう」って言う事です。

相談者:
・・ああー

三石由起子:
そしたら彼は「はい」って言いますよ?

相談者:
はい

三石由起子:
「はい」って言うよ、絶対言うからね。

相談者:
はい

三石由起子:
うんあのお、渡りに船で「はい」って言うと思うけども、

相談者:
はい

三石由起子:
でも、相手から言われるよりは・・

相談者:
はい

三石由起子:
あなたが納得できると思うんだよね。

相談者:
・・あ

三石由起子:
あの人は、結婚する気もなかったと。

相談者:
うん

三石由起子:
こっちにもなかったと。
そして、わたしの方から・・言い出した別れだっていう事で・・自分の心を騙す事が出来ると思う。

相談者:
・・

三石由起子:
あなたは、自分に向き合えない人ですよ。30にもなって。

相談者:
・・

三石由起子:
自分に向き合えない人っていうのは、

相談者:
はい

三石由起子:
自分を騙すしかないの。2つに1つなの。

相談者:
・・

三石由起子:
お悩みっていうのは・・

相談者:
はい

三石由起子:
錯覚なんだよね。

相談者:
はい

三石由起子:
うん。でね?、きちんと向き、向き合う事の出来る人は解決出来ます。

相談者:
はい

三石由起子:
でもあなたは出来ない人ですよ。

相談者:
・・

三石由起子:
出来ない人を、は(わ)、どうしたらいいかって言ったら自分で自分の心を騙して・・幸せになるしかないの。
あなた「幸せに」・・「なりたい」って言ったじゃない?

相談者:
はい

三石由起子:
「幸せになり方教えて下さい」って言ったじゃない?

相談者:
はい

三石由起子:
自分で自分を騙すしかないのよ。騙し方っていうのは・・

相談者:
はい

三石由起子:
彼はわたしと別れてえ・・どんなに悲しい思いでいるだろう?って・・思うの、思い込むの。

相談者:
・・はい

三石由起子:
うん。それしかあなた幸せになれませんよ?

相談者:
・・

三石由起子:
あのね?

相談者:
はい

三石由起子:
あのお、あたし本当の事言ってるからさ。

相談者:
はい

三石由起子:
ふ、2つに1つしか・・ないんですよ、解決って。

相談者:
はい

三石由起子:
きっちり自分に向き合える人っていうのは・・

相談者:
はい

三石由起子:
30でこういう考え方しないの。

相談者:
・・はい

三石由起子:
ね?、でも、あなたは・・えー、一生無理だと思う。

相談者:
・・

三石由起子:
だから、その・・こう傷んだ心を、抱えちゃったからさ。

相談者:
はい

三石由起子:
その傷んだ心を、やっぱりさ、自分で労わりながら?

相談者:
はい

三石由起子:
自分で、庇いながら・・何とか騙し騙しね?

相談者:
はい

三石由起子:
楽しく楽しくして行く以外ないと思うんだよ?

相談者:
・・はい

三石由起子:
そうしないと・・あなたも幸せになれないし、周りも幸せになれないでしょ?

相談者:
・・はい

三石由起子:
うん。だからあなたが幸せに・・自分の心を騙して幸せになればね?

相談者:
はい

三石由起子:
ついでにさ・・「あ、わたしは周りを」・・「幸せにした」も思えると思うんだよ。
彼も幸せにしたっていう事が思えるようになって。
それは彼だけが幸せで悔しいっていう風にはなんないのよね。

相談者:
・・・・はあ

三石由起子:
うん。ちょっとあの厳しい事言いますけど。

相談者:
はい

三石由起子:
うん、それでね?、ホントに別れる・・っていうのがあなた達・・ま、一緒に暮してるからよく分かるんでしょうけど。

相談者:
はい

三石由起子:
目に見えているんだったら・・

相談者:
はい

三石由起子:
自分で別れなさい、自分で。その方がうんと楽だから。

相談者:
・・・はい

三石由起子:
うん。向こうがね?、「別れよう」って言った時にね?、あなた泣いてすがってもダメだと思う。
一旦ね、こういう男がね?

相談者:
はい

三石由起子:
自分の方から、あなたに「別れよう」って言った時にはね?

相談者:
はい

三石由起子:
あなたが・・泣こうが喚(わめ)こうが?

相談者:
はい

三石由起子:
別れる事になると思うよ。

相談者:
・・はい

三石由起子:
だからそれが目に見えてるんだったら、

相談者:
はい

三石由起子:
あなたの、あの傷をね?

相談者:
はい

三石由起子:
最小限に抑えるためには、

相談者:
はい

三石由起子:
自分で別れを切り出してさ。

相談者:
はい

三石由起子:
ビービー泣いてみたら?、いくら泣いてもいいけど。

相談者:
・・うん

三石由起子:
うん。それで・・ああ、彼と別れて、わたしが幸せになるんだっていう風に・・思わないと。これで別れたからわたしは幸せになれるんだっていう風に。
自分を騙すっていうの大事なんだよ。
向き合えない人はね、特にね?、それしか方法はないと思いますよ。

相談者:
・・うーん

三石由起子:
うん。ん、ごめんね、なんか、キツい事しか言えなくて。

相談者:
あー(苦笑)

三石由起子:
うん

相談者:
・・あ、わたしは一生・・

三石由起子:
うん

相談者:
無理なんですかね?

三石由起子:
いやだからさ、それを今ね?、そうやって自分の心を手当てする、自分の心を騙しながら手当するっていう事が出来れば・・ね?

相談者:
はい

三石由起子:
出来れば次があるんですよ。

相談者:
・・

三石由起子:
今それが出来ないと、次がないっていう事言ってるの。

相談者:
・・

三石由起子:
だって、100まで生きるんだよ?あなた。

相談者:
はい

三石由起子:
あと70年あるんだよ?、分かる?

相談者:
うん

三石由起子:
うん。だから1回くらい・・

相談者:
はい

三石由起子:
まあ・・荒療治じゃないけどさ、

相談者:
はい

三石由起子:
うん。でも自分と向かい合うよりあなたにとっては楽と思うよ、今。
別れを切り出して、自分の心を手当てして・・そして、自分の心を騙しながら・・1年くらい頑張れば・・次の景色が見えるんじゃないでしょうか。

相談者:
・・(苦笑)

三石由起子:
頑張りなさい。30歳なんだから。

相談者:
・・一人暮らし・・して、頑張った方がいいです・・かね?

三石由起子:
いや別に、親んとこ帰ったっていいわよ。

相談者:
・・うん

三石由起子:
うん。親、一人暮らしが嫌だったら親んとこ帰ればいいじゃない?

相談者:
どっちも嫌なんですよね・・へへ(苦笑)

三石由起子:
1人も嫌、親も嫌だ、ってどうする、どうしたいってわけ?

相談者:
そんな、どうしよう?と思って、だからホントに(苦笑)・・

三石由起子:
だから何にも見えてないんだって、あなたが今。

相談者:
(苦笑)

三石由起子:
あのね、下手な考え休むに似たりって言うでしょ?

相談者:
・・はい

三石由起子:
あなたね・・何年考えても、

相談者:
はい

三石由起子:
あなたには、いい結論は出ません。

相談者:
ああ

三石由起子:
うん、だからこそラジオに掛けて来てるんだろうけど。

相談者:
ああ

三石由起子:
うん、わたしのアドバイスはあなたが100年考えるよりもいいと思うよ。

相談者:
(苦笑)

三石由起子:
うん・・頑張れ。

スポンサードリンク

(再びパーソナリティ)

ドリアン助川:
もし、もしもし?

相談者:
はい

ドリアン助川:
もしもし?

相談者:
はい

ドリアン助川:
今、あなたは自分の気持ちとかね?

相談者:
はい

ドリアン助川:
そういうの何かノートに書いたりしてますか?

相談者:
・・たまーに、気分が・・あの、いい時というか、書ける気分の時は、

ドリアン助川:
うん

相談者:
最近はしていませんが、

ドリアン助川:
そうですか。

相談者:
書いたりしてた時もありました。

ドリアン助川:
あのお、ま、いずれにしましてもね?

相談者:
はい

ドリアン助川:
えー、あと40年後ぐらいになると、こういう、な、悩みも懐かしかったなと。
えー、いうじ、日々もまた来る・・かもしれません。で・・

相談者:
はい

ドリアン助川:
今あのお、三石さんがおっしゃった事も含めてね?

相談者:
はい

ドリアン助川:
自分の気持ち・・を克明に僕は綴る時だと思います。

相談者:
はい

ドリアン助川:
うん、それは日記という形でなくてもいいんですけども。

相談者:
はい

ドリアン助川:
そ、そこから見えて来るあなたの人生ってあるような気がするんですよ。

相談者:
はい

ドリアン助川:
今・・多分、何もかもごちゃごちゃになっちゃってる・・

相談者:
うん

ドリアン助川:
うん、だから、書いて自分の心なり状況を整理するっていう事が、

相談者:
うん

ドリアン助川:
あの、一人暮らしの夜にね?

相談者:
うん

ドリアン助川:
その時間を持つ事が、まあ、時間、を、有効に使う方法でもあるし。

相談者:
うん

ドリアン助川:
それ・・やってみて。

相談者:
はい

ドリアン助川:
うん・・よろしいですか?

相談者:
・・はい

ドリアン助川:
では、失礼しまーす。

相談者:
ありがとうございました。

ドリアン助川:
はい


スポンサードリンク



「ダイヤモンドは傷つかない。合わないけど別れない、好きじゃないけど束縛する」への3件のフィードバック

  1. ダイヤモンドは傷つかない・・・が、実は「へき開面」があるので割れやすい。人間も、考えの行き違いなど日常の不満を「些細だ」と流すことはできても、意外なところから一気に崩壊することもある。
    相談者も、立て直す勇気を持つなら今だと思う。

  2. >記事タイトル「ダイヤモンドは傷つかない」は、
    >三石由起子の小説。
    >若い女性が退廃的な恋愛に身を投じて
    >終わらせるまでのお話。

    この映画は、田中美佐子の「お宝ヌード」で話題に
    なることが多いのだが、それ以上に印象に残った
    場面がひとつ。

    映画の終盤、山崎努の妻役の朝丘雪路(奇しくも
    先日亡くなられましたが)が、鏡台の前に鎮座
    している。よく見ると「虫が付いてるので…」と
    言って、虚ろな目をして下唇に針を刺し続けている。
    当然ながら血が滲むのだが、それでも針を刺す手は
    止まらない…。

    後々この作品の原作者が、三石先生と知った時の
    衝撃たるや…。
    あまりにもイメージが釣り合わなかった。

  3. でも、それってあまりにも惨めじゃないですか?
    と、相談者がそうとさえ考えれば
    先はある
    幸せになりたい。とは
    よほど何も考えていない証

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。